坐薬の使い方と注意点【使う順番に注意|飲み薬のほうが早く効く成分もあります】

坐薬の使い方と注意点【使う順番に注意|飲み薬のほうが早く効く成分もあります】

坐薬って簡単そうだけど、いざ子どもに入れようとすると結構ドキドキしませんか?

 

私は薬剤師なので、それまでに何度も坐薬の使い方を患者さんに説明していましたが、初めて自分が息子に坐薬を入れるときには上手に出来ませんでした。

単純ですけど初めての時は上手くいかないことってありますよね。

簡単そうだけど意外と奥が深い、坐薬の使い方と注意点をまとめていきます。

坐薬の基本的な使い方

坐薬を入れる前に注意すること

先にトイレを済ませておけると良いですね。

坐薬は冷蔵庫に保管するものが多く、冷たい可能性が高いですが、その冷たさが刺激となって腸が動いて便が出ることもあります。

便秘がちな子だと、硬い便が肛門の手前でと栓をしていることもあるのでその場合は便秘の解消が優先です。

坐薬の使い方【清潔なベビーオイルを使用すると入れやすいです】

まずは坐薬を入れる前に手を洗ってください。

体の右側が下に来るように横向きに寝かせて、膝を曲げるような姿勢にしてから坐薬の尖った方から肛門に入れてください。

 

乳幼児の場合は上向きでおむつ交換の体勢で入れても良いです。

坐薬が見えなくなるまで奥にしっかり入れて、少しの間そのまま出てこないように押さえてあげましょう。

どうしても坐薬を入れにくい場合はオリーブオイルやベビーオイルをつけるとすっと入れやすくなります。

坐薬の切り方(2分の1と3分の2)

坐薬を処方される場合、時に「2分の1使用してください」など指示されることがあります。

その場合、使用直前に自宅で清潔なハサミやカッターナイフで切るようにしてください。

 

切る目安は投薬時に指導されると思いますが、アセトアミノフェン坐剤「JG」の指導せんでは以下のように書かれています。

※坐薬の形次第で切り方も変わりますが、ほとんどの場合そこまで厳密ではなくても良いと思います。

坐薬の切り方(1/2と2/3)「JG」の指導せんより

なお、斜めにカットする理由は「坐薬が割れにくいから」です。

また、容器から出すとすべって切りにくくなります。

指導せんのように容器の上から切ることを推奨します。

 

カットした後に、先が細くなっている側を使って、先が平らなほうは捨ててください。

一度入れた坐薬が出てきたら入れ直しても良い?【形が変わったかどうかで判断】

坐薬がどのぐらい吸収されたのかの判断は難しいです。

「坐薬が少しでも溶けているか」で判断するのが最も妥当だと考えます。

 

そのままの形で出てきたら、入れなおしても良いでしょう。

形が崩れていれば、どれくらい薬が吸収されたのか判断が難しいので、様子を見るようにしましょう。

坐薬も含めて、薬は使い過ぎにも注意が必要です。

 

なお、多くの坐薬は10分程度で溶けると言われていますが、体調などでも変化があると思いますので、目安程度に考えましょう。

坐薬を2種類入れるときには順番に注意【解熱坐薬とダイアップやナウゼリンなど】

坐薬の種類は大きく2つの分類に分けることができます。

これは効果による分類ではなくて、坐薬の基剤(坐薬を固めているもの)による分類です。

2つの分類は「水溶性基剤」と「脂溶性基剤」に分けることが出来ます。

 

実際に子供で良く使う薬を分けるとこのようになります。

①水溶性
ナウゼリンダイアップ、エスクレ など
②脂溶性
アンヒバ、アルピニー、アセトアミノフェン、ワコビタール、テレミンソフト など

 

注意が必要なのは、①と②の両方の坐薬が出ているときです。

その際には必ず先に①の水溶性の坐薬を使ってください。

そして30分ほど空けてから、②の脂溶性の坐薬を使ってください。

順番を逆にすると、①の坐薬の主成分が②の坐薬の基剤に溶けてしまって、十分な効果が出なくなってしまいます。

 

良く見かけるのは、ナウゼリンやダイアップ坐剤とアセトアミノフェン坐剤の組み合わせです。

熱性けいれんになったことがあるお子さんは、両方の坐薬が処方される可能性があります。

順番を間違えないようにしましょう。

 

必ず、ダイアップやナウゼリンを使ったあとで、30分程度時間を空けてから解熱の坐薬を使うようにしてください。

坐薬が飲み薬よりも早く吸収されるとは限らない

基本的には間違ってないんですが、例外もあるので注意してくださいね。

基本的に飲み薬の場合は、口から飲んだ後に腸で吸収されて血中に入ります。

ちなみに坐薬の場合は、直腸から直接吸収されてすぐ血中に入るので効果が早く出るものが多いんです。

ナウゼリン(ドンペリドン)坐薬の場合

明らかに飲み薬の方が効果が早い薬の例として、吐き気止めとして使われる”ナウゼリン”(成分名:ドンペリドン)が挙げられます。

ナウゼリンの場合は飲み薬の効果は約30分で出てきますが、坐薬だと60分以上かかると言われています。

ナウゼリンは例外的に腸に辿り着く前に効果が出てくるため、結果的に飲み薬の効果発現が早くなります。

 

ナウゼリンに限って言えば、気持ち悪い時に飲み薬を飲むのは嘔吐の原因にもなり得るので、効果が遅くても坐薬の方が良いというのも事実ですけどね。

もうひとつ補足をすると、そもそもナウゼリンはそんなに効果的ではないというデータがあるので、最近は使用頻度が減っている印象です。

 

アセトアミノフェン坐薬の場合

解熱鎮痛剤として使われるアセトアミノフェン坐薬(アンヒバなど)も飲み薬のほうが早く効果が早く出るというデータがあります。

もっとも血中濃度が上がる時間で比較すると約1時間の差があります。

 

関連記事

小さいの子の解熱剤として「坐薬」が使われることが多いですが、「坐薬を入れたことがない人」はたくさんいます。子どもに最初に使うことが多い、解熱の坐薬についてまとめていきます。 子ども用の解熱の坐薬は、一般的に[…]

アンヒバ・アルピニーなどの子ども用解熱坐薬の使い方とよくある質問【冷所保存する必要は?】

坐薬より飲み薬の方が良いの?

ほんの少しでも早く効果を出したいなら、上記の2例の場合は飲み薬にしたほうが良いでしょう。

ただし、【わずかに早く効く】だけで、最終的な効果としては差がないと思います。

 

そのため、気持ち悪いなら坐薬、下痢が続いているなら飲み薬、など使いやすい方を優先すれば良いと思います。

乳幼児の場合は坐薬ならば起こさなくても使える(起きることもあるけど)メリットもあるので、坐薬の方が良いかもしれません。

坐薬入れたのに、なかなか効果が出ない…と心配しすぎないようにしましょう。

 

坐薬にも種類がいっぱいあるので、使用前に何の坐薬なのかをしっかり確認してから使うようにしてください。

わからなければお薬手帳を確認するか、インターネットで何の坐薬か調べてみましょう。

 

兄弟の坐薬と間違えたりするケースもあるので、薬袋のまま保管した方がわかりやすいかもしれません。

特に大人の坐薬とは間違えないように注意しましょう。

実際に大人の坐薬を間違って子どもに使用したケースもあります。

 

子どもの薬の使い方全般についてはこちらの記事でまとめています。