インクレミンシロップの味・飲み方・注意点(遮光|便や舌の着色など)と、子どもの鉄欠乏性貧血の原因・予防

子どもは生後6ヶ月頃から、どうしても鉄分が不足して貧血になりやすくなってしまいます。
鉄分不足による貧血を、「鉄欠乏性貧血」と言います。

特に赤ちゃんの鉄欠乏性貧血では、インクレミンシロップを使うことが多いです。

鉄剤(インクレミンシロップ)の飲ませ方は?
なぜ乳児は鉄欠乏性貧血になりやすいのか?

どうしたら鉄欠乏性貧血を予防できるのか?
鉄欠乏性貧血は何が問題なのか?
インクレミンシロップの味や飲ませ方を確認しつつつ、鉄分補給の大切さを理解していただければと思います。

インクレミンシロップの味や飲み方・飲みあわせ【子どもの鉄欠乏性貧血治療薬】

鉄欠乏性貧血に使う鉄剤はたくさんありますが、乳児に使う場合はほとんどインクレミンシロップでしょう。

インクレミンシロップは鉄剤唯一のシロップ剤なので、赤ちゃんや小さいお子さんでも飲ませやすいです。

インクレミンシロップの味や飲み方【飲み物と混ぜていい?】

インクレミンシロップは、口に入れた瞬間は割と美味しい味ですが、後味は鉄の風味です。

個人的には飲みたくない薬ですが、苦い薬などと比べれば、飲めないお子さんは少ない印象があります。

 

いくつかの飲み物と混ぜて飲んでみたことがありますが、推奨できそうなのはオレンジジュースです。

濃いめの味のものの方が、鉄の味は誤魔化しやすいと思います。

 

赤ちゃんや小さい子に飲ませる場合は、1回に飲む量が1~3mL程度ととても少ないので、スポイトで舌の側面から飲ませるのが一番楽だと思います。

 

子どもに使う別の鉄剤としてフェロミア顆粒もありますが、こちらはさらに鉄の味が強い印象です。

インクレミンシロップの飲みあわせ【薬や飲み物と混ぜていい?】

インクレミンは飲みあわせにも注意が必要です。

  • テトラサイクリン系抗生物質(ミノマイシンなど)
  • 制酸剤
  • セフジニル
  • ニューキノロン系抗菌剤
  • 甲状腺ホルモン製剤(チラーヂンなど)
  • タンニン酸を含有する食品

上記の薬や食品と併用注意とされています。
※個別の判断は、かかりつけ医・薬剤師に確認してください。

 

家で飲むときには、以下の飲み物と混ぜたりすると薬の効果に影響が出ることがあります。

  • 牛乳や乳製品
  • ビタミンCが多いもの
  • コーヒー・紅茶・一部お茶などのタンニンが多いもの

 

詳しくは以下の記事でまとめています。

飲食物と飲み合わせを注意すべき薬一覧

インクレミンシロップの下痢などの副作用と注意点【口、舌、歯、便などが黒くなる】

本剤の副作用集計対象となった 150 例において、副作用及び臨床検査値の異常は認められなかった。(承認時)
引用:インクレミンシロップ5%添付文書

インクレミンシロップは他の鉄剤と比べて気持ち悪くなったり、胃が痛くなったりする消化器系の副作用頻度は少ないと言われます。

しかし、対象がほとんど乳幼児だったとすれば、副作用報告が少なくなってもおかしくはありません。

他の鉄剤のように、下痢や嘔吐、食欲不振などの胃腸症状には注意したほうが良いと思います。

 

また、副作用ではなく注意点ですが、鉄剤は酸化したら黒くなります。

インクレミンシロップは液剤なので、タンニンなどと反応して、舌や歯も含めた口の中が一時的に黒くなることがあります。

 

便や舌が真っ黒になって驚かれることは少なくありません。

事前に説明を受けていなければかなり驚いてしまうと思いますが、珍しいことではありませんので安心してください。

インクレミンシロップを遮光保存する理由は?

インクレミンシロップは光によって徐々に変色していくので、遮光保存とされています。

室内蛍光灯下 8 日間放置後、露光面はうす褐色
室内窓際直射光下 1 時間放置後、露光面はうす黒色
引用:インクレミンシロップインタビューフォーム

 

インタビューフォームのポリ容器へ小分け後の安定性や、単シロップと配合後の安定性を見ると、成分量が大きく変化するわけではなさそうです。

とはいえ、しっかり遮光保存して使っていただければと思います。

なぜ乳児は鉄欠乏性貧血になりやすいのか?

新生児は母体由来の鉄分が肝臓に蓄えられているので、生後6か月ごろまでは鉄欠乏になりにくいです。

その頃から鉄欠乏性貧血に注意が必要になります。

日本人女性は鉄欠乏の方が多いと言われているので、完全母乳育児の場合はお子さんの鉄欠乏に注意しましょう。
もちろん、完全母乳育児でも問題ないお子さんの方が多いので、心配しすぎないようにしてくださいね。

 

母乳中の鉄分は吸収率は良いんですが、含量が少ないので不足しがちです。
粉ミルクは鉄分が多いものもありますが、吸収率は低いです。

そのため、離乳食で鉄分を取るのが理想的です。

どうしたら鉄欠乏性貧血を予防できるのか?

鉄分が多い食事(離乳食)を心がける

肉や魚、レバーなどから摂れるヘム鉄は吸収率が高いですが、鉄分の含有量は少ないです。
それに対して、野菜(小松菜など)から摂れる非ヘム鉄は吸収率が低いですが、鉄分の含有量は多いです。

効率良く鉄分を摂るために、鉄分の多い肉と野菜を両方一緒に食べれると良いでしょう。
また、ビタミンCは鉄分の吸収率を上げるので、一緒に食べれるとなお良いでしょう。

 

とはいえ、鉄分だけを気にするのではなく、バランスよく離乳食をあげるようにして下さい。

注)ほうれんそうは鉄分の含有量が多いですが、シュウ酸も多く含むため吸収率は悪いです。

フォローアップミルク(鉄分が多く含まれているミルク)を与える

フォローアップミルクには鉄分が多く含まれています。
鉄分補給のサポートになります。

 

ただし、必ずフォローアップミルクを使わなければいけないというわけではありません。
どうしても離乳食で鉄分補給が難しい場合に検討すれば良いでしょう。

牛乳やスナック菓子には注意が必要【鉄分不足になるかも】

牛乳は鉄分含有量も吸収率も低いです。
牛乳でお腹が満腹感が得られる結果、離乳食の量が減って鉄分不足の原因になる可能性もあります。

 

3歳未満の乳幼児の牛乳消費は、鉄欠乏性貧血の増加と関連がありそうです。
牛乳を飲みすぎないようにすることで、乳幼児の鉄分不足が改善できる可能性があります。
参考:Health effects of cow’s milk consumption in infants up to 3 years of age: a systematic review and meta-analysis.

 

ジュースやおやつが多すぎても、離乳食が十分量食べれない原因になりかねません。
インスタント食品やスナック菓子などには、鉄分の吸収を妨げるリン酸塩などが含まれていることもあるので、特にあげすぎないようにしましょう。

鉄欠乏性貧血は何が問題なのか? →成長に影響?

鉄欠乏性貧血はまったく症状が出ないこともあります。
子どもは血液検査をする機会も少ないので、なかなか気づきにくい疾患です。

しかし、鉄欠乏性貧血が慢性化すると、子どもの成長に影響が出る可能性があります。

乳幼児期の慢性的な鉄欠乏性貧血は運動機能や、認知機能など様々な影響を与える可能性が報告されています。

 

また、貧血の有無にかかわらず、鉄分不足が子どもの社会的行動に影響を与える可能性などが報告されています。
参考:Dose-response relationships between iron deficiency with or without anemia and infant social-emotional behavior.

鉄分不足は軽視できません。
血液検査などで鉄分の欠乏が発覚した場合は、鉄剤で治療をすることがあります。

 

 

 

鉄欠乏性貧血や鉄分補給の知識を増やすお役に立てたでしょうか?
バランスの良い食事で上手く鉄分を補給してもらいたいと思います。

亜鉛不足とその治療についてもまとめています。
こちらは治療薬についてがメインの記事になります。
>>子どもの低亜鉛血症と治療薬ノベルジンの粉砕について

様々な薬の相性などはこちらでまとめています。
薬と飲み物などの相性一覧表とその他の注意事項