アンヒバ・アルピニーなどの子ども用解熱坐薬の使い方とよくある質問【冷所保存する必要は?】

アンヒバ・アルピニーなどの子ども用解熱坐薬の使い方とよくある質問【冷所保存する必要は?】

小さいの子の解熱剤として「坐薬」が使われることが多いですが、「坐薬を入れたことがない人」はたくさんいます。

子どもに最初に使うことが多い、解熱の坐薬についてまとめていきます。

 

子ども用の解熱の坐薬は、一般的にアセトアミノフェンが使われます。

以下の商品名の坐薬は全てアセトアミノフェンの坐薬です。

  • アンヒバ坐剤
  • アルピニー坐剤
  • カロナール坐剤
  • パラセタ坐剤
  • アセトアミノフェン坐剤

 

アンヒバやアルピニーで通じる方が多いため、その2種類の名前を使用していますが、上記の坐薬も基本的に同じです。

子どもの解熱剤に坐薬が多用されるのはなぜ?

小さい子でも飲み薬を使うことは珍しくありませんが、解熱剤は坐薬が使われることが多いです。

その理由としてはいくつかありますが、主に以下の2つだと考えます。

  • アセトアミノフェンは苦い
  • 発熱時は嘔吐などで食事を受けつけない事もある

 

もちろんそれ以外にも坐薬ならではのメリット・デメリットもあります。

関連記事

坐薬って簡単そうだけど、いざ子どもに入れようとすると結構ドキドキしませんか? 私は薬剤師なので、それまでに何度も坐薬の使い方を患者さんに説明していましたが、初めて自分が息子に坐薬を入れるときには上手に出来ませんでし[…]

坐薬の使い方と注意点【使う順番に注意|飲み薬のほうが早く効く成分もあります】

アンヒバ・アルピニーの使い方・注意点【入れなおしても良い?】

熱を下げる目的で坐剤を使う場合、通常は必要時のみ使用します。

症状によっては定期的に使用することも稀にあるかもしれません。

 

アセトアミノフェンは通常、10~15mg/kg使用します(※成人量を超えない)。

投与間隔は4~6時間空け、1日の限度量は60mg/kgとなります。

適正な一回量を4時間毎に使用すると、1日の限度量を超えることがあります。

基本的には6時間程度は空けたほうが良いと考えます。

 

なお、成人の風邪にアセトアミノフェンを使う場合の1日の限度量は1500mgです。

200mgの坐剤を4時間毎に入れれば1日量1200mgになり、大人の限度量に近づくという点も注意をしておきましょう。

 

坐薬を入れた直後に便をしたら再度入れるかどうかなど、色々な迷いが出てきます。

使用前に排便を済ませておいたほうが良いと言われますが、小さい子に子どもにそれを強いるのは無理がありますね。

そのままの形で出てきたら、再度入れ直しても良いと考えます。

アンヒバ・アルピニーの体重別適正量一覧

解熱の坐薬は「○分の▲に切って使うように」という指示をよく見かけます。

しかし、切るのは手間もかかりますし、衛生面少し気になります。

可能であれば、切らないほうが良いと考えています。

 

実際、アセトアミノフェンの坐薬には、50mg、100mg、200mg、400mgの規格があるため、ほとんどの体重で切らずに使えます。
※400mgの規格があるのはカロナール坐剤のみで、アンヒバやアルピニーなどは50、100、200の3種です。

 

アセトアミノフェンの通常量(10~15mg/kg)を守りつつ、出来るだけ切らずに使う場合には、以下を一つの目安だと考えます。
アンヒバ・アルピニーなどのアセトアミノフェン坐剤の体重別適正量一覧

※実際に使用する際には、医師の指示を守って使用してください。

 

切る場合は以下を参考にどうぞ。

アセトアミノフェン坐剤「JG」の指導せんを参考にしています。

容器のまま切ったほうが簡単です。

坐薬の切り方(1/2と2/3)「JG」の指導せんより

 

アンヒバ・アルピニーのよくある質問

何度ぐらい熱が下がるの?
しか
せいぜい1~2℃です。

 

何分ぐらいで効き始める?
しか
30分~1時間ぐらいかかるでしょう。

 

何時間ぐらい効果は続く?
しか
4時間ぐらいが一つの目安になりそうです。

 

副作用は?
sしか
過剰にならなければまず心配ないです。

 

熱が出たら解熱剤は必須ですか?
しか
そうとも言えませんが、
つらそうなら使ってあげても良いでしょう。

アンヒバ・アルピニーなどに期待できる効果は、「数時間体温を1~2℃下げること、痛みを抑えること」です。

40℃熱が出ている時に使っても38℃台になる程度の効果しかありません。
※その数℃の差で一時的に体調が楽になることはあります。

 

他の疾患を防いだり、風邪を早く治したりする期待は出来ません。

また、解熱剤を使ったから風邪が長引くことも否定されています。

 

「解熱剤を使わないといけない」、「解熱剤を使ってはいけない」と強く考えている方もいますが、そこまで大げさに捉える必要はあまりないでしょう。

つらそうにしているなら使ってあげれば良いと考えています。

アンヒバ・アルピニーは冷所保存?室温ではダメ?

「坐薬=冷蔵庫で保管」と考える方が多いですが、意外と室温で保管出来るモノもあります。

アンヒバ・アルピニーも必ずしも冷蔵庫で保管しなくても良いとされています。

 

アセトアミノフェンの坐薬は、メーカーごとに保管方法がわずかに異なります。

アンヒバ:冷暗所保存
アルピニー:直射日光をさけ、30℃以下で保管すること。
カロナール(50mg)室温保存(30℃以下)
カロナール(50mg以外):冷所保存
アセトアミノフェン「JG」:室温保存(1~30℃)
アセトアミノフェン「日新」:室温保存(30℃以下)
アセトアミノフェン「TYK」:室温保存(30℃以下。直射日光を避けてなるべく冷所に保管すること)

このように、カロナール坐剤の一部のみ「冷所保存」になっています。

 

なお、製品ごとに添加物の違いなどもありますが、カロナールも融解点は他と大きく変わりはないです

参考にアンヒバ坐剤の融解点は以下の通りです。

アンヒバ坐剤小児用 50mg :33.5~35.5℃
アンヒバ坐剤小児用 100mg:33.5~35.5℃
アンヒバ坐剤小児用 200mg:33.0~35.5℃

室温(1℃~30℃)をしっかりとキープできていれば、冷蔵庫などで保管しなくても良いでしょう。

 

ただし、室温の厳密なコントロールは難しいということも合わせて理解しておきましょう。

例えば夏場にエアコンで28℃設定していても、室温は30℃を超えていたという経験は無いでしょうか?

冬場も暖房の風が直接当たるような場所は30℃を超えることはあるでしょう。

車の中に置きっぱなしにするのは、春などの季節でも注意が必要です。

 

なお、一度溶けた坐薬は性質が変化し、効果などにも影響が出る可能性があります。

再度固めたら使って良いというわけでもありません。

年間を通した保管場所としては、冷蔵庫が安心と言えるかもしれません。

 

この記事は、医療用のアセトアミノフェン坐薬についての説明ですので、市販薬のアセトアミノフェンの坐薬(パブロンなど)を使用する場合は、それぞれの商品の指示を守ってください。

created by Rinker
パブロン
¥793(2020/04/01 00:01:11時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事

子どもの解熱剤と言えば、「坐薬」のイメージも強いかと思いますが、【粉薬・シロップ・錠剤】の選択肢もあります。粉薬やシロップも1歳未満から使えますが、苦味が強いという問題点もあります。錠剤は小さくはないので、早くても5歳ぐらい[…]

カロナール【錠・シロップ・細粒】などの経口解熱鎮痛剤の味・種類・特徴