抗ヒスタミン薬の【年齢/月齢別】使用量一覧【添付文書の記載を元に作成】

15歳未満の量が記載されているものを中心に一部抜粋して、抗ヒスタミン薬の量と年齢の目安を記載しています。

添付文書に記載されている目安の年齢(月齢)をもとに作っていますが、もう少し低年齢(月齢)から使われることもあると思います。

 

最初に表、その後文章でも記載していますので、見やすい方で使ってください。

文章については、【】内に、増量になる年齢(月齢)も記載しています。

抗ヒスタミン薬の【年齢/月齢別】使用量一覧表

抗ヒスタミン薬の【年齢/月齢別】使用量一覧

※クリックで拡大しますが、サイズが大きいので見やすくはないかもしれません。

6か月から使える抗ヒスタミン薬

レボセチリジン(ザイザル)シロップ【6か月、1歳、7歳、15歳】

対象:レボセチリジン塩酸塩(ザイザル)シロップ0.05%、5mg錠

6ヶ月~1歳未満:1回2.5mL 1日1回
1歳~7歳未満:1回2.5mL 1日2回
7歳~15歳未満:1回5mL(0.5錠) 1日2回
15歳以上:1回5mL(1錠) 1日1回就寝前

関連記事

ザイザルシロップは、小さいお子さんの鼻炎などで良く使われています。基本的に飲みやすいシロップですが、わずかに苦味もあるので、嫌がるお子さんもいます。7歳からはザイザル錠も使えるようになります。保護者からの相談の多い、味や[…]

フェキソフェナジン(アレグラ)ドライシロップ【6か月、2歳、12歳】

対象:フェキソフェナジン塩酸塩(アレグラ)ドライシロップ5%、30mg錠、60mg錠

6ヶ月~2歳未満:1回0.3g 1日2回
2歳~12歳未満:1回0.6g(30mg錠 1錠) 1日2回
12歳~ :1回1.2g(60mg錠 1錠) 1日2回

関連記事

「薬と飲み合わせが良くないジュース知ってる?」と聞かれて、思い当たるジュースは何ですか?ジュースって、グレープフルーツジュースのことでしょ?と思われた方、8割は正解です。しかし、グレープフルーツジュース以外にも、りんごジュー[…]

ケトチフェン(ザジテン)ドライシロップ【6か月、2歳、7歳】

対象:ケトチフェン(ザジテン)ドライシロップ0.1%、シロップ0.02%、1mgカプセル(錠)

6ヶ月~2歳未満:1回0.4g(2mL) 1日2回朝食後・就寝前
2歳~7歳未満:1回0.6g(3mL)  1日2回朝食後・就寝前
7歳~ :1回1g(5mL/1カプセル) 1日2回朝食後・就寝前

1歳から使える抗ヒスタミン薬

クレマスチン散(タベジール、テルギンG)【1歳、3歳、5歳、8歳、11歳、15歳】

対象:クレマスチン散(タベジール、テルギンG)0.1%、タベジールシロップ0.01%、1mg錠
※タベジール散は0.1%と1%があるので注意!0.1%で記載しています。

1歳~3歳未満:1回0.2g(2mL)  1日2回朝晩
3歳~5歳未満:1回0.25g(2.5mL) 1日2回朝晩
5歳~8歳未満:1回0.35g(3.5mL) 1日2回朝晩
8歳~11歳未満:1回0.5g(5mL) 1日2回朝晩
11歳~15歳未満:1回0.65g(6.5mL) 1日2回朝晩
15歳~5歳未満:1回1g(10mL/1錠) 1日2回朝晩

メキタジン(ニポラジン・ゼスラン)細粒/シロップ【1歳、3歳、5歳、8歳、11歳】

対象:メキタジン(ニポラジン・ゼスラン)細粒0.6%/シロップ0.03%、3mg錠

※用法・年齢により適応が異なります。

気管支炎

1歳~2歳未満:1回0.2g(4mL) 1日2回
2歳~4歳未満:1回0.3g(6mL) 1日2回
4歳~7歳未満:1回0.4g(8mL) 1日2回
7歳~11歳未満:1回0.6g(12mL) 1日2回
11歳~:1回1g(1回20mL/2錠) 1日2回

アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患

1歳~2歳未満:1回0.1g(2mL) 1日2回
2歳~4歳未満:1回0.15g(3mL) 1日2回
4歳~7歳未満:1回0.2g(4mL) 1日2回
7歳~11歳未満:1回0.3g(6mL) 1日2回
11歳~:1回0.5g(1回10mL/1錠) 1日2回

2歳から使える抗ヒスタミン薬

オロパタジン塩酸塩(アレロック)顆粒、ドライシロップ【2歳、7歳】

対象:オロパタジン塩酸塩(アレロック)顆粒0.5%、ドライシロップ1%、2.5mg錠、5mg錠

2歳~7歳未満:1回0.5g(ドライシロップ0.25g)(2.5mg錠 1錠) 1日2回
7歳~ :1回1g(ドライシロップ0.5g)(5mg錠 1錠) 1日2回

 

オロパタジンのドライシロップ1%が「日本臓器」から発売されてます。
ドライシロップ日本臓器のみ1%製剤なので、調剤時に注意が必要です。ご注意ください。

関連記事

2歳から使えるアレルギーの薬、アレロック顆粒0.5%の顆粒タイプのジェネリックは以前から発売されていましたが、新しくドライシロップ1%製剤が発売になるのでまとめてみました。[adcode]オロパタジンドライシロップ1% 「日本臓[…]

セチリジン塩酸塩(ジルテック)ドライシロップ【2歳、7歳、15歳】

対象:セチリジン塩酸塩(ジルテック)ドライシロップ1.25%、5mg錠、10mg錠

2歳~7歳未満:1回0.2g 1日2回
7歳~15歳未満:1回0.4g(5mg錠 1錠) 1日2回
15歳以上:1回0.8g(10mg錠 1錠)1日1回就寝前

ペリアクチンシロップ【2歳、4歳、7歳、10歳、12歳、15歳】

対象:ペリアクチンシロップ0.04%、4mg錠
※シロップのみ小児量あり

2歳~4歳未満:1回3mL 1日1~3回
4歳~7歳未満:1回4mL 1日1~3回
7歳~10歳未満:1回5mL 1日1~3回
10歳~12歳未満:1回6.5mL 1日1~3回
12歳~15歳未満:目安なし
15歳~:1回10mL(1錠) 1日1~3回

3歳から使える抗ヒスタミン薬

エピナスチン塩酸塩(アレジオン)ドライシロップ【3歳、7歳】

※用法・年齢により適応が異なります。

対象:エピナスチン塩酸塩(アレジオン)ドライシロップ1%、10mg錠、20mg錠

アレルギー性鼻炎

3歳~7歳未満:1回0.5~1g(10mg錠 0.5~1錠) 1日1回
7歳~:1回1~2g(10mg~20mg錠 1錠) 1日1回

蕁麻疹、皮膚疾患に伴うそう痒

3歳~7歳未満:1回1g(10mg錠 1錠) 1日1回
7歳~:1回2g(20mg錠 1錠) 1日1回

関連記事

エピナスチン(アレジオン)のドライシロップは子どもにも使うことのある抗ヒスタミン薬です。子どもに1日1回で使える抗ヒスタミン薬は貴重ですので、使用されることがありますが、苦味が目立つ薬でもあります。エピナスチンの使い方や注意点に[…]

エピナスチン(アレジオン)の眠気などの副作用と注意点【粉薬は苦いです|市販薬もあり】

ロラタジン(クラリチン)ドライシロップ【3歳、7歳】

対象:ロラタジン(クラリチン)ドライシロップ1%、10mg錠、10mgレディタブ

3歳~7歳未満: 1回0.5g 1日1回
7歳~ :1回1g(錠・レディタブ1錠) 1日1回

関連記事

ロラタジン(クラリチン)は3歳ぐらいから使うことのあるアレルギーの薬です。ドライシロップを中心に、ロラタジンについての情報を書いていきます。クラリチンは花粉症などのアレルギー性鼻炎や蕁麻疹などに使う薬です。アレルギー性鼻炎、[…]

ロラタジン(クラリチン)の味や飲み方と眠気などの副作用

7歳から使える抗ヒスタミン薬

対象:ベポタスチン(タリオン)錠5,10mg

1回10mg錠 1錠 1日2回

12歳から使える抗ヒスタミン薬

デザレックス錠5mg

1回1錠 1日1回

ルパフィン錠10mg

1回1錠 1日1回

ディレグラ錠

※フェキソフェナジン+プソイドエフェドリン
※錠剤かなり大きいです。
1回2錠 1日2回 朝夕空腹時

15歳から使える抗ヒスタミン薬

  • ビラノア
  • エバスチン
  • エメダスチン(アレサガ)など

これらは小児には使わないので量は省略しています。

アレサガテープは誤解が多いので、子ども用の薬ではありませんが記事にしています。

関連記事

アレサガテープは世界で初めての貼り薬タイプのアレルギー性鼻炎治療剤です。「貼る花粉症の薬」として大々的にワイドショーで報道されたりしました。そのため、知っているという人も多い薬ですが、少々誤解されている方も多いようなので、注[…]

アレサガテープの誤解とメリット【眠気には注意が必要です】

自分のまわりで使われている薬を中心にまとめているので、一部まとめていないものもあります。

ご了承ください。