ノンカフェインコーヒーのおすすめを紹介【妊娠中はカフェイン摂取を控えましょう】

妊娠中はカフェインの摂取を控えるように指導されることが多いと思いますが、コーヒー好きにとっては辛いものがあります。

  • カフェインを控えるように言われている理由
  • 私の妻が妊娠中に試していたノンカフェインコーヒー

以上の2点について書いていきます。

おすすめノンカフェインコーヒーだけ知りたい方は、目次からおすすめノンカフェインコーヒーまで飛ばしてください。

 

結論から言うと辻本コーヒーのデカフェ・コロンビアが最高でした。

妊娠中にカフェイン摂取を控える理由

妊娠中にカフェイン摂取を控えるようにする理由は、「胎児に影響を与える可能性が否定できないから」です。

「毎日コーヒー1杯なら大丈夫」などの明確な基準はありません。
カフェインの摂取を控えなくても問題がなかったということもたくさんあるでしょう。

しかし、念のために、出来る範囲で、カフェインを控えたほうが良いと考えています。

2つほど、根拠となりうる文献を提示します。

 

The impact of maternal lifestyle factors on periconception outcomes: a systematic review of observational studies.

上記の文献はカフェイン以外にアルコールや喫煙、ダイエットなどの母親のライフスタイルが胎児に与える影響についてのシステマティックレビュー(信頼性の高い研究)です。
その中で、カフェインに関する内容から一部抜粋しました。

  • カフェインは胎盤を通過することが知られており、胎児および胎盤の成長および発達に影響を及ぼす子宮胎盤循環の血管収縮を引き起こす可能性があるとされている
  • 妊娠中はカフェインの代謝率が低下するため、半減期が2倍になり、胎児がさらされやすくなる
  • カフェインが体内から排出される割合は個人によって異なり、喫煙や食事などの環境要因の影響を受ける

カフェインの排出は喫煙や食事などの影響も受けるので、カフェインの量だけで判断は出来ません。
とはいえ、カフェインのとりすぎには注意したほうが良いと考えます。

 

Maternal caffeine intake during pregnancy is associated with risk of low birth weight: a systematic review and dose-response meta-analysis.

こちらの文献は、妊娠中の母親のカフェイン摂取量の増加により、低体重児リスクが増えることの関連があることについて報告された、システマティックレビューです。
妊娠中のカフェイン摂取を低レベルに制限することが推奨されています。

 

その他にも色々と報告がありますし、影響がないとされる報告もあります。
信頼性の高い報告には、注意をするように促しているものが多いです。

私見ですが、念のためにカフェインの過剰摂取は控えたほうが良いと考えています。
妻も同意見だったため、我が家ではノンカフェインコーヒーに大変お世話になりました。

 

ちなみに、ノンカフェインコーヒー=カフェインゼロではありません。

カフェインが含まれているのはコーヒーだけではなく、紅茶や緑茶などの日本茶、コーラなどのジュース、ココア、チョコレートにも含まれています。

妊娠中はその他にも制限されることが多く、ストレスも溜まりやすいですし、カフェインに関しては完全除去にこだわらなくても良いかと考えています。

コーヒーは飲みたいけど、カフェインを減らしたい場合に、ノンカフェインコーヒーという選択肢があるのは本当にありがたいです。

ノンカフェインコーヒー4種類の比較

妊娠中は体調を崩しやすく、食事を作る元気がないなんてこともあると思います。
普段は家で豆を挽いている人でも、そんな元気もないこともあるでしょう。

簡単に用意できる、インスタントとドリップ式のコーヒー4種類を紹介しています。

コーヒー通は思っていませんが、毎日3杯はコーヒーを飲んでいる私と妻の味覚をもとに評価しています。

クライス カフェインカットのおいしいコーヒー

クライスのカフェインレスコーヒーはスーパーや西松屋でも売っていることが多いので、比較的知名度があると思います。

一番割安で買えるノンカフェインコーヒーという印象です。

カフェインのカット率は99.7%と比較的高めで、安心感はあります。

 

味は正直そこまで好きではありません。
というのも、コーヒー感をあまり感じないんですよね。

たんぽぽコーヒーよりはコーヒーらしさがありますが、「美味しいコーヒー」とは感じませんでした。

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス

created by Rinker
ネスカフェ RSC
¥859(2019/08/17 19:38:42時点 Amazon調べ-詳細)

ネスカフェゴールドブレンドのカフェインレスもスーパーなどで見かける機会が多い商品だと思います。

クライスと同じくインスタントコーヒーですが、ネスカフェの方がコーヒー感を感じます。

カフェインのカット率は97%と比較的今回紹介する中では一番カット率は低いです。

澤井珈琲 カフェインレス

ネスカフェと同じく、97%カットのインスタントコーヒーです。

たまたま出かけた先のショッピングモールで見かけて購入しました。

 

インスタント感が少なく、割と普通のコーヒー感に近い印象です。

個人的にはインスタント×カフェインレスのコーヒーでは一番好きな味ですが、Amazonの評価はイマイチですね。。

辻本珈琲 【デカフェ・コロンビア】

最初に紹介した一番おすすめのカフェインレスコーヒー、辻本珈琲のデカフェ・コロンビアです。

今まで紹介したカフェインレスコーヒーは全てインスタントでしたが、これはドリップタイプのコーヒーです。

 

インスタントコーヒーよりはわずかに手間はかかりますが、それが気にならないぐらいの美味しさです!

私個人の感想ですが、これはノンカフェインと言われないとわからないぐらいには美味しかったです。

 

カフェイン残留率も0.1%と最も低いです。

 

辻本珈琲のデカエフェ・モカも好評価で、デカフェ・コロンビアを購入したら一つおまけで入ってました♪

辻本珈琲のデカフェ・コロンビア
デカエフェ・モカも美味しいですが、個人的にはデカフェ・コロンビアのほうが好きです。

ノンカフェインコーヒーのおすすめは辻本珈琲のデカフェ・コロンビアです

先程紹介した4種類以外にも、いくつかノンカフェインコーヒーを試しました。

その結論として、以下の3点から、辻本珈琲のデカフェ・コロンビアをおすすめします。

  1. お湯を入れるだけの簡単さ
  2. 普通のコーヒーとの差が少ない
  3. 誰でもAmazonなどで簡単に手に入る

 

お値段は少し高めですが、それだけの価値のある味だと実感してもらえると思います。

ノンカフェインコーヒー選択の際は、是非試してみてください。

 

念のためにカフェインの摂取を減らしたいと考える場合、コーヒーなど嗜好品をやめるよりはノンカフェインの商品を活用した方が、ストレスは少なくなると思います。

妊娠中のパートナーが無理してコーヒー絶ちをされているなら、美味しいノンカフェインコーヒーはとても喜ばれると思いますよ。