麻黄湯(漢方)のおすすめの飲み方の紹介。子どもも飲みやすい方法を家にありそうなもの+αで検討しました。

インフルエンザの際に、お子さんにも麻黄湯が処方されることがあります。

麻黄湯を子どもに上手く飲んでもらうために、実際に色々と試行錯誤しています。

 

麻黄湯を飲めるようにするために【前提条件】

  • 3歳ぐらいの子どもでも飲めること
  • 子育て世帯に普通にあるもので飲みやすくする方法も検討すること

いくらおすすめの方法があっても、家にあるもので準備出来なかったら直近の一回は困りますからね。

麻黄湯は飲みやすくないです。

漢方の中では特別飲みにくいわけではないですが、少なくとも私にとってはマズイです。

 

子どもは一度マズイと認識すると次からもなかなか飲んでくれなくなります。
初めて飲ませるときを適当にしてしまうことはおすすめできません。

 

ということで、確実に飲めるものを探します。
最初から飲みにくいと思われるものは試しませんよ。
マズイの嫌なんでw

漢方は匂いも特徴的なので、漢方嫌いの子は匂いもダメな子が多いです。
つまり味と匂いの両方を上手く対策しないといけません。

 

また、麻黄湯の顆粒はそれなりに粒が大きいため、溶かさず飲む場合には半固形もしくはゼリーのようなものと混ぜない限りは存在感が消せずに飲みにくいです。

麻黄湯を飲みやすくする方法の検討

味の検討は私を含め、2名で行いました。
体調への影響も考え、間をあけながら数回に渡って味見を行っています。

 

麻黄湯を飲みやすくするために用意したものはこちらです。

甘み追加:砂糖、はちみつ、メープルシロップ
香り追加:バニラエッセンス
家にありそうで使えそうなもの:きな粉、ココア、牛乳、オレンジジュース、ヨーグルト
服薬補助市販品:おくすり飲めたね(ピーチ味)、にがいのにがいのとんでいけ

バニラエッセンスは、子育て世帯に唯一ありそうな香料ということで用意しました。
服薬補助市販品は比較対象として用意してあります。ベストな方法を探すことも大切ですからね。

麻黄湯に一種類だけ混ぜてみた場合の飲みやすさ

 砂糖はちみつメープルシロップきな粉ココア牛乳
×
匂い
 オレンジジュースヨーグルトバニラエッセンスおくすりのめたね
(ピーチ)
にがいのにがいの
とんでいけ
×
匂い

 

※評価:ほとんどわからない◎、わかるけどそこまで気にならない○、無いより良い△、変わらないー、飲みにくい×
※おくすり飲めたね以外は麻黄湯をお湯に溶かした後に混ぜています。

 

 

ここまでは散々たる結果です。。
もはやオレンジジュースとか牛乳なんかは何故試そうと思ったのか我ながら不思議です。

 

「にがいのにがいのとんでいけ」を使うことでかなり飲みやすくなりました。
以前から苦いのが苦手なお子さんにおすすめしていたので、一安心でもあります。

 

とはいえ、今回は家にあるものでなんとかしたいと言うのが本音のところなので、これでは終わりませんよ。

組み合わせていくことで、「にがいのにがいのとんでいけ」に負けないものを作ります!!

「にがいのにがいのとんでいけ」を試していて、こってりとした甘み、漢方をも紛らわす匂いが大切だと感じました。

ということで、いくつか組み合わせてみましょう。

 

メインはきな粉とココアの2パターン。
甘み部門の3種類は、一番飲みやすかったはちみつに統一していますが、砂糖やメープルシロップでも代用可能です。
香り部門のバニラエッセンスは引き続き検討です。

麻黄湯に飲み物などをいくつか組み合わせた場合の飲みやすさ

 きな粉+はちみつココア+はちみつきな粉+はちみつ+バニラエッセンスココア+はちみつ+バニラエッセンス
匂い

※評価:わかるけどそこまで気にならない○、無いより良い△

この結果から、家にあるもので対応しようとするなら、

きな粉+はちみつ+バニラエッセンスの組み合わせがベストだと思います。

 

きな粉の代用品:ココアやヨーグルト
はちみつの代用品:砂糖やメープルシロップ
などを使えば、多くの家庭ですぐに対応できるかもしれません。

 

バニラエッセンスは、匂いが気にならないならなくても良いです。

他に家にある香料が思いつかなかったので、バニラエッセンスを選択しましたが、他に良さそうな選択肢があれば情報をお待ちしております!!

【結論】麻黄湯が飲める方法は?→数パターン用意しました!

麻黄湯が飲める方法【推奨】

麻黄湯一回分ににお湯小さじ2杯を入れて溶かして、「にがいのにがいのとんでいけ」を一包加えてしっかり混ぜる。

 

 

これだけで少し苦味のあるチョコレートドリンクになります。
冷蔵庫に半日入れておいても固まらなかったので、多少の作り置きはできると思います。

それでも飲みにくいようなら砂糖小さじ1杯を加えると、苦味がかなり減ります。
※乳製品・大豆にアレルギーのある子には「にがいのにがいのとんでいけ」が使えませんので、ご注意ください。

麻黄湯が飲める方法【家にありそうなものを使う場合】

麻黄湯一回分ににきな粉小さじ1とはちみつ小さじ1(代わりに同量の砂糖やメープルシロップでも可)を加えて、お湯小さじ二杯を入れてペースト状にしましょう。

 

漢方の匂いは残りますが、味は飲みやすくなっていると思います。
バニラエッセンスなどを加えると多少匂いも誤魔化せます。

きな粉の代わりにココアやヨーグルトを使っても良いかもしれません。その場合は固まりにくいので、液体状になると思います。

 

漢方薬は味も匂いもバリエーションが多いので一概には言えないですが、他の漢方薬でも同じような方法で対応できるものもあると思います!!
今回の記事が、漢方が飲めないお子さんへの手助けになりますように。

 

子どもの薬の使い方全般についてはこちらの記事でまとめています。

※なお、今回の記事は「polca」にて、けいすけさん(@kei31)からのご支援をいただいております。