子どもの嘔吐の原因と、病院へ受診する目安【便秘・胃腸炎・ぜんそく・後鼻漏なども原因になります】

赤ちゃんのお世話をしていると、なんともない顔で嘔吐してびっくりしたことは無いですか?
少し大きくなってからも、嘔吐はあるけどそんなに辛そうではないことも多いですよね。

それでも、心配が強くなって、病院へ受診するべきかどうかを迷ってしまうかもしれません。

  • 嘔吐の原因にはどのようなものがあるか?
  • どんな嘔吐に注意が必要?
  • 病院へ受診する目安は?

このあたりの疑問を解決したいと思います。

子どもの嘔吐の原因は?【便秘・胃腸炎・それ以外・赤ちゃん】

胃の中に入っているものが逆流して出てくることです。
基本は飲み食いしたものと胃液がほとんどでしょう。

嘔吐にも色々な要因がありますので、主だったところをまとめていきます。

便秘による嘔吐

これが意外と多い印象です。
「さっきまで辛そうだったけど、病院で浣腸してもらって便が出たら、すぐに元気になった。」という事も少なくないです。

 

数日ぐらいの便秘でも嘔吐や熱、腹痛などの症状が出てくる子はいます。
グリセリン浣腸などで便秘を改善してあげればケロッと治ることもあります。

普段から便秘がちのお子さんは、便秘がクセにならないように、早めに受診した方がいいかもしれません。

関連記事>>子どもの慢性便秘を解消するには早めに対策を

胃腸炎などの感染症による嘔吐

感染性胃腸炎のことです。
細菌性とウイルス性があり、下痢だけ、嘔吐だけの場合もあります。
腹痛をや熱を伴うこともあります。

細菌性胃腸炎の場合は、抗生剤を使うこともあります。
ウイルス性胃腸炎の場合は抗生剤は効果がありません。

 

ロタウイルスによる下痢の場合は、症状が酷くなり入院などになることもあります。
ロタウイルスの予防接種は任意ですが、感染力が強い・重症化しやすい・脳炎の可能性なども考えられます。
できるだけ予防するようにした方が良いと考えています。
当然うちの子たちは予防接種しています。

 

またノロウイルスなども有名です。

感染性胃腸炎の場合、条件次第では、出席停止などの措置が取られることもあります。
詳しくは>>>小児の感染症流行カレンダーとそれぞれの簡単な特徴や出席停止の基準をまとめましたをご覧ください。

感染症以外の原因による嘔吐

頭部には嘔吐中枢があり、そこを刺激されると嘔吐します。
髄膜炎などの場合にそういうことがありえます。

また、ぜんそくなどで咳が酷い時の嘔吐もあります。
お子さんの場合はそう珍しくありません。

>>>小児ぜんそくの基本・発作の原因・治療薬など【予防薬を適切に使いましょう】

 

後鼻漏などが原因による夜間の嘔吐もよくあります。
症状によっては、鼻水吸引をすすめられることもあります。

>>>電動鼻水吸引器の比較→メルシーポットよりスマイルキュートが良さそう【ママ鼻水トッテで失敗した方へ|医療費控除にもなります】

赤ちゃんの嘔吐

赤ちゃんの場合は、胃と食道をつなぐ筋肉が弱いので、ゲップなどのちょっとした刺激で吐いてしまうことも珍しくありません。
そのため、赤ちゃんに薬を飲ませる場合は、できるだけ食後よりも食前の方が良いと思います。

 

保険制度上のルールとして食後指示で処方される薬は多いです。
食前に飲んでも良いかを病院・薬局で確認するようにしましょう。

小児科の医師や、子どもの事を良くわかっている薬剤師などは、薬によっては「食前でも良いですよ」など一言沿えてくれることもあると思います。

子どもが嘔吐した時に病院へ受診する目安は? →嘔吐以外の症状を確認

嘔吐以外の症状が無いかを確認してください。
熱・頭痛・腹痛などの症状がある場合や脱水傾向(おしっこが出てない、唇が乾いている)があるようなら注意が必要です。
受診したほうが良いと思います。

 

他に症状が無く、1回吐いただけの場合は少し様子を見ても良いと思います。
それでも嘔吐が続くようなら受診してください。

嘔吐が続いているにも関わらず一気に大量の水分を与えたりすると、また吐いてしまったりと、逆効果になりかなません。

吐いた後は水分の飲ませ方にも注意をしたほうが良いでしょう。

脱水の時の経口補水液などの飲ませ方については
>>>年中起こる脱水症状の予防と対策
>>>経口補水液の基本とソリタ-T配合顆粒の薄め方

などにまとめています。

 

最終的な判断は、「いつもと明らかに違う」かどうかだと思います。

それは子どもといつも一緒にいる、あなたにしかわからないことです。
とても心配なら受診するようにしましょう。