タミフルとオセルタミビルドライシロップ3%「サワイ」(ジェネリック)の味と飲ませ方

皆さんはタミフルドライシロップをお子さんに飲ませたことはありますか?

自分で飲んだことがある方には理解していただけると思いますが、美味しいと言えるような味ではないのは確かです。

インフルエンザの治療薬は劇的に効果が出るわけではないので、「無理してでも絶対に飲まないといけない」わけではないと考えていますが、それでも飲めないと心配になってしまいますよね。

 

タミフルドライシロップと、唯一のジェネリックである【オセルタミビルドライシロップ3%「サワイ」】を味や飲みやすくなる方法についてまとめています。

オセルタミビルドライシロップ3%「サワイ」の方がわずかに飲みやすいが、それでも苦味は強いです。

タミフルドライシロップのように、オレンジジュースやミルクココアの粉などと混ぜると飲みやすくなります。

オセルタミビルドライシロップ3%「サワイ」とタミフルドライシロップの味や匂いの比較

オセルタミビルドライシロップ3%「サワイ」の味

味の印象は、「苦味の強いグレープフルーツ」です。

タミフルドライシロップと苦さ自体はあまり変わらないですが、グレープフルーツ感で上手く誤魔化せている気がします。

苦味もそこまで長引かないので、飲んだ後に美味しいものでお口直しをすれば問題ないと感じました。

 

それでも苦い薬が初めてな子には辛いかもしれません。

量が少なくて試せていませんが、オレンジジュースなどに混ぜると味が喧嘩しないので飲みやすくなるように感じました。

 

事前にメーカーさんから苦いとは聞いていましたが、思ったよりはかなり好印象でした。

匂いについては、フルーツミックス様芳香と記載されていますが、そんなに強い匂いは感じませんでした。

タミフルドライシロップの味

苦味自体は同じ程度ですが、甘みがあるせいで苦味が目立っているような印象があります。

多少の清涼感も感じます。

オセルタミビルドライシロップ3%「サワイ」とタミフルドライシロップの味を比較

どちらも苦味が目立って美味しくはないです。

どちらかといえば、オセルタミビルドライシロップ3%「サワイ」の方が飲みやすい印象でした。

 

どちらも飲めない子もいるでしょうが、3歳ぐらいの子なら割とそのまま飲めるんじゃないでしょうか。

本当は1歳未満の子でもそれなりに飲める味だと良いんですけどね。

 

好みによって、どちらの方が飲みやすいのかは変わるような気がします。

私の意見は一つの参考と考えていただければと思います。

オセルタミビルは何に混ぜたら飲みやすい? →ココア、オレンジジュース、薬ならカルボシステインも○

オセルタミビルとタミフルは少し味が違いますが、どちらも共通して、以下の方法で飲みやすくなります。

  • オレンジジュースに混ぜる
  • ココアの粉を薬の袋にスプーンで加えて粉のまま飲む

バニラアイスやリンゴジュースに混ぜると、飲みにくく感じるかもしれません。

 

※追記

オセルタミビルドライシロップ3%「サワイ」もタミフルドライシロップも共通して、ムコダインDS50%(もしくはカルボシステインDS50%「タカタ」)を混ぜると、かなり飲みやすかったです!

いっしょに処方されている場合は、まとめて飲んでも良さそうです。

ただし、ムコダイン(カルボシステイン)が他の薬と混ざっている場合は、その限りではありません。

 

その他の薬の飲み物などとの相性は>>【保存版】薬と飲み物などの相性一覧表と飲みあわせなどの注意事項にまとめています。

お子さんが薬を飲むのが苦手なのであれば、お役に立てると思います。

オセルタミビル(タミフル)は10代への使用も解禁されました

タミフルドライシロップを含めたインフルエンザの治療薬は、服用後の異常行動による転落死事例を理由に、以前は「10代への使用を原則として差し控える」ていましたが現在は解除されています。

子どもがインフルエンザになったら、薬の種類や服用の有無に関係なく異常行動が発現すると判断されたということです。

お子さんがインフルエンザになって発熱してから2日間は、以下の事を気にするようにしてください。

・全ての部屋の窓と玄関を確実に施錠する
・ベランダに面していない部屋で寝かせる
・一戸建ての場合はできる限り1階で寝かせる

大事なお子さんを守るために必要なことです。

 

個人的に味はオセルタミビルドライシロップ3%「サワイ」の方が飲みやすいので、おすすめしていきたいところです。

とはいえ、【タミフルドライシロップが飲めなかった子がジェネリックにしたら飲めるようになった】というほどの差はないと感じました。

少しでも飲みやすくなる手伝いになっていれば嬉しいです。

 

タミフルの効果や副作用については、以下の記事をご覧ください。

関連記事

タミフルと言えば、一時期子どもの異常行動につながると言われており、あまり印象が良くない方もいるかもしれません。しかし、インフルエンザ治療薬の使用の有無に関わらず異常行動が報告されており、インフルエンザであること自体が異常行動のリスク[…]

タミフル(オセルタミビル)の使い方・副作用とジェネリックとの違い【乳糖の有無】

インフルエンザ関連記事

インフルエンザ対策には部屋の加湿をしたほうが良いと考えます。>>>インフルエンザ対策には加湿がポイント【おすすめ加湿器も】をご覧ください。

インフルエンザの予防にうがいは効果的か?>>>うがいのインフルエンザ予防や風邪予防の効果と、うがい薬の必要性についてに、データを示しています。

インフルエンザ全般については>>>インフルエンザの基本と注意点【痛み止めや風邪薬を使わない方が良い?】をご覧ください。

その他のインフルエンザ治療薬については、>>>インフルエンザ治療薬を比較をご覧ください。

インフルエンザ治療には、麻黄湯の選択肢もあります>>>インフルエンザ治療に麻黄湯は効果的か?

その他の関連記事

子どもの薬の使い方全般についてはこちらの記事でまとめています。

また、こちらでは様々な薬と飲み物との相性をまとめています。

関連記事

子どもの調子が悪いから病院へ行って薬をもらったけど、全然薬を飲んでくれなかったという経験はありませんか? 「薬を飲んで早く楽になって欲しいのに…」そう思っても、子どもがすんなり薬を飲んでくれるとは限りません。[…]

【保存版】薬と飲み物などの相性一覧表とその他の注意事項