クループ症候群と治療薬:デカドロンの飲ませ方【子どもの夜中の変な咳】

クループ症候群と治療薬:デカドロンの飲ませ方【子どもの夜中の変な咳】

夜中にお子さんがいつもとは明らかに違う「クオックオッ」みたいに聞こえるいつもと違う咳をしている場合、【クループ】になっている可能性があります。

 

クループ症候群の特徴のある咳や治療薬、そして外来で処方されることの多い【デカドロン】の飲ませ方について書いています。

クループ症候群について【子どもの夜中の変な咳】

クループ症候群が起こる原因はパラインフルエンザウイルス、インフルエンザウイルス、RSウイルスなどのウイルス感染です。

これらのウイルスが原因で喉のあたりの気道が腫れ、普段は聞かないような特徴的な咳が出たりします。

 

子どもの気道は大人と比べて狭いので、少しの腫れで気道が狭くなります。

その結果、クループに特徴的な犬吠様咳嗽(けんばいようがいそう)という犬の遠吠えのような咳が特が出ることがあります。

「ワンワン」や「ケンケン」ではなく、「クオッ」や「ヴオッ」に聞こえることが多い印象です。

オットセイのような鳴き声とも言われます。

 

私は薬剤師なのでクループの診断は出来ませんが、薬局の待合で咳を聞けば、「クループかな?」と予想できる程度には特徴的な咳です。
※特徴的な咳が治まっていたら、まったくわかりません。

 

クループは夜間に悪化しやすいとされますし、患者さんから「今は大丈夫だけど夜中に変な咳をしていた」と言われることもあります。

夜間に変な咳をし始めても、かかりつけの小児科は営業していない事がほとんどでしょう。

 

救急に行くかどうか迷ったら、「こどもの救急」や「小児救急電話相談  #8000」などを活用しましょう。

前者はネット、後者は電話で深夜でもある程度判断してくれます。

 

私なら、呼吸困難により顔色が悪くなっている場合や、首の付け根や肋骨の間などが呼吸のたびにへこんだりする場合などは救急に連れて行くと思います。

クループ症候群の治療薬

クループ症候群の治療には以下のような薬を使います。

  • ボスミン(アドレナリン)吸入
  • デカドロン(デキサメタゾン)内服
  • その他症状に応じた薬

 

気道の腫れを抑える目的で、病院でボスミン(アドレナリン)の吸入をすることがあります。
ボスミンは病院内で吸入しますので、問題なく治療出来ると思います。

症状に応じた薬に関しても、解熱剤や痰の薬などの比較的使用頻度が高い薬が多く、困ることは少ないと思います。

 

ステロイドのデカドロン(デキサメタゾン)の内服は小さい子に飲んでもらうのは少し大変かもしれません。

クループの治療に場合、デキサメタゾン0.1~0.15mg/kgを単回投与します。

体重が10kgなら、デキサメタゾン1~1.5mgを一回だけ飲む、という具合ですね。

 

治療が一回で済むので簡単だと感じてしまいますが、一回ということは「上手く飲めなければ代わりがない」ということでもあります。

子どもは粉薬を上手く飲めなくて嘔吐してしまうことも少なくありません。

デカドロンには錠剤とエリキシル剤がありますが、どちらも飲みやすいとは言えない薬なので、なおさら嘔吐などに注意が必要です。

 

デカドロンが飲みにくい理由は「苦いから」です。

ステロイドは、多くの抗生物質と比較しても苦く飲みにくいです。

強烈な苦味により嘔吐してしまうことがあるので、飲み方について説明します。

デカドロン錠やエリキシルの飲ませ方

デカドロン錠とその粉薬の飲ませ方

デカドロンには粉薬がありませんので、粉薬で渡された場合は錠剤を粉砕しているはずです。

ステロイド全般に言えることですが、デカドロン錠には強烈な苦味があります。

 

コーティングでごまかしてもいないので、錠剤を舌の上に置くだけも、長時間苦味が残るほどです。

それを粉砕したものが口全体に広がったら…と想像しただけで口が苦くなります。

 

10kgのお子さんなら、デカドロン錠0.5mg×3錠相当を粉砕したものを飲むことになります。

粉砕後の粉の重さは0.3g弱と多くはありませんが、子どもなら嘔吐してもおかしくないと感じる苦さです。

そのため、デカドロンをそのまま飲むことは難しく、対策が必須だと考えています。

 

単シロップなどの甘いシロップを混ぜることもありますが、少量の単シロップでは誤魔化せないという意見を多く聞きます。

「にがいのにがいのとんでいけ」や「お薬飲めたね」などを使う場合、粉が表面に出てこないように上手く混ぜてあげれると苦味を感じにくいです。

きなこと砂糖を混ぜて団子を作るのもおすすめしています。

関連記事

苦い薬を子どもに飲んでもらうのは大変ですよね。出来るだけ苦くない薬を選択したいとは医師も考えていると思いますが、子どもの事を考えた結果、その苦い薬が最も適切な薬だから出ているはずです。苦い薬の代表例として、クラリスロマイシン[…]

薬嫌いの子でもなんとか飲める!苦い薬の飲ませ方を薬剤師が教えます。

 

デカドロンは小型の錠剤なので、3歳ぐらいから錠剤のまま飲めている子もいます。

固形物を飲み込むのに慣れていないと反射的に嘔吐することもあるので、お子さんによってどちらが良いかは分かれるところでしょう。

 

体重20kgならデカドロン錠を6錠が適量ですが、6錠飲むのも大変です。

ちなみに、5歳ぐらいになると錠剤が飲める子が増えてきます。

関連記事

子どもは何歳ぐらいから錠剤が飲めますか? 保護者の方からよく質問される内容です。錠剤を飲むことを検討する理由はいくつもありますが、その一つとして「苦い薬を嫌がるから」があります。 […]

錠剤はいつから(何歳から)飲める?子どもの上手な薬の飲み方も教えます。【5歳ぐらいが目安】

デカドロンエリキシルの飲ませ方

デカドロンには、デカドロンエリキシルという液体の薬もあります。

デカドロン錠に比べるとダイレクトな苦さは少なく、甘みもあります。

味を比較するのであればデカドロンエリキシルのほうが飲みやすいと感じるでしょう。

 

デカドロンエリキシルにはアルコールが含まれており、アルコール度数はおよそ5%です。

体重10kgの場合、デカドロンエリキシル換算では15mLほど飲む必要があります(デカドロン錠の粉砕なら0.3g程度です)。

甘みもあるとはいえ、苦味も感じる薬をそれだけの量飲むのもそれはそれで大変に感じると思います。

ちなみに、クループの治療でデカドロンエリキシルを飲んだことによる、急性アルコール中毒の報告は、私が調べた範囲ではありません。

 

「ステロイド」と聞いて不安を感じられる方もいますが、クループに使用する場合は1回のみの使用ですし、副作用が問題になることはまずないでしょう。

関連記事

【飲み薬のステロイド】と聞くと、不安を感じられる保護者の方も少なくありません。 ステロイドを続けたほうが良いような病気がある場合を除けば、頻繁に飲むような薬ではないのは確かです。ただし、子どもに対しても、ぜ[…]