海外旅行に薬を持っていく時の注意点【持ち出せない/持ち込めない薬もあります】

海外旅行に行く際にはいろいろな事前準備が必要ですが、定期的に薬を使用している場合は「薬」の準備も必要です。

そこで問題になるのは、「その薬を旅先に持っていくことが出来るかどうか」です。

日常的に使用している薬でも、必ずしも海外旅行に持っていけるとは限りません。

 

以下の2点を中心に考えていきたいと思います。

  1. 日本から持ち出せるのか
  2. その国に持ち込めるのか

日本からの薬の持ち出し制限

日本で処方されている薬の中にも、日本から持ち出すことが禁じられている薬もあります。

その薬を持って海外に行くことはできませんので、まずはここから確認しておきましょう。

絶対に持ち出せない薬類

個人の治療を目的としていても、日本から持ち出せない薬は以下の通りです。

なお、大麻は日本では医薬品として認められていませんが、類似のものとして記載しておきます。

  • ヘロイン
  • アヘン
  • 大麻
  • 覚せい剤
  • 覚せい剤原料
  • メサドン料

 

この中で使用者数が多そうなのは、「覚せい剤原料」だと思います。

パーキンソン病の治療に使われることのある「セレギリン(エフピー)」や、AD/HDの治療に今後処方が増えるであろう「ビバンせ」が該当します。

関連記事

注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の治療薬として発売予定の【ビバンセカプセル】について調べてみました。既存のAD/HD治療薬との比較もしています。ビバンセカプセル【AD/HD治療薬】についてビバンセカプセルの基本情報ビバンセ[…]

 

覚せい剤原料を使用している場合、海外旅行中だけでも処方を変更する以外の方法はありません。

条件付きで持ち出せる薬

続いて、手続きをすれば持ち出せる薬ですが、「医療用麻薬」と「向精神薬の大半」が該当します。

医療用麻薬

医療用麻薬の使用はそこまで多くはないと思いますが、薬の特性上、本人(場合により家族)が使用を把握していないことはまずないと思います。

医療用麻薬の日本からの持ち出しは、事前に地方厚生局で許可をもらう必要があります。

 

許可には時間がかかるので、予定が決まり次第速やかに連絡するようにしましょう。

この許可は、日本から持ち出す/日本に持ち込むことに対する許可であり、旅行先に持ち込む許可では無い点には注意が必要です。

向精神薬

向精神薬には、睡眠薬や抗不安薬の多くが該当し、てんかんなどの別の病気で使われることもあります。

その他にも、「肩こりでの使用」や「急に血圧が上がった時に頓用」などの例もあり、病名だけで判断することは難しいかもしれないので、念のため確認しておくことをおすすめします。

使用者が向精神薬を治療目的で日本から持ち出す/日本に持ち込むことは、条件付きですが、事前の申請など無くても可能です。

 

ただし、持ち出す総量が一定量を超える場合は、証明書類が必要になります。

持ち出せる総量に関しては、近畿厚生局のホームページなどが参考になります。

使用されている方が多そうなエチゾラムの例をあげると、持ち出せるのは90mgまでとなっています。

証明書類は、処方箋のコピー(原本はもらえないでしょう)や医師の証明書などが該当しますが、海外でも使うためには、英文で記載するなどの配慮が必要です。

 

日本と海外では規制区分が異なることがあります。

日本では向精神薬の睡眠薬として使われているロヒプノール/サイレースはアメリカでは麻薬扱いになり、無断での持ち込みは刑罰の対象になるのでご注意下さい。

海外への薬の持ち込み制限

国ごとにルールは異なる

続いて、海外への薬の持ち込む場合のルールについてですが、当然国ごとにルールは異なります。

そのため、その国の在日大使館などに確認をしましょう。

ネット検索で見つかる場合もありますが、その国の大使館などのホームページを参照しましょう。

ネット上には「最新の情報でない可能性」と「正しくない可能性」がありますので、公式に確認する以上の方法はありません。
当ブログでも気をつけていますが、常に最新の情報であり続けるのは困難です。
これから紹介するアメリカの情報についても、いずれ情報は古くなりますのでご注意下さい。

 

英語が苦手な方でも、「国名+drug」などでも検索できる場合もありますし、グーグル翻訳などの翻訳ツールなども利用すれば、だいたいの内容は理解できそうです。

心配なら英語が得意な人に確認しましょう。

アメリカの場合【2019年時点】

一つの例として、アメリカの情報を見てみましょう。

在日米国大使館・領事館のホームページによると、常習性のある薬(例:咳止め薬、安定剤、鎮静剤、睡眠薬、抗うつ剤、興奮剤)を持ち込む場合は以下のようにしてくださいと書かれています。

●医師の処方であり、旅行中にも必要であるという診断書と処方箋のコピーを用意する。
それらが日本語で書かれている場合、英文に翻訳したものを用意(翻訳した人のサインが必要)。●薬や書類などをまとめて税関に申告。

●治療を受けている本人が必要な量のみ。

●元の容器に入った状態で持ち込む。

常習性のある薬とは→規制物質法

なお、「常習性のある薬」とは、麻薬取締局(DEA)のホームページによると、規制物質法のスケジュールII、III、IV、Vにリストされた薬が該当するようです。

例えば以下のような薬が該当します(一部抜粋)。

  • ほとんどのベンゾジアゼピン系睡眠薬・抗不安薬
  • 酒石酸ゾルピデム(マイスリーなど)
  • 少量のコデインが入った鎮咳剤
  • プレガバリン(リリカなど)

睡眠薬や抗不安薬を使用している方は少なくありませんので、必ずチェックをしておきましょう。

必要な量のみ→多少の余裕はOK

また、「必要な量のみ」とありますが、どれぐらいの日数なら良いのでしょうか。

FDA(米国食品医薬品局)のホームページには90日以内と書かれています。

規制の対象になる薬については別途注意が必要ですし。過剰に持ち込むと、無駄に疑われそうです。

90日以内というルールの範囲で、多少の余裕を持つ程度に抑えましょう。

薬剤携行証明書の持参が安心

規制の対象外の薬を海外に薬を持ち出す場合は絶対に必須というわけではありませんが「英語で書かれた薬剤携行証明書」があれば、余計なトラブルを減らせるかもしれません。

処方医に依頼をするのがベストですが、書いてもらえない場合は、日本旅行医学会の専門医にお願いするか、英文の薬剤携行証明書を作成してもらえるところにお願いできます。

 

医師・薬剤師も各国のルールは知りませんので、その国の大使館などに電話で相談するのが間違いないでしょう。

私も患者さんに聞かれたことがきっかけで、こうして調べることにつながりました。

海外旅行に薬を持っていく時の注意点【簡易まとめ】

  1. 日本から持ち出せるかを確認
  2. 旅行先に持ち込めるかを確認
  3. 制限のある薬なら税関で自己申告
  4. 必要量+少しの余裕分だけ持参
  5. 規制がない薬でも英文の薬剤携行証明書があると安心

飛行機で海外に行く場合には、預けた荷物の温度、液剤の持ち込み、ガス充填(吸入や一部概要など)、ロストバゲージなど別途考えておいたほうが良いこともあります。

今回は、日本からの持ち出しと、海外への持ち込みという2点から考えてみましたが、行く国によって異なるルールを守らなければいけません。

 

各国のルールは必ず自分で確認してください。

実際は、ほとんど問題なく海外に持ち込めることが多いのかも知れません。

そのような体験談も多いですし、周りの海外旅行経験者も同じように言っています。

しかし海外でトラブルになった場合、しかも違法薬物と疑われた場合、想像したくないほど大変な事になると思います。

 

滅多に無いことかもしれませんが、だからこそ、しっかりと備えてもらえればと思います。

海外のルールをしっかりと確認し、トラブルのない楽しい旅行にしましょう。