アスベリンの眠気などの副作用や味情報と、アスベリンシロップの注意点【散・錠・DS情報もあり】

子どもによく使われる咳の薬として、「アスベリン」という薬があります。

私も、うちの子も何度も飲んだことがある薬です。

よく使われる薬ですが、海外では入院例もあるので、適切に使うようにしましょう。

 

アスベリンは比較的小さい頃から使われることのある薬なので、副作用の心配をされることも少なくありません。

患者さんからは、「アスベリンで眠気は出ますか?」と聞かれることあります。

患者さん向けのアスベリンの副作用や注意点などをまとめていきたいと思います。

アスベリンの種類と味情報など

アスベリンは基本的には咳止め、痰切りを目的に処方される薬です。

アスベリンの種類【散・ドライシロップ・シロップ・錠】

アスベリンには以下の種類があります(クリックで展開)
  • アスベリン散10%
  • アスベリンドライシロップ2%
  • アスベリンシロップ0.5%
  • アスベリン錠10
  • アスベリン錠20

子どもには散・ドライシロップ・シロップの3種類がよく使われます。

アスベリンのそもそもの味はわずかに苦いです

  • アスベリン散10%は甘くてごくわずかに苦い
  • アスベリンドライシロップ2%は甘い
  • アスベリンシロップ0.5%は柑橘系の薄めのカルピスのような味ですが、後味はすこし苦いです。

全体的に薬っぽい味とも言えます。

苦味をわずかに感じる散やシロップでも、苦くて飲めないという程ではないと思います。

アスベリンの錠剤は小さいのが特徴

アスベリンの錠剤は錠剤のなかでも小さい部類に入ります。

初めて錠剤を飲むときの練習には適していると思います。

 

個人差も大きいですが、小学生ぐらいからは錠剤を飲めるようになるかもしれません。

関連記事

小さい子どもに粉薬を飲まそうとして、「苦いからイヤ」となった経験はありませんか?どうやったら飲めるのかと色々と試してみることになると思います。苦い薬の飲ませ方については、>>>薬嫌いの子でもなんとか飲める!苦い薬の飲ませ方を[…]

アスベリンの副作用(眠気や便秘、尿が赤くなる)や飲み合わせ

アスベリンの副作用や注意点 眠気・便秘 尿が赤くなるのは血尿?

アスベリンの服用で眠気などの副作用が出る可能性はありますが、特別高頻度で出る薬ではありません。

 

アスベリンのインタビューフォームを読む限りでは、眠気が起こりうる頻度は0.5%以下でしょう。

その他の副作用として、食欲不振(1.1%)、便秘(0.5%)となっていますが、どちらもあまり聞かないです。

 

よく薬局などで説明されるのは、「おしっこの色が赤くなることがありますが、血尿ではないので心配は要りません」というような説明だと思います。

アスベリンを飲むとおしっこが赤くなる理由は、薬が体の中で赤色の成分に変わっておしっこに溶け出すことで起こるからなので、確かに心配は不要です。

 

可能性はかなり低いですが、アスベリンが原因と思っていた赤色尿が実は血尿だったなんてことも起こりうるかもしれません。
痛みや違和感を訴えるようなら気にするようにしてあげましょう。

アスベリンの飲み合わせや相互作用は?

添付文書には、アスベリンの相互作用などは特に記載がありません。

基本的に飲みすぎなければ、そこまで注意は必要ないと思います。

 

飲み物との相性などは以下の記事を参考にしてください。

関連記事

子どもの調子が悪いから病院へ行って薬をもらったけど、全然薬を飲んでくれなかったという経験はありませんか? 「薬を飲んで早く楽になって欲しいのに…」そう思っても、子どもがすんなり薬を飲んでくれるとは限りません。[…]

【保存版】薬と飲み物などの相性一覧表とその他の注意事項

アスベリンシロップの注意点【副作用を起こさないためにも】

よく使われている薬ですが、入院に至った事例もあります。

アスベリンシロップを含む2種混合されたシロップを飲んだ3歳の子どもが急に興奮しだしたので救急に連れて行ったら、体内のアスベリン濃度が大人の適正量の22倍以上あったという報告です。

結構な衝撃ですよね。

最後に飲ませた時にボトルの底に沈殿物があったようなので、アスベリンシロップが沈殿した濃い部分を最後に飲んだことが原因だと考えられています。

 

確かにアスベリンシロップは沈殿しやすい薬で、服用前に振ってから飲むように伝えるべき薬です。
とはいえ、そこまで濃縮されるとはなかなか考えにくいので、何か別の要因もあるような気もするのですが。。

 

心配しすぎだとは思いますが、アスベリンシロップは沈殿しやすいので、飲む際には毎回混ぜるようにしましょう。

アスベリンの添付文書にも以下のように記載されています。

シロップ及びシロップ「調剤用」を患者に投薬する時は、「均一となるように振盪し、沈殿が生じていないことを確認してから服用」するように指示すること。

引用:アスベリン添付文書

あまりシャカシャカ強く振ってしまうと泡立ってしまい、正確に量り取るのが難しくなるので、転倒混和(ボトルを蓋が下に向くようにしたあと、また元の位置に戻す)するようにしましょう。

※大変わかりにくくて申し訳ないですが、もともと黒ラインの高さだったシロップを数回振ると、写真のように泡立ってしまいます。

しばらく前にもらったシロップが残っていた時に、見た目もいつもと違うことがあれば飲まないようにしましょう。
沈殿や細菌繁殖などの可能性もあります。

 

ちなみにですが、大人の22倍のアスベリン濃度があった3歳のお子さんは、救急受診時には名前や年も答えられなかったようですが、翌日には問題なく退院できたそうです。

 

アスベリン散、アスベリンドライシロップなどでは沈殿は起こりえないので、シロップ特有の問題と考えていいでしょう。

当然、過剰に飲んでしまった場合などは起こりえます。

 

シロップ剤全般は細菌繁殖などのリスクもあるため、長期間の保存が他のものに比べて難しいです。

粉を飲めるお子さんの場合、あえてシロップを選ばないほうが無難かもしれませんね。

 

アスベリン以外のシロップを飲む場合も、特に指導がなければ軽く振ってから飲むようにしましょう。

また、細菌繁殖リスクを減らすために、できるだけ冷蔵庫保管しておいたほうが良いと思います。

 

アスベリンは子どもにも使われることが多い薬です。

眠気など副作用の心配をされることも多いですが、特にシロップについては安全に使えるように気をつけましょう。

 

関連記事

シロップ全般の注意点は以下の記事にまとめています。

関連記事

小さいお子さんの場合、シロップ剤をもらうことも多いと思います。シロップ剤は甘いものが多いですが、小さいお子さんの場合、甘くても嫌がって飲めないこともあります。 甘いのが嫌な場合は、水で薄めたりして飲んでも良いも[…]

子どもの薬の使い方全般については以下の記事でまとめています。