トスフロキサシン(オゼックス)の飲みあわせの注意点【こどもへの使用は限定的だが、耐性菌対策が大切】

こどもに抗生物質が処方されることはありますが、基本的にはワイドシリンやセフェム系、マクロライド系の使用が多いです。
症状によっては、トスフロキサシン(オゼックス)という抗生物質が使われることがあります。

正確に言うと、トスフロキサシンは抗生物質ではなく抗菌薬ですが、わかりやすくするために抗生物質で統一しています。
医療従事者の方にとっては、もやもやする表現だと思いますがお許し下さい。

 

トスフロキサシンは、基本的に軽症例で使うことは少ない薬です。

小さいこどもにとっては、耐性菌を増やさないためにも出来るだけ使用を控えるべき抗生物質の一つですが、他に選択肢がないためか、処方されることもあります。

トスフロキサシンが必要なのかどうかの判断は薬剤師の私には出来かねます。
せめて、耐性菌を減らすために飲むに当たって注意していただきたいことを書きます。

スポンサーリンク

トスフロキサシン(オゼックス)ってどんな薬?

トスフロキサシンは、ニューキノロン系に分類される抗生物質(正しくは抗菌薬)です。

いくつかのニューキノロン系は、関節障害の可能性があるとされ、基本的にこどもへはあまり使用されません。
しかし、トスフロキサシンや小児用バクシダールなどの一部のニューキノロン系は関節障害の影響が少ないとされ、小児用製剤も開発されています。

使用例は限られますが、これまでトスフロキサシンで大きな問題も起きていません。

15%細粒剤の小児肺炎試験及び小児中耳炎試験では、関節痛が0.85%(2/235例)に認められた。しかし、いずれも症状は軽度であり、翌日には消失している。そのうちの1例は発現当日にMRI検査を行ったが、異常所見は認められず、動物実験で認められたような関節障害は発現していなかったものと考えられる。また、小児マイコプラズマ肺炎試験においては関節に関連する副作用は認められなかった。
引用:オゼックスインタビューフォーム

 

トスフロキサシンの飲み薬は以下の4種類に分けられます。

  • トスフロキサシン細粒小児用15%150mg各種
  • トスフロキサシン錠75各種
  • トスフロキサシン錠150各種
  • オゼックス錠小児用60mg

オゼックス錠小児用60mgのみ、先発品1種類しかありません。
オゼックス錠小児用60mgは錠剤のサイズが小さく飲みやすい薬ではありますが、1回で何錠か飲まなければいけない場合もあります。

 

トスフロキサシン細粒は先発品もジェネリックも飲みやすい味の薬で、苦味はまったく感じません。

果汁ジュースとの相性は良くないとされています。
自分で味見をした印象では、別々に飲んだ方が美味しいですが、苦くなって困るなどはありませんでした。

そもそもそんなに多く使われませんが、私の覚えている範囲では、飲めなかったお子さんは一人もいません。

 

同成分の目薬:オゼックス/トスフロ点眼液もありますが、点眼液は成分量も少ないので、適切に使えていれば影響はほとんどないでしょう。

とはいえ、一部の目薬で全身性の影響が出ているものもありますので、適切に使うことはとても大切です。
目薬の適切な使い方については>>>目薬のさし方と注意点に記載しています。

トスフロキサシンの飲みあわせなど【耐性菌を増やさないために|カルシウムや鉄分に注意】

トスフロキサシンのインタビューフォームには、以下の薬は併用注意とされています。

テオフィリン
アミノフィリン製剤
テオフィリンなどの血中濃度を上げる可能性あり
フェニル酢酸系及びプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤けいれんがあらわれることがある
アルミニウム、マグネシウムを含有する制酸剤、鉄剤、カルシウム含有製剤トスフロキサシンの効果が減弱するおそれがある

フェニル酢酸系及びプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤の中で、こどもに最も多く使われそうなのはイブプロフェンだと思います。
こどもの解熱鎮痛剤は、アセトアミノフェン(カロナールなど)が広く使われている印象ですが、アセトアミノフェンは大丈夫とされています。
トスフロキサシン単独でも、けいれんの報告があるので、過去に経験のある方は特に注意しましょう。

 

マグネシウム、アルミニウム、カルシウム、鉄などの金属を含む医薬品とは服用時間をずらしたほうが良いと考えます。

一般に、トスフロキサシンなどのニューキノロン系を飲んでから2時間以上空けて金属を含む医薬品を飲むか、金属を含む医薬品を服用後3~6時間空けてからニューキノロン系を飲めば問題ないとされます。

こどもにも使われる金属を含む医薬品としては、インクレミンシロップなどの鉄剤、酸化マグネシウムなどの便秘薬などが多い印象です。
併用しなければならない場合、トスフロキサシンは食前でも食後でも良いので、先にトスフロキサシンを飲む方が現実的だと思います。

 

カルシウムや鉄分などを多く含む飲食物との相互作用については、どれほどの影響があるのかははっきりしていません。
牛乳や乳製品、硬水に分類されるミネラルウォーターなどと同時に飲むのは控えた方が良いという意見も多いです。

 

トスフロキサシンのインタビューフォームには、牛乳や乳製品に関する記載はありません。
しかし、同じニューキノロン系のシプロフロキサシンという薬と比較すると、カルシウムによる影響はトスフロキサシンのほうが大きいとされています。
そしてシプロフロキサシンは、牛乳、ヨーグルトと服用した時のAUC(薬の量の指標)が36%、47%低下の報告があります。(参考:シプロキサン錠インタビューフォーム)

 

耐性菌を増やさないためには、トスフロキサシンの効果をしっかりと持続させる必要があります。

そのため、牛乳や乳製品・ミネラルウォーターとはしっかりと時間を空けるべきだと考えています。

 

食事でもカルシウムなどは摂取しているので、ゼロにすることは出来ません。
だからこそ、飲み物ぐらいは気をつけたほうが良いと考えています。
ちなみに、海産物の乾物(干しエビ、海苔など)や、乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)などは多いとされています。

 

併用注意には記載がありませんが、オゼックス小児用細粒をムコダインシロップ(液体)と混ぜると、3日後にはトスフロキサシンの残存率が7割程度になっていたとインタビューフォームに記載があります。
飲む直前に混ぜる場合は影響がないようです。
ムコダインドライシロップ(粉薬)も影響がないと記載されています。

トスフロキサシン(オゼックス)の副作用は下痢や嘔吐が多そうです

15%細粒剤の製造販売後の使用成績調査において、総症例数759例中、21例(2.77%)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められた。その主なものは、下痢10例(1.32%)、嘔吐8例(1.05%)等であった(再審査終了時)。
引用:トスフロキサシンインタビューフォーム

他の多くの抗生物質と同様に、下痢や嘔吐などの消化器系の副作用が比較的多く報告されています。

便秘や眠気、発疹などの副作用の報告もあります。

前述のように、関節障害やけいれんなどにも注意が必要です。

 

 

トスフロキサシンは出来るだけ控えたほうが良い薬ではありますが、それでも使わざるを得ないことがあります。
せめて耐性菌を増やさないように、カルシウムや鉄分などとの同時接種は控えるべきだと考えています。

スポンサーリンク