小児用採尿バッグ「ウーリンコレクター」の使い方【男の子でも女の子でも使えます】

小さい子どもの尿検査って本当に大変ですよね。

保育園での定期検査や3歳児検診の時などで、尿を摂ってくるように言われると思います。

おむつが外れるまでは、なかなか難しい子が多いのではないでしょうか?
何度も何度も採尿に失敗してしまって、心折れる保護者の方もおられると思います。

子どもの採尿は、「ウーリンコレクター」などの採尿バッグの使用をおすすめします。

 

「ウーリンコレクター」はドラッグストアや薬局で販売しているところはほとんどありません。
小児科では売ってくれるところもあるかも?

皆さんのお住まいのお近くにあればそれが一番ですが、無いことも考えて別の採尿方法もご紹介しますので、一緒にご覧ください。

小児用採尿バッグ【ウーリンコレクター】の使い方

ウーリンコレクターとは左画像のような商品です。

朝起きてから、一度おしりふきなどできれいにふいて、乾かした後にウーリンコレクターをおむつの中に貼ります。
黄色い部分を剥がすと粘着テープになっているので、そのまま貼ればOKです。

 

子どもの肌に直接貼るものなので、粘着力は少し加減されています。
結果的に少し剥がれやすくなります。

念のため、ガーゼなどを貼る用のサージカルテープなどで剥がれないように補強をしても良いかもしれません。

 

貼った後しばらくして、おしっこが出ているのを確認出来たら、優しく剥がしてあげましょう。
あとは提出用の容器に移すだけです。

上手に貼れたら、かなり簡単に採尿することができます。
最大の問題はあまり売ってるところがないということです。

小児用採尿バッグ【ウーリンコレクター】は男の子でも女の子でも使えます【付け方】

小児用採尿バッグ:男の子の付け方

男の子の場合は、タマも一緒に入れてあげると上手に採尿できます。

小児用採尿バッグ:女の子の付け方

女の子の場合は、全体をかぶせるように貼ってあげましょう。

小児用採尿バッグはAmazonなどでも買えます

小児用採尿バックは、保育園などによっては無料でもらえることもあるようです。

小児科にもあると思いますが、あまり販売をしていると聞いたことはありません。

 

Amazonなどでも買えますがちょっと余らせる量になってしまうのがネックです。

余った分はママ友さんにあげたら喜んでもらえるかもしれませんね。

【小児用採尿バッグを使わない方法】ラップとコットンを使う

小児用採尿バッグは便利だけど手に入りにくいです。
そのため、他の方法も検討しておきましょう。

 

おむつの中にラップを敷いて、その上に清潔なコットンを置いてください。

コットンの量が少なすぎるとあまり量が吸えないかもしれません。
隙間なくラップを敷くとオムツから尿もれするでしょうし、あまりに少ないと上手くコットンに染み込まない可能性があります。

バランスが難しいので、採尿したい日の前日に一度試してみても良いかもしれません。
コットンがない場合はティッシュでも代用可能ですが、コットンの方が水分の吸収がうまく出来ると思います。

この方法は割と上手くいきます。

 

ただし、おむつの中に長時間ラップが入っていると蒸れますし、かぶれの原因にもなりかねません。
できるだけ、ラップが入っている時間が短くしてあげましょう。

寝る前からラップを仕込まない方が良いのではないかと考えます。

小児用採尿バッグ+ラップ&コットンの両方組み合わせるのもあり

小児用採尿バッグで失敗する可能性も考えて、小児用採尿バッグ+ラップ&ガーゼという方法もあります。
ここまですればまず上手くいくでしょうが、子どもの不快指数もかなりのものだと思います。

この場合も、できるだけ短時間の使用で済むようにしてあげたいですね。

 

具体的には、朝起きて一度オムツをきれいにしてからすぐに設置して、朝食と一緒に水分をいっぱいあげてください。

子どもはそんなに多くおしっこを貯めておけないので、多めに水分を飲ませてあげればおしっこも出やすいです。

 

 

小児用採尿バッグの使用で、採尿へのストレスが少しでも減ると嬉しいです。

ちなみに、採尿の準備をしている状態で大をした場合には片付け含めて大変なことになりますが、笑って諦めてください(^^)

 

 

小さいお子さんがいるご家庭では、薬の飲ませ方に困ることも多いと思います。

薬と飲み物の相性の記事も書いていますので、よろしければご覧ください。

関連記事

子どもの調子が悪いから病院へ行って薬をもらったけど、全然薬を飲んでくれなかったという経験はありませんか? 「薬を飲んで早く楽になって欲しいのに…」そう思っても、子どもがすんなり薬を飲んでくれるとは限りません。[…]

【保存版】薬と飲み物などの相性一覧表とその他の注意事項