薬剤師が地方に転職するなら転職サイトは絞れ!【ファルマスタッフ利用体験談】

薬剤師は転職が多い職業のひとつだと思います。
2019年時点では、まだまだ転職も容易ですし、転職は頻繁に行われています。

 

転職理由も様々です。

  • スキルアップのため
  • 人間関係の問題を無くしたい
  • 結婚や出産などを機に出身地へ帰る
  • 給与の良い地方への転職

転職する際には、転職サイトを使われることも多いと思います。

 

私も転職サイトを利用しましたが、複数の転職サイトに登録した結果、デメリットがありました。

私が地方に転職した時の実体験を基に、地方への転職を考えている薬剤師の方へ知っておいて欲しいことをまとめました。

目次

薬剤師の地方への転職【給与は高い傾向です】

【地方のメリット】①薬剤師の給与が高い傾向

都市部では薬剤師が充足しているという話も聞きますが、地方にはまだまだ薬剤師が足りていません。

薬剤師の給与に限りませんが、給与は「需要と供給」の影響が大きいです。

そのため、地方の薬剤師の給与は都市部と比較すると高いです。

 

私が地方で働いている理由の一つでもあります。

【地方のメリット】②中小薬局は特に給与が高いこともある

地方の中でも、中小薬局や病院の場合さらに給与が高い傾向があります。

大手の場合、都市部で採用して地方で働いてもらうことも多く、なんとか人を集めることも可能ですが、地方の中小薬局の場合はその手も使えません。

地方の中小薬局や病院が薬剤師を集めるためには、どうしても給与などを手厚くせざるを得ません。

店舗数も少ないため、薬剤師数に余裕を持たせることも難しいです。
急な欠員が出た場合などはさらに給与が高くなることがあります。

 

大手は地域手当などでの補填はあるでしょうが、それでも中小薬局との給与差は大きいです。

薬剤師不足の地域では、住居借り上げ・引っ越し費用負担なども珍しくないです。

 

以上のように、給与面では地方の中小薬局が高いです。

転職をすることになったのであれば、検討してみても良いのではないでしょうか?

 

ただし、地方に転職する際には、その土地の下調べはするようにしてくださいね。

例えば、私の住んでいる地域では、テレ東系列やテレビ朝日系列はケーブルテレビなどを契約しないと見れません。
東京には飛行機を使えばスムーズに行けますが、飛行機で直接行き来できるところも限られます。

ビックカメラもアップルストアもありません。
都会と比べたら不便なこともたくさんあります。

薬剤師の中小薬局への転職【あなたのスキルが活かしやすい!】

中小薬局のメリット 【スキルが活かしやすいかもしれません】

給与が比較的高め

前述のとおり給与は高めです。

都市部より地方、大手より中小、大病院の門前より個人医院の門前が高い傾向です。

社長へ意見が通しやすい

社長へ意見が通しやすいというのは大きなメリットです。

大手の薬局だと社長と顔を合わすことなんて年に数回程度だと思いますが、個人薬局だと毎日顔を合わせることになります。

それをメリットと感じるかデメリットと感じるかはあなた次第ですが、毎日顔を合わせていれば意見も言いやすくなりますよね。

大手だとちょっとしたものを買うときの稟議もかなり面倒ですが、中小だと簡単です。

しか
この本勉強になりそうだから買っていいですか?
社長
良いよ

5秒で終わります(相手によります)。

自分のスキルが高く評価される可能性がある

今まで当たり前にやっていたことが思った以上に評価されることがあります。

  • EXCEL関数やマクロをある程度使える
  • パワーポイントで上手にスライドが作れる
  • 英語や外国語が得意
  • 病院経験がある
  • ドラッグストア経験がある
  • 在宅経験豊富
  • その他色々…

中小薬局は職員数も少ないため、大手では普通のスキルが【自分しか使えない特別なスキル】にランクアップすることがあります。

スキルの種類によっては、すぐに【会社とって必須な人材】になるかもしれません。

面接時に探っておくと良いかもしれませんね。

中小薬局のデメリット

中小の薬局は社内の風通しが良いことが多いですが、重要な情報までも風通し良く聞こえてくることがあります。

良く言えば、【みんなで決める】ことを重視しているとも言えます。

 

社長が現場で薬剤師として働くことも珍しくありません。

転職支援業者さんとの電話も漏れ聞こえてしまいますし、「こんな薬剤師の求人があるんだけどどう思う?」といった相談が調剤室で普通に話し合われます。

転職者の情報については、患者さんの個人情報並みに敏感になって欲しいと思いますが、小さい薬局なので仕方がない部分なのかもしれません。

 

薬局ごとに特徴が大きく異なります。

メリットデメリットは参考程度にとらえてもらえればとは思いますが、次の項目だけは絶対にチェックしてください!

中小の薬局を選ぶなら社長の人柄はチェックしたい

中小の薬局を就職先に選ぶ場合、社長の人柄だけは絶対に軽視しないようにしましょう!

面接の際にも出来るだけ社長と会う機会を作りましょう。

社長の人柄が良ければ、あとはなんとかなります!

  • 従業員を大切にしているか
  • 医療に対するスタンスは自分と合っているか
  • 有給は取りやすいか

上記の内容が社長とずれていると、かなり大変になるのではないでしょうか?

中小の薬局は消えていくと言われていますが、私は残ると考えています

地方の中小薬局には、その地域での在宅や健康フェア、薬剤師会の活動などを積極的に行って、地域の信頼を勝ち取った結果、自然と薬剤師が集まるようなところもあります。

 

将来的に、中小の薬局はなくなっていくと言われています。

中小の薬局が減っているのは事実ですが、地域の信頼を集めている限り、全ての中小薬局がなくなるようなことはないと考えています。

実際に中小の薬局に転職する際には、今後も存続していく薬局を慎重に選ぶようにしましょう。

薬剤師が地方に転職するなら転職サイトは絞れ!【私の失敗体験】

私の経験上、転職サイトを使うなら信頼できる一社に絞ることをおすすめします。

 

「一社しかないと求人数が限られるんじゃない?」と思われるかもしれません。

確かにそれも事実です。

私も担当の方に聞いてみたところ「確かにそれも事実です」と言われました。

 

わずかに求人の数が絞られてしまうかもしれませんが、それでも出来るだけ少ない数に絞るべきです。

そこまで言うのにはもちろん理由がありまして、私が実際に複数に転職サイトに登録した結果、大きな失敗をしているからです。

順番に説明します。

 

ある年の2月、私は転職を決意しました。
その日から、すぐに転職サイトについて調べ始めました。

転職サイトを利用しようと考えた理由は、【手間を省く】ためです。

転職サイトを利用すれば、自分の希望する条件を満たした職場がすぐに、いくつも見つかるからです。

色々調べた結果「ファルマスタッフ」にお願いすることにしました(ファルマスタッフを選んだ理由は後述)。

 

 

電話である程度の希望条件を伝えて、その2日後には担当の方と面談することになりました。

希望にあった求人をいくつも挙げていただきました。

その中の数社について、ある程度の私の個人情報を開示した上で、担当者さんにもう少し細かく条件を確認してもらうことになりました。

とても建設的な意見の交換も出来て、担当者さんの印象は100点と言っても良いぐらいでした。

ただ、ひとつだけ気になってしまったことがありました。

 

「DIオンライン」って皆さん使われてますか?

DIオンラインのページの左側に求人情報が載っているんですが、薬局名までは絞れないものが多いですが、ある程度どこの求人か絞り込めます。

そこで見かけた求人が紹介されてなかったんです。

どうしてもそれが気になってしまって、私はDIオンラインのページから、その転職サイト(B社)にも申込みをしました。

 

申し込み後、5分程でB社から電話がかかってきました。

B社

「申込みありがとうございます。B社です。実はその求人結構前のなんですけど、今でも同じ条件で募集していないか聞いてみますね。」

釣られた。。。

 

しかし気になって登録しているわけですし、私は「お願いします。」と答えました。

しか
これが大きな失敗でした…

数日後、B社から電話がありました。

B社

「ご希望の求人はやはり締め切られていました。申し訳ございません。そのかわりに、同じような条件の求人をいくつも集めてあります!しかさんの経歴ならその条件で大丈夫だと確認を取ってあります!!」

私はB社さんに他の求人を探して欲しいとは伝えていません。

個人情報を開示していいとも伝えていません。

さすがに唖然としてしまいました。。

B社さんとはそこで縁を切らせていただきました。

転職希望者の条件に合いそうな求人を探すための努力のつもりかもしれませんが、許可も得ずに個人情報をばらまかれてはたまりません。

本当はB社さんの会社名を開示して糾弾したいぐらいです。

 

 

しかもB社に紹介された求人の一つに、私の知人が勤めている薬局があり、知人には気づかれていました。

B社から、私の現在の年収や、希望年収まで知人に伝わっていました。

知人の薬局にも問題があると考えますが、風通しの良い中小の薬局の場合、十分ありえそうな話だと感じます。

 

地方では経営者同士の横のつながりも強いです。

いくつもの薬局に声をかけているとすぐ噂になります。

 

 

多くの業者に一斉に登録した結果、自分の個人情報がばらまかれている可能性があります。

そうならないためにも、信頼できる転職サイトを慎重に絞りましょう!

地方へ転職するときに転職サイトを使うメリット

信頼できない転職サイトもありますが、転職サイトを使うメリットも当然あります。

 

ハローワークなどを使いながら自力で職探しをするのも良いでしょう。
転職サイトを経由されると採用側はコストを支払わなければいけないので、直接応募してくれることを望んでいるでしょう。

 

それでも、地方へ転職する場合は、転職サイトを利用した方が圧倒的に便利です!

近くへ転職する場合はある程度周りの薬局についても知っているでしょうし、面接も休みの日を利用すれば難しくないでしょう。
ただし、地方へ転職する場合はそう単純ではないですよね。

優良転職サイトならいろいろな情報が事前にリサーチ出来ています

  • 離職率が低い求人
  • スタッフの平均年齢が若い求人
  • 自分を年収○○○万円で雇ってくれる求人
  • 口だけではなく、本当に在宅に積極的な薬局
  • 本当に病棟業務が充実している病院

ネットで調べても実態はほとんどわかりませんよね。

そして、自分でその情報を集めるには膨大な手間がかかります。

 

入社してから後悔しないように、きちんとリサーチできている業者を活用しましょう。

利用者が多ければそれだけ活きた情報を持っている可能性が高いです。

転職の際は面接日程の調整も大変【特に地方に転職するときは大切】

1か所だけ面接するならそんなに手間ではないと思います。

ただし、わずかな日程で複数回面接をしようと考えているなら、日程調整を上手くする必要があります。

特に少し離れたところへ転職しようと考えているのであれば、面接のために長期連休をもらうか、休みのたびに何度も通うことになってしまいます。

 

転職サイトを利用すれば面接の日程の調整もしてもらえるので、上手くいけば1日に3社の面接も可能です。

 

 

以上のように、転職サイトを利用することで、かなりの手間を省くことが可能です。

実際に私も過去に業者を利用して満足のいく転職をしています。

その時にお世話になったのは「ファルマスタッフ」です。

私の実体験に基づき、ファルマスタッフをおすすめする理由をまとめます。

私が地方に転職する薬剤師にファルマスタッフをおすすめする理由

私がファルマスタッフを選んだ理由

  1. 薬剤師専門の転職支援をしていること
  2. 大手の業者で、求人数が多いこと
  3. 営業所が多いので、地方の情報もしっかり持っていそうなこと
  4. 日本調剤グループなので、業界の知識が多そうなこと

この4点が、転職しようとしたときに、ファルマスタッフを選んだ理由です。

※画像はファルマスタッフ(株式会社メディカルリソース)との個人情報の同意書類です。

ファルマスタッフの転職エージェントは経験豊富!直接顔を合わしてやり取りができます。

電話だけで対応する業者もありますが、ファルマスタッフは転職エージェントさんが直接会いにきてくれます。

 

顔を合わせてやり取りが出来るだけで、大きく印象は違いますよね。

 

最初に転職エージェントさんとお会いして話したのは、以下の流れです。

  • 薬剤師業界(薬局・病院)の将来予測
  • 紹介予定求人と、その将来性の検討
  • 私の転職意思の再確認

最初に転職エージェントさんから業界の現在と、将来予測について説明がありました。

薬剤師専門の転職業者というだけあって、業界の将来予測もさまざまな視点を持っています。

自分以外の意見を得ることで頭の中を整理することが出来ますし、現在勤めている会社のメリット・デメリットを再確認することもできます。

 

そして、私の希望に合いそうな求人を紹介しつつ、その将来性を一緒に検討していきました。

最後に、転職意思の再確認をしつつ、紹介していただいた中から選んだいくつかの会社と細かく交渉してもらうことをお願いしました。

 

転職エージェントとしては利用者を転職させないと利益は出ません。

それにもかかわらず、今の会社の良いところも伝えた上で、転職意思を再確認してもらえるのも素晴らしいことだと感じます。

私は当時の会社は好きでしたが、はっきりとした転職する理由があったので、迷いませんでしたけどね。

 

その後、こっそりB社に関わって後悔した私ですが、ファルマスタッフの転職エージェントさんとは密に連絡を取り合い、面接の流れとなりました。

いくつか面接させてもらったんですが、見事なまでに私の希望にあった求人を紹介してもらえていることが実感できました。

 

結果として、とても素晴らしい会社に転職することができました。

 

ファルマスタッフの転職エージェントさんは、中小薬局の社長の性格も結構把握されていましたね。

先に説明した通り、中小薬局で働くなら社長の人柄は軽視しないようにしましょうね!!!

ファルマスタッフは、面接日程の調整はもちろん、面接の付き添いもしてもらえる

面接はこちらの都合に会う日を何日かピックアップしたら、上手く調節してもらえて、1日に2つ面接を入れることもできました。

また、希望すれば面接の際に付き添っていただけます。
私は一人で十分だと思ったのでお願いしませんでしたが、自己アピールが苦手なら活用した方が良いと思います。

 

面接後の細かい条件のすりあわせは業者にお願いすると楽ですよ。
私の場合は3社面接して、一番印象の良い会社を選びました。

薬剤師が地方に転職するならファルマスタッフが良い理由

地方に転職するなら中小薬局をおすすめする理由

大手より給与も良いところが多い。
あなたのスキルが重宝される可能性も高い。
一番大切なのは、社長の人柄!小さい会社ほど要チェック!!

 

転職サイトをおすすめする理由

上手く使えば大幅に手間を省くことが出来る。
ただし、個人情報をばらまくような転職サイトもあるので、信頼できるところを選ぼう!

 

その中でも「ファルマスタッフ」をおすすめする理由

知識も経験も豊富な転職エージェントさんと直接やり取りが出来る。
中小薬局の社長の人柄まで把握出来ており、安心して任せることが出来る。
面接の付き添いもしてもらえるので、面接が苦手でも安心できる。

 

 

転職を考えているのであれば、転職エージェントさんと直接会って話をすることで自分の気持ちがはっきりするかもしれません。

無料で登録出来るので、一度検討してみてはいかがでしょうか?