錠剤はいつから(何歳から)飲める?子どもの上手な薬の飲み方も教えます。【5歳ぐらいが目安です】

小さい子どもに粉薬を飲まそうとして、「苦いからイヤ」となった経験はありませんか?

どうやったら飲めるのかと色々と試してみることになると思います。

苦い薬の飲ませ方については、>>>薬嫌いの子でもなんとか飲める!苦い薬の飲ませ方を薬剤師が教えます。にまとめてあるので参考にしてください。

 

子どもによって薬が上手に飲めるかどうかは様々で、苦い薬でも平気で飲める子もいますし、苦い薬を一度飲んだことをきっかけに薬全部が嫌いになることもいます。

「苦い薬出さなければ良いでしょ?」という意見はもちろんですが、どうしても苦い薬を飲んでもらった方が良いこともあります。
そして、薬をしっかり飲まなければいけない理由を子どもに理解してもらうのも難しいですよね。。

 

実際は錠剤が飲めれば苦味については解決!ということが多いです。

では錠剤は何歳ぐらいから飲めるようになるのでしょうか?

錠剤はいつから(何歳から)飲める?→5歳ぐらいが目安です

錠剤は5歳ぐらいから飲めるようになると言われていますが、あくまで目安です。

 

早い子では3歳ぐらいから錠剤を飲める子がいますが、どうしても粉薬やシロップが飲めないので、仕方なく錠剤を試してみたらなんとか飲めたという例が多いです。

 

保護者の方も「苦い粉を飲ませるのが大変だから錠剤を試したい」と積極的に提案される方もいれば、医師から錠剤の提案があっても「心配だからまだ粉の方が良い」と断る方もおられます。

どちらの気持ちも理解できますが、個人的にはあまり焦って錠剤を試さないほうが良いとは思います。

 

子どもは体が小さいので喉も小さく、大きいものは飲み込めません。

子どもが落ちているものを口にしてしまう事故は多いです。

子どもの場合は、錠剤やカプセル剤が喉につかえてしまって、気管に入り込むことで咳き込んだりしてしまうこともあります。

高齢者の誤嚥と同じ状態ですね。

 

そのため、最初は小さい錠剤から始めて、何度か試してみながら錠剤に切り替えるべきです。

大人の方でも錠剤が飲み込めない人がいます。

原因が喉の大きさの問題なのか苦手意識なのかわかりませんが、大人でも飲めないことがあるので、小さい子どもが飲めなくてもおかしくはありません。

 

錠剤が飲めるかどうかに限らず、成長の度合いも子どもそれぞれです。

よその子は出来てるのに…

と焦らない様にしましょう。

 

では、いざ錠剤を試してみようとなった時には、何に注意をすれば良いのか考えてみましょう。

錠剤やカプセル剤の上手な飲み方は?子ども以外も参考に

錠剤やカプセル剤の上手な飲み方①【口が乾いてないこと、多めの水で飲むこと】

錠剤やカプセル剤を上手く飲ませるためには、飲ませ方にも工夫が必要です。

ご自身でカプセルを水無しで飲まれたことはありますか?

カプセルはたっぷりの水分があればくっつきにくいですが、少量の水だとむしろくっつきやすくなります。

 

錠剤を飲む場合も、口の中が乾いた状態だと錠剤がくっつきやすくなります。

表面も苦い薬だと、苦味も強く感じてしまうでしょう。

できるだけ錠剤やカプセルを飲む前に口の中をうるおしておきましょう。

 

口の中にくっついているなら飲み直せばいいですけど、喉のあたりにくっついたら辛すぎますよね。。

多めの水で飲むこともポイントです。

錠剤やカプセル剤の上手な飲み方②【極端に上向きにならない様に飲むこと、ほめること】

飲むときの体勢にも気を付けるべきポイントがあります。

薬を飲むときには極端に上向きにならないように、すこ〜しだけ下を向くぐらいで飲むということです。

 

上を見上げるように、首を動かしてみてください。
少し喉のあたりが苦しくなりませんか?

パソコンを操作するときのように、わずかに下向きでいると喉は苦しくないですよね?
その姿勢で薬を飲むと飲みやすいですよ。

子どもは口から水をこぼしやすいので、そこは気をつけておきましょう。

 

子どもは一度苦手意識ができると克服に時間がかかることもあります。

初回からしっかりフォローしてあげましょう。

 

しか
初めて飲めた時にほめてあげること、失敗した時にも怒ったりしないことが大切です

 

「飲めた」という自信をつけるために、一番最初はゼリーなどに混ぜてあげても良いかもしれません。

反対に、小さい子に大きい錠剤でも飲めると過信させないことも大切です。

錠剤は何歳から?錠剤やカプセル剤の上手な飲み方まとめ

錠剤やカプセル剤は5歳ぐらいから飲めるようにはなると言われますが、喉につまるリスクもあります。
最初は小さい錠剤から試すようにしましょう。 飲みやすくする方法としては、口を潤しておくこと、多めの水で飲ませること。
薬を飲むときはほんの少し下向きぐらいが飲みやすいです。

そして上手く飲めたらしっかり褒めて、自信をつけさせてあげましょう。

 

錠剤になると苦い薬もほとんど苦味を感じず飲めると思います。
持ち歩きや長期保管も楽になりますし、おそらく薬局での待ち時間も少なくなります。

 

うちの子もそろそろ錠剤が飲める年齢ですし、ある程度大きいまま食べ物も丸のみ出きているので、一度試してみたいと考えています。

 

※追記

うちの子は5歳で錠剤を無理なく飲めました

そろそろ大丈夫かな?と思われたら一度検討してみても良いかもしれませんね。

あなたのお子さんが上手に錠剤やカプセル剤を飲むための参考になると嬉しいです。

 

子どもの薬の使い方全般については以下の記事でまとめています。