子どもを薬剤師にさせたいか?薬剤師が真剣に考えてみました【将来性や年収は?】

うちの子は、「大きくなったらお父さんのお仕事のお手伝いをする!」と言ってくれています。
父として凄く嬉しいです。

ただし、手放しでは応援しにくい気持ちもあります。
自分の子どもは自分と同じ世界に進ませたくないと言われる方もいますが、私も同じような気持ちを持っています。

先に否定しておきますが、私は【薬剤師】の仕事をつまらないと思っているわけでも、要らないと思っているわけでもありません。
【薬剤師】はとても大切な仕事を担っていると考えています。

 

自分の子どもに薬剤師を薦めれるのか?
2018年末真剣に考えてみました。

結論としては、あえて薦める気にはなりません。
もちろん、現状を理解した上でもなりたいという判断であれば全力で応援します。

少し文字数が多くなりましたので、目次から気になるところだけ読んでもらえば良いと思います。
一部の内容に関しては、クリックしたら読めるようにしています。

薬剤師とは何をする職業ですか?

薬剤師法 第一章 総則に、薬剤師の任務として、以下のように記されています。

薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。

薬剤師は、公衆衛生を向上・増進させることで、国民の健康な生活を確保することが仕事です。
調剤・ドラッグストア・公務員・その他の職業含め、薬剤師として働く以上、絶対に忘れてはならないことだと考えています。

薬剤師になるには?

薬剤師は国家資格です。
大学の薬学部(6年制)を卒業して、薬剤師国家試験に合格すると薬剤師免許が交付されます。
免許が交付されて、初めて薬剤師になれます。

現状は、薬剤師免許は更新制ではありません。
一度免許を取ってしまえば、薬剤師とは無関係な仕事をしていても生涯薬剤師です。
薬剤師免許を持っているというのは、【薬剤師免許を取ったときにはそれなりの知識があった人】ということしか保証されません。

医療に関する知識は日々変わっていきます。
現在の知識に関しては自身が適切な学習を続けているかどうかで決まります。
国民の健康な生活を確保するためにも、薬剤師は働き続ける限り、学習が必要だと考えます。

スポンサーリンク

薬学部の選び方について【偏差値・学費・国家試験の合格率など】

薬学部の偏差値と学費

数値に関しては、こちらのサイトを参考にしています。

薬学部の偏差値

偏差値は35~75と幅広いです。
大学の偏差値は国公立大学が高く、私立大学が低いことが多いです。
慶應義塾大学や東京理科大学など、一部の私立大学には、地方の国立薬学部より偏差値が高いところもあります。

薬学部の学費

学費は、国立大学≦公立大学<私立大学の順に高くなっていきます。
入学金+学費は6年間で、350万~1400万円ぐらいの幅です。
それ以外にも教材費や研修費など色々かかりますし、留年すればするだけコストは増えます。

薬剤師国家試験の合格率について

薬剤師の国家試験の合格率は第103回(2018年)で、70.58%です。
6年制新卒に限れば、84.8%が合格しています。
参考:試験回次別合格者数の推移

合格率は低くないですが、合格可能性が低そうな生徒は卒業できないようになっている大学もあります。
その結果合格率が上がっていると思っておいたほうが良いと思います。
それもふまえて大学を選んでいきましょう。

大学の選び方【国家試験合格率は参考にならないかもしれません】

基本的には行きたい大学に行けば良いです。
家から通える私立大学の方が、一人暮らしで地方の国公立大学に行くよりはトータルでは安く済むかもしれません。

研究職に就きたい場合、興味のある分野に強い大学を選ぶのも大切なポイントです。

国家試験の合格率も大学選びのの基準になるかもしれませんが、国家試験の合格率だけで判断するのは危険かもしれません。

大学別薬剤師国家試験の合格率は厚労省のホームページで確認できます。
新卒のデータを参考に話を進めます。

偏差値が高い大学ほど勉強ができる学生が揃っているので、合格率が高い傾向だと考えたくなるところですが実際はそうでもありません。

大学の偏差値と国家試験合格率が比例しないのはなんで?

偏差値が高い大学ほど、薬剤師免許を使用しない仕事をする傾向があります。
例えば製薬メーカーの研究職や、大学にそのまま残って研究を続ける場合などです。

薬剤師免許は必要ないのでそもそも受験をしない人もいますし、記念受験の人もいます。
偏差値が高い大学は、出願者数と受験者数がほとんど同じなのがわかります。

偏差値は低いけど合格率が高い大学の場合、出願数と受験者数の乖離が大きい大学が目立ちます。
何らかの理由で、出願をしたけど国家試験が受けれなかったと言うことですよね。
一部の私立大学では、国家試験を受けるための厳しい卒業試験があることが大きな要因だと思います。

薬学部の卒業試験ってなに?

一部の私立大学の薬学部には卒業試験があります。
卒業試験が複数回ある大学もあります。

薬剤師国家試験は、所定の薬学部を卒業できていなければ受験できません。
卒業試験をクリア出来なければ、卒業も出来ないので、国家試験の受験も出来ません。

なぜそんなに厳しい試験があるのでしょうか?
大学側としては色々な言い分はあると思いますが、【見かけの合格率を上げたい】という理由が一番だと思います。

 

例えば、「薬剤師国家試験の合格率が10%です。」と言われたら、この大学はやめようと思いますよね。
「薬剤師国家試験の合格率が90%です。」と言われたらどうでしょう?
厳しいかもしれないけど、しっかり勉強できる体勢が出来ている大学だ。とは思いませんか?

大学側からすれば、合格率は受験生やその親に向けての大きなアピールポイントになります。
入学は簡単なのに合格率が高い、夢のような大学に見えているかもしれません。

卒業試験の有無とは別に、大学の留年割合や、ストレートで卒業できる人数の割合なども調べておいた方が良いかも知れません。

どの大学を出ても薬剤師であることに変わりはありません。

薬剤師免許を取得してしまえば、みんな薬剤師です。
それからは実力での評価になります。
出身大学での差別を受けることはあまり無いでしょう(派閥があるところもあります)。

 

大学受験時の学力次第では、入学しやすい大学があるというのは必ずしも悪いことではない気がします。
6年間必死に勉強してストレートで薬剤師になれれば、浪人するよりもコストを下げれるだけでなく、働ける年数も増えますからね。

薬剤師はどんなところで働ける?

薬剤師の就職先はどのようなものがあるのか見てみましょう。
知人の意見なども交えていますが、基本的に私の主観になります。

こちらは薬剤師の間でも人気の高い、病院薬剤師を主人公にしたマンガです。
現在の薬剤師についての参考になると思います。

それぞれ記事を折りたたんでいます。
気になる職場だけクリックしてご覧ください。

病院勤務→気になる方はクリック

入院患者さん用の薬を調剤することがメインの仕事と言えるでしょう。
新たに入院された患者さんの場合、薬を持参してくることも多いです。
その場合に、持参薬のチェックも仕事の一つです。
点滴薬や抗がん剤などの調整も日々の仕事です。

処方箋を発行していない病院の場合は、外来患者さん分の調剤もあります。
病棟で患者さんと接する業務なども増えてきていますが、病院による差が大きいです。

給与面はあまり良くありません。
それでも、他の職場では経験できないことも多く、求人倍率も薬局やドラックストアとは段違いに高いです。

病院の規模によっては、当直もあります。
薬局やドラッグストアよりも、就職場所による違いが大きいと言えます。

調剤薬局など→気になる方はクリック

調剤薬局や調剤薬局併設のドラッグストアに加え、最近ではコンビニやカフェに併設している薬局も増えました。
処方箋を受け付けて、調剤をすることがメインの仕事と言えるでしょう。
多くの場合、患者さんへ渡す薬をチェックする最後の砦となります。
仮に医師がミスをしていたとしても、薬局で止めることができれば医療被害は防げます。

良く薬を揃えるだけの簡単な仕事と揶揄されますが、そんな事はありません。
数日働けばわかることがいっぱいありますよ。

最近では、往診の医師と同行して患者宅や施設に行くことも増えました。
薬局の外での仕事はこれからもどんどん増えていくと思います。

給与面は他と比較すると良いですが、昇給率が低い傾向があります。
日祝は休みのところが多いですが、24時間電話対応をしている薬局も珍しくありません。

ドラッグストア→気になる方はクリック

調剤をしていないドラッグストアに薬剤師がいることは少なくなりました。
登録販売者制度が始まるまでは、全てのドラッグストアに薬剤師がいる制度になっていました。

お客さんの健康相談に乗ることがメインの仕事になると思いますが、レジなどの仕事も当然あります。
市販薬や健康食品を含め、たくさんの知識をつけることが出来ます。
「ドラッグストアなんて…」という人もいますが、薬局や病院では学べないことがたくさんあります。

給与は比較的高いです。
労働環境としては、営業時間が長い、土日祝に休みを取りにくいなどの問題もありますが、多くのドラッグストアは一部上場企業です。
福利厚生などは整っていますし、サービス残業三昧みたいなことは比較的少ないかもしれません。

公務員→気になる方はクリック

国の研究機関、厚労省、都道府県庁、市役所、保健所などの選択肢があります。

採用人数が少ないので、空きが出るまで増員の募集はありません。
狙ったところに入るのは少し難易度が高いかもしれません。
希望も聞いてもらえるとも聞きますが、病院から保健所へ移動になるようなこともあります。

研究職・製薬会社MR・治験コーディネーターなど→気になる方はクリック

薬剤師免許は必ずしも必要ではありません。
新薬の開発に携わりたい場合、研究に弱い大学の薬学部に入るよりも、研究に強い大学の理学部に入るなどの選択肢の方が良いかもしれません。
そのあたりは、大学進学前にしっかりと調べておきましょう。

薬剤師免許を持っているからと言って、薬剤師免許を使わなければいけないわけではありません。
私にも薬剤師として働いていない知人は何人もいます(研究職が多いですが)。

スポンサーリンク

薬剤師に必要なスキルは?

薬剤師免許を使って働く場合に限って考えます。
研究職や製薬会社のMRなどは薬剤師免許要りませんからね。

これもそれぞれ内容を折りたたんでいます。
気になるスキルだけクリックしてご覧ください。

コミュニケーション能力→気になる方はクリック

薬剤師の免許を使って仕事をする場合、そのほとんどは対人業務になります。
それも、一言二言会話するだけではなく、その人がちゃんと薬を飲めているのか、飲めない薬の形はないかなど、色々確認していく必要があります。

そして患者さん毎に対応方法は変わってきます。
どうしても杓子定規な対応では解決できない問題があります。
どれだけ患者さんとコミュニケーションを取れるかで、仕事の出来は大きく変わってきます。

 

薬局や病院の調剤室などの狭い環境で働くことが多いです。
そう多くない人数の同僚と、狭い空間で毎日何度も顔を合わせて仕事をします。
コミュニケーションが取れないとどんどん居場所を失ってしまう可能性があります。

 

また、薬剤師の働く職場では女性比率が高いところが多いです。
男性が薬局に勤めた場合、【自分以外は全員女性スタッフ】というところも珍しくありません。

男性薬剤師は良い距離感を保つようにしたいですね。

薬や医療を生涯学習する覚悟→気になる方はクリック

薬剤師は生涯勉強が必要です。
薬剤師国家試験に合格しても、現場で即戦力というわけにはいきません。
まだまだ知らない知識のほうが多いでしょう。
少なくとも、私はそうでした。

薬剤師国家試験への合格して、やっと生涯学習のスタートラインに立てると考えましょう。
知識のアップデートを怠ると、どんどん周りに置いていかれます。
働き初めて5年後には大きな差となります。

これからも薬剤師として働き続けるのであれば学び続けましょう。

計算能力→気になる方はクリック

腎機能を推測して適正量を計算、小児量を体重から計算、などなど計算することがたくさんあります。
電卓使えば良いだけの話ですが、計算が苦手だとストレスが貯まるかもしれません。

処方箋に書かれている量が適正量10倍や0.1倍という経験は何度もあります。
ちょっとしたミスで大きな健康被害を与えかねない仕事だと認識しましょう。

実際に計算を間違えて、本来の10倍量の薬を子どもに調剤したという例もあります。

その他に、注意力や集中力なども大切ですが、先に挙げたものよりは優先順位は落ちると私は考えています。

薬剤師の年収は?学費の元が取れる?

薬剤師の年収データは検索すれば色々出てきますが、現実にそぐわない分類の仕方をしているデータが多いのでご注意ください。

平成28年の厚生労働省発表の資料によれば、薬剤師の平均年収は平均年齢37.4歳で514.9万円となっています。
大学・大学院卒の平均年収と比較すると高い年収です。

 

大学が6年制のため、働ける年齢は自然と2年短くなります。
体力仕事ではないので、定年後も働きやすいとは言いますが、延々と錠剤の刻印をチェックしたりする仕事もあります。
正直、老眼では辛いです。。
このあたりも、いずれ機械がチェックする時代にはなると思いますけどね。

60歳まで雇われて働くとしたら、生涯年収はざっと2億円ぐらいでしょうか。
2億5000万円に届く人は少ないと思います。

 

私立大学の場合、4年で卒業できる国公立大学よりも1000万以上学費が高くなるところもあります。

薬剤師パートの求人は高時給のものも多いですし、しばらく現場から離れていても再就職しやすい環境でもあります。
それでも、1000万円の学費差を埋めるほどの金銭的メリットがあるのかはなんとも言えないところです。

 

また、国公立の薬学部へ入学出来るなら、学部を選ばなければもっと知名度の高い大学に入学出来るでしょう。
大学名だけで就職ができるほど甘くはないとは思いますが、一部の優良企業へ就職したほうが生涯年収は高くなるはずです。

 

薬局やドラッグストアなどは、薬剤師は初任給は高いですが昇給率も高くありませんし、ボーナスも基本給ベースなのでそんなにはいただけません。
余程出世しない限りは、大手の年収は700万ぐらいで頭打ちではないでしょうか?

サラリーマン薬剤師なら、生涯年収(60歳までとして)は2億~多くて2億5千万ぐらいではないでしょうか?

地域差や個人差はもちろんありますが、60歳までに3億に届くサラリーマン薬剤師はほとんどいないと思います。

 

以上の理由により、薬剤師の年収は確かに高いかもしれませんが、お金目当ての選択としてはイマイチだと考えています。

「薬剤師として世に貢献したい!!」という方はどんどん来てください!!
大歓迎でお待ちしております!

スポンサーリンク

薬剤師の将来性→わからないとしか言えません。

今から薬学部に入る人の場合、働き始めるのは6年以上先になります。
6年後がどうなっているのかはわかりません。
調剤の院内回帰、Amazon薬局などによって在宅で薬を受け取れるようになる、などなど色々な未来が推測されています。

全体的には明るくない未来が予想されていると言っても良いでしょう。

 

ただし、世界に目を向けると、例えばアメリカなどでは、研修を受けた薬剤師が予防接種をしています。

現時点では、日本で薬剤師が予防接種するようになりそうな見込みはないですが、「薬剤師を有効活用しよう」という流れが出来てくれば変わってくるかもしれません。

 

本気で医療に取り組みたい方は、医師を目指した方が良いと考えます。

薬剤師はとても重要な仕事をしてはいますが、ほとんどの場合、最終決定権は医師にあります。
薬剤師に出来ることはどうしても限られていると実感しています。

 

AIの発展で職がなくなるという話題もありますが、どんな職業でもその可能性はあるでしょう。
少なくとも、全てがAIに置き換わるのはまだまだ先だと思っています。
本当の意味で便利になるのであれば、早くAIが発達して欲しいと思います。

 

私には未来のことはわかりませんが、薬剤師以外の事も含めて少し考えてみると良いかもしれません。

created by Rinker
¥1,467(2019/04/22 00:26:55時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

子どもを薬剤師にさせたいか?私の結論

将来のことも考えると、あえて薬剤師を薦めようとは思いません。
主な理由は以下の3つです。

・薬剤師は生涯年収が高くありません。優良企業を狙ったほうが年収は高くなるでしょう。

・海外のように、薬剤師の職能が拡大されて予防接種などの仕事をするようになればまた違うと思いますが、このまま行くとあまり明るい未来は感じません。

・本気で医療に取り組みたいのであれば医師の方が良いと思います。薬剤師は医師へ意見を挙げれますが、出来ることは限られています。

最初の方でも言いましたが、私個人の考えとしては、薬剤師はとても大切な仕事を担っていると考えています。
ただ、子どもに薦めるかというと、どうしてもそうは思えません。

私が今高校3年生だとしたら、違う道を選ぶかもしれません。

 

田舎は薬剤師不足が深刻です。
薬剤師はどんどん増えて欲しいと思っていますし、本来「薬剤師を目指しましょう!」と言うべきでしょう。
ただ、私の本音はとしては「あえて薦めない」です。

もちろん、薬剤師になりたい気持ちを否定するつもりもありません。
色々と理解した上で、子どもが「薬剤師になりたい!」と言えば、全力で応援します。

 

どんな職業も、会社も良いことばかりでは無いと思います。
子どもには、本当にやりたいことを仕事にしてもらいたいと思います。

スポンサーリンク