薬の適切な保管方法と、使用期限の目安【分包された粉薬やシロップは短め】

薬をどれぐらい保管しておけるのか、疑問に思った経験はありませんか?
疑問に思って色々と調べても、明確な答えはなかなか出てきませんよね。

 

それもそのはず、一度処方してもらった薬がどれぐらい使えるのかは明確な決まりがあるわけではありません。

もちろん個別の薬には使用期限がありますが、それは適切な管理が出来ていた場合の品質等が保証される期間です。
適切な管理が出来ていなければ、見た目には異常が無くても、薬の成分が変質していることがあります。

 

基本的な薬の保管方法と、使用期限の目安についてまとめていきます。

薬の適切な保管方法【温度・光・湿度】

薬の保管の基本は、温度・光・湿度です。

温度【室温と冷所】

室温は 1~30℃
冷所は1~15℃
と設定されています。

もちろん例外もありまして、開封前のインスリンなどは2~8℃で保管するように設定されています。

薬を渡された時に特に何も言われていなければ、室温保存(1~30℃)だと考えて問題ないでしょう。
室温保管の薬は、基本的に40℃で6ヶ月以上安定していることが確認されているので、一夏の間であれば30℃を少し超えるぐらいの室内なら安定しているかもしれません。
個人的には、長期間保管する必要があれば、薬を保管する部屋の夏や冬の温度管理はしっかりしておいたほうが良いと考えています。

 

医療機関では、品質を落とさずに薬を管理するために、夏場や冬場の休日でもエアコンをつけっぱなしにすることがあります。
エコではないですが、薬の品質を落とさないようにするためには必要なことです。

 

特別に指示されていないものを冷蔵庫に保管することは個人的にはおすすめしていません。
冷蔵庫では保管場所次第では1℃を下回ることがありますし、冷蔵庫内と室内を出し入れしていると温度差で湿気を帯びやすくなります。

光(特に紫外線に注意)

光(特に紫外線)によって、分解される薬は多いです。
薬の保管は直接光に触れない場所で保管しましょう。

 

特に光に弱い薬については、遮光袋などに入れられて薬をもらうこともあると思います。
遮光袋がついていたものは特に注意するようにしてください。

湿度(湿度が高くならないように注意)

湿度が高いと、色が変わったり、形が崩れてくる薬もあります。
粉薬だけでなく、錠剤でも起こりえます。

 

粉薬は特に湿度の影響を受けやすく、袋の中で固まった上で変色していることもあります。
多く水を使うキッチンなどでは保管しないほうが良いでしょう。

温度・光・湿度を考慮した、理想的な保管方法

室温で保管する薬の場合

温度があまり変わらない場所の、乾燥剤を入れて蓋をした缶の中で保管できれば、温度・光・湿度ともまず問題なく管理が出来ます。

毎回缶から出すのは面倒ですし、短期間の使用であればここまでしなくても良いと思いますが、
保管しておく薬に関してはここまでしておいた方が安心です。

 

それに、薬箱の場所が決まっていれば、いざ使うときに探さなくて良いですよ。

どこにしまったかわからなくなる薬ありますよね。。

冷所で保存する薬の場合

冷蔵庫に保管しましょう。
1~15℃を保てるのであれば部屋の中でも良いですが、一般的には暖房の設定温度は15℃以上になりますよね。

 

冷気の吹き出し口の近くは温度が下がりやすいので、注意しておきましょう。
また、霜が出来ている場合は、霜の近くで保管しないようにしましょう。

薬の使用期限の目安【分包された粉薬は半年ぐらいを目安にしています】

先程説明した保管方法を守っている前提です。

薬剤師として在宅医療に携わっていると、期限のわからない薬が部屋中に散乱している光景を見かけることがありますが、そういう場合は当然除外します。

 

基本的には、薬は処方された日数で飲みきるものとして処方されています。
ただし、熱性けいれんの薬や解熱鎮痛薬などの「必要時」に使う薬については、長期間保管しておくこともありますよね。

 

では、適切に管理できていれば、どれぐらいの期間使用可能なのでしょうか?
これにも決まったルールはありませんが、私が患者さんにお伝えしているのは、以下の期間です。

薬の剤形や特徴保存可能期間(期限)
錠剤・カプセル剤など
粉薬(再分包されていないもの)
1年
一包化された薬
薬局で分包された粉薬など
6ヶ月
シロップ剤原液ならば3ヶ月
水を加えたりしているなら最大7日
坐薬1年
目薬開封後は1ヶ月
開封前は1年
塗り薬開封後3ヶ月
開封前は1年

※どれも明確な根拠があるわけではありません。

しっかりと管理が出来ており、渡された時点で期限が1年以上ある薬を前提として考えています。

 

しっかり管理が出来ていて、薬局内で分包などしていない未開封のものなら1年程度は使用して良いと考えています。
一度開封して再分包したものは、湿気に弱い上、遮光性も失われるため、期限を短く設定しています。

 

シロップには糖分が多く含まれており、雑菌が繁殖しやすい環境であるため他の飲み薬よりも短めの3ヶ月に設定しています。

ただし、水などを加えて調剤されているものに関しては、あまり長持ちはしないと考えましょう。
また、水などを加えない場合でも、中に汚れたスポイトを直接入れたりしていれば、そんなに長持ちはしないでしょう。

シロップの保管については>>>シロップ剤の家での飲ませ方と保存の注意点【水で薄めてはいけないものもあります】もご覧ください。

 

目薬もとても汚れやすいので、開封後は1ヶ月で処分することをおすすめします。

目薬の注意点は>>>目薬のさし方と注意点を解説します【子どもが嫌がる/泣く時の注意点も】をご覧ください。

 

塗り薬も毎回石鹸で手洗いした直後に使っていればもっと長持ちすると思いますが、そこまで清潔に使えている人はあまりいない気がします。
目には見えないですけど軟膏チューブの口部分や、軟膏ツボの中は意外と雑菌が繁殖していると言われています。

長期保管は適切な管理が前提です

結局のところ、適切に保管出来ているか、きれいにつかえているかがポイントになります。
どこにも明確に薬の保管可能期間が書かれていないのはそのせいでしょう。

適切に管理していれば長持ちするのはほとんどのものに共通しますよね。
食べ物でも、車でも、時計でも、人間関係もそうでしょう。

 

人間関係を長持ちさせる方法はわかりませんが、薬を長持ちさせる方法はこの記事である程度わかってもらえたと思います。

 

薬は適切に保管するようにしましょう。
いつもらったかわからない薬は間違って使う前に処分することをおすすめします。

 

子どもの薬の使い方全般についてはこちらの記事でまとめています。