シロップ剤の保存の注意点と、調剤方法の違い【単シロップ|スポイト|計量カップ】

小さいお子さんの場合、シロップ剤をもらうことも多いと思います。
シロップ剤は甘いものが多いですが、小さいお子さんの場合、甘くても嫌がって飲めないこともあります。

 

甘いのが嫌な場合は、水で薄めたりして飲んでも良いものが多いですが、水と混ぜてはいけないものもあります。
また、同じシロップ剤でも、病院や薬局によって調剤のマニュアルが違うので同じ味では無いことがあります。

いつもの薬局でもらったシロップ剤は喜んで飲んでたけど、今回の薬局のは嫌がる。ということもあるかもしれません。

 

シロップ剤の飲ませ方や、注意点についてまとめます。

シロップ剤はどれぐらい保存が出来るの?注意点は?

シロップ剤の中には糖分がいっぱい入っているので、雑菌が繁殖しやすいです。

ペットボトルに入っている開封後のジュースをイメージしてもらうと良いかもしれません。
一度口を直接口付けたペットボトルはそんなに長期間は放置しませんよね?

シロップ剤も中身を一度でも汚してしまうとそんなに長持ちはしません。

 

以下のような場合には、中身を汚してしまう可能性があるので注意してください。

  • 直接口をつける
  • 清潔でないスポイトを直接中に入れる
  • 出しすぎてしまったシロップをまた中に戻す

直接口をつけて飲ませることはさすがにないと思いますが、下の2つはあるかもしれませんよね。

 

短期の使用なら問題ないかも知れませんが、ザイザルシロップなどの長期使用する可能性がある薬については気をつけるようにしましょう。

また、シロップは出来るだけ冷蔵庫で保管したほうが良いと考えています。

 

実際には、病院や薬局でどのように調剤されているのかで保存可能な期間に差が出ることがあります。

シロップ剤の調剤方法の違い【単シロップを使うこともあり】

病院や薬局によって、シロップ剤の調剤方法が違うことがあります。

そのため、同じ薬でも、味の濃さなどが変わることがあります。

シロップの原液のまま調剤する:個人的にはおすすめ

メリット

余計なものを加えていないので、汚染リスクは少ない。

デメリット

1回3.33mLなどのキリの悪い量の時には、量り取ることが困難。
そのような場合、原液での調剤はむずかしい。

薬の味そのままです。

単シロップを加えて調剤する【量もまちまち】

単シロップのことは、とても濃い砂糖水をイメージしてもらえればよいでしょう。

メリット

甘みを加えれる。
ただし、シロップはもともと甘いものが多い上、苦味のカバーには不十分。

デメリット

窓口負担は0円でも、医療費はわずかに増えます。
サービスでしているところもあります。
単シロップを追加することで、汚染リスクがごくわずかに上がる。

甘みが強くなります。

 

単シロップを加える量も、医療機関ごとに異なります。

単シロップが市販品としてドラッグストアなどで売られているのを見たことはありません。
シロップを甘くしたい場合、シロップに砂糖を加えれば似たような感じにはなると思います。

精製水を加えて調剤する

精製水は塩素などの不純物を取り除いた、比較的純度の高い水と考えてください。

メリット

水道水と比較すると純度は高い。
小さいお子さんに煮沸前の水道水を使いたくない場合などにも使える。

デメリット

塩素などを含んでいないので、清潔に管理できていないと雑菌の繁殖などが起こりやすい。

甘みも苦味も薄まります。

水道水を加えて調剤する

メリット

塩素を含んでいるので、精製水と比較すると雑菌の繁殖などを抑えることが可能。
なにより安価。

デメリット

煮沸前の水道水に抵抗感がある人もいる。
特に、乳児には煮沸前の水道水を与えていることは少ないので抵抗感が強いと思います。

甘みも苦味も薄まります。

どうやって調剤されているか区別がつく?

薬情(薬の情報が書いてある紙)やお薬手帳を見てもわからないことが多いです。

このように、病院・薬局によって調剤の仕方が違いますから、同じ薬でも味が変わることもあります。
そのため、前回は飲んでくれたけど、今回は少し嫌がるということも起こりえます。

できるだけ同じ味にしたい場合、毎回同じ薬局で調剤してもらうようにすればある程度解決します。

何でも相談できるかかりつけ薬局(かかりつけ薬剤師)が決まっていると良いですね。

 

個人的は、原液で調剤して、必要に応じて家で薄めてもらったりしたほうが良いと考えています。

しかし、1回量がキリの良い量でないと原液に出来ないので、現実的には難しいことも多いです。

スポイトや計量カップは消毒できる?

シロップ剤に付いてくるのがスポイトか計量カップかもまちまちですよね。

ボトルの目盛りを見て、家のコップなどではかり取るように言われることもあるでしょう。

 

個人的にはスポイトか計量カップを付けてほしいとは思ってますが、医療機関目線で考えると、余分にコストがかかります。
【どちらかを無料でもらえればラッキー】ぐらいに考えてもらえると嬉しいですね。

 

どちらを使う場合も、使ったら毎回洗ってからしっかり乾かすようにしましょう。
スポイトは洗いにくいので、衛生面を考えると、スポイトの先が口につかないように使うのが理想的です。

特に、スポイトをシロップ剤の容器に入れて量り取る場合、スポイトが汚れていたら、残りの薬が全て汚れてしまいます。

 

スポイトの種類によって、短時間の煮沸消毒が可能なものや、ミルトンなどの薬液消毒が可能なものもあります。
スポイトを長く使うのであれば、ちょっと良いスポイトを買って都度消毒するか、使い捨てれるものを大量購入するのも良いかもしれません。

 

 

シロップは、適切に保管するのが難しい薬の一つです。
長期で保管する場合は、特に管理に気をつけるようにしてください。

シロップの味については>>>シロップの味一覧表と、子どもへの上手な飲ませ方をご覧ください。

こちらの記事も良く読まれています。
関連記事>>【保存版】薬と飲み物などの相性一覧表とその他の注意事項

子どもの薬の使い方全般についてはこちらの記事でまとめています。