アセトアミノフェンの効き始めまでの時間・効果持続時間・何度ぐらい熱を下げるのか

アセトアミノフェンの効き始めまでの時間・効果持続時間・何度ぐらい熱を下げるのか

熱を下げたり痛みを抑える目的で使われるアセトアミノフェンについて気になる点をまとめました。

主な内容は以下の通り。

今回のポイント

・効き始めるまでの目安時間は30分弱~1時間
・効果持続目安時間は4時間弱
・解熱効果は最大で1~2℃程度の熱を数時間抑える
・副作用の心配は少ないが過剰はNG

アセトアミノフェンの効き始めと効果持続時間

アセトアミノフェンは熱や痛みを抑えますが、「どれぐらいで効果が出るのか」、「どれぐらい効果が続くのか」は一番多く聞かれる質問です。

アセトアミノフェンの治療上有効な血中濃度ははっきりしていないが、アンヒバ坐薬に記載のある「2.4~6.4μg/mL」を基準として考えます。

血中濃度がこの範囲であれば、効果が出ていると考えることが出来ます。

 

アンヒバ坐薬の場合、投与後1時間程度で2.4μg/mLを超え、4時間経つ前に2.4μg/mLを下回っています。

カロナールシロップ・20%細粒・錠剤の場合、投与後30分以内には2.4μg/mLを超えて、2.4μg/mLを下回るのは4時間になる前です。
※それぞれの医薬品インタビューフォームのデータを参照

 

アセトアミノフェンが効き始めるまでにかかる時間は30分弱~1時間、効果持続時間は4時間弱が一つの目安と考えることが出来るでしょう。

参考として、最高血中濃度到達時間は、アンヒバ坐薬が1.6時間に対し、カロナールシロップは0.59時間、20%細粒が0.39時間、カロナール錠は0.46時間です。

 

それぞれ同一条件で行っているわけではありませんが、アセトアミノフェンの坐薬は同一成分の飲み薬よりも効き始めは遅い可能性があります。

坐薬のほうが早く効くというイメージもあるかもしれませんが、アセトアミノフェンについてはそうでもなさそうです。

ただし、実際に使った実感として、そこまで効果発現までに時間の差があるかはなんとも言えないところです。

アセトアミノフェンは何度ぐらい熱を下げるのか

解熱剤を使ったのに熱が下がりません。

保護者からの問い合わせが多い内容の一つです。

解熱剤に過度の期待を寄せてしまう事もあるようですが(医療者側の伝え方も問題かもしれません)、アセトアミノフェンの解熱効果は限定的です。

 

以下の報告を参考にすると、1時間後及び3時間後の解熱効果は1~2℃と考えることが出来ます。
参考:Comparison of antipyretic effectiveness of equal doses of rectal and oral acetaminophen in children.

また、小児科診療ガイドラインには「1.2~1.4℃」とあります。

 

40℃の熱が出ている時に使用しても、せいぜい38℃までしか下がりません。

また、一時的に体温の上昇が解熱剤の効果を上回ることもあると思います。

 

解熱剤を「平熱にするための薬」だと考えてはいけません。

アセトアミノフェンの解熱効果は、最大で1~2℃程度の熱を数時間抑えるものです。

 

なお、平熱時に使用しても基本的に熱は下がらないと考えられています。

低体温の報告もわずかにありますが、海外でも問題視されていませんし、過度に心配する必要はないと考えます。

痛み止めとして使用される場合には、熱のことは気にしなくてよさそうです。

アセトアミノフェンの副作用【高用量で腹痛・下痢】

アセトアミノフェンの副作用頻度は高くありません。

アンヒバ坐剤の副作用報告を見ると、副作用は6090例中14例(0.23%)の15件で、内訳は皮疹4件、食欲不振3件、下痢・軟便・便意・嘔吐が各2件です。

重篤な副作用が起こる可能性がないとは言えませんが、他の多くの医薬品より頻度が高いとは言えません。

 

また、アセトアミノフェン(パラセタモール)と、プラセボ、物理的冷却方法(スポンジ、扇風機)を比較したコクランレビューがあります。

こちらの報告では、十分なデータ数ではないとしながらも、重篤な副作用報告はなく、軽度な副作用頻度も優位な差は出ていません。
参考:Paracetamol versus placebo or physical methods for treating fever in children

 

適正量のアセトアミノフェンは過度に副作用の心配をする必要はないと考えます。

 

当然ながら、適正に使わなかった場合は問題になることがあります。

熱が下がらなかったので何回も解熱剤を使った場合なども、問題になることがあります。

繰り返しますが、適正量の使用が大切です。

 

アセトアミノフェンの過量投与は、肝障害などを引き起こすことがあります。

また、高用量投与で腹痛や下痢の副作用が出ることがありますが、風邪に伴う症状との区別は難しいと思われます。

まとめと添付文書の気になる点【注意喚起が過剰?】

改めて今回のまとめです。

・効き始めるまでの目安時間は30分弱~1時間
・効果持続目安時間は4時間弱
・解熱効果は最大で1~2℃程度の熱を数時間抑える
・副作用の心配は少ないが過剰はNG

アセトアミノフェンの子どもの解熱鎮痛剤として使用頻度が高く、3か月以上の子どもへの使用経験も多いです。

インフルエンザの時の解熱剤としても、安全性が最も高いと考えられています。

 

一方で添付文書の禁忌項目などに少し過剰に感じる内容もあります。

例えば、添付文書では「アスピリン喘息またはその既往歴のある患者」が禁忌扱いになっています。

しかし、アスピリン喘息の患者さんには、NSAIDsよりもアセトアミノフェンのほうが安全とされており、実際に使われることもあります。

 

そもそも、アセトアミノフェンを禁忌扱いにしてしまうと、アスピリン喘息の患者さんが発熱した時に使える解熱剤はほぼありません。
※痛み止めはいくつか挙げられます。

注意喚起自体はとても大切ですが、過剰に感じるのは私だけでしょうか?

 

セルフメディケーションも推進されている中、過度な注意書きは逆効果にもなりかねないと感じます。

アセトアミノフェンは空腹時を避けるようにされていることにされている点については、別にまとめています。

関連記事

解熱・鎮痛薬であるアセトアミノフェン(錠剤ならカロナール、坐薬ならアンヒバなど)は、添付文書に「空腹時の投与は避けさせることが望ましい。」と記載があります。しかし、アセトアミノフェンは本当に空腹時を避けたほうが良いのでしょうか?[…]

アセトアミノフェンは空腹時を避けたほうが良いのか【食事の影響|胃腸障害】