発達障害の種類と治療薬【疑いがあれば、早めに相談・受診|どこに相談?】

最近、発達障害という言葉を聞くことが増えたような気がしませんか?

我が子は大丈夫だろうか?と薬局でも相談されることがあるので、自分の頭の中をすっきりさせるためにまとめてみました。

 

発達障害といっても、いくつも種類があります。

どれも特徴的なものをまとめているだけなので、特徴の一つが当てはまる=発達障害では決してありません。
その点は絶対に誤解の無いようにお願いします。

 

発達障害は生まれつきの特性のため病気ではありません。

私は発達障害についてとても詳しいわけではありません。
特に病気の特徴に関しては、注意して作成したつもりではありますが、間違った内容もあるかもしれません。
心配があれば、専門医に相談することをおすすめします。 ⇒ 後述します。

ADHD(注意欠如・多動症)

ADHD(注意欠如・多動症)の特徴など

多動‐衝動性、不注意。
片方ではなく両方の場合もある。

 

学童期のお子さんの5%の子がAD/HDだと言われているので、クラスに一人ぐらいはいる計算になります。

男の子のほうが多いと言われています。
成人になっても日常生活に何らかの支障があると感じている割合も3~5割あるそうです。

 

子どものために生活環境を整えてあげることが大切です。

長時間の集中は難しいので、以下の事などに気をつけて、できるだけ集中を妨げないようにしましょう。

  • 休憩時間をきちんと設定する
  • 一回でする作業量を減らす
  • テレビや音楽などは消す

周りから色々と指摘され続けることがないように、家族と周囲の理解とサポートが大切。

 

ADHD(注意欠如・多動症)の治療薬

薬で治療することもあり、コンサータ、ストラテラ、インチュニブなどが使われています。

併用することもあります。

どれも特徴的な薬なので変更時は注意が必要です。

 

今後新たに、ビバンセカプセルもAD/HD治療薬の選択肢となっていきそうです。

ビバンセカプセルの使い方と、各薬の使い分けについては以下の記事でまとめています。

関連記事

注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の治療薬として発売予定の【ビバンセカプセル】について調べてみました。既存のAD/HD治療薬との比較もしています。ビバンセカプセル【AD/HD治療薬】についてビバンセカプセルの基本情報ビバンセ[…]

自閉症スペクトラム障害(ASD)

自閉症スペクトラム障害の特徴

相互的な対人関係の障害、コミュニケーションの障害、興味や行動の偏り(こだわり)の3つが特徴とされる。

症状の差によって周りが受ける印象は大きく変わります。
100人に1~2人存在するとの報告あり。

 

1歳頃から、人の目を見ることが少ない、指さしをしない、ほかの子どもに関心がないなどの対人関連の特徴が見られる。

集団行動が苦手で一人で遊んでいるなど、人と関わるのが苦手。

こだわりが強く、自分の好きなことにはすごく集中が出来るので、中には信じられないほど記憶力が優れている子も多い。
その反面、興味が無いことや初めてのことは不得意なことが多い。

 

大人になってから、対人関係などの悩みがあり病院を訪れる人もいる。
小さいうちから周囲から適切な働きかけがあった場合、成長とともに症状が目立たなくなる人もいる。

自閉症スペクトラム障害の治療薬

薬での治療には、リスパダールやエビリファイなどが使われる。

どちらの薬も、粉・錠剤・液剤などが使われているが、飲みにくい味です。

使用量は医師によって差が大きい印象があります。

学習障害(LD)

学習障害(LD)の特徴

全般的な知的発達には問題がないのに、読む、書く、計算するなど特定の事が苦手とされる。
有病率は2~10%との報告がある。

小学校低学年頃に成績不振などで明らかになることもあるようです。

他の発達障害の症状を合併していることも多いようです。

子どもの成績不振などを子どもの怠慢さのせいにしないようにしていただきたいです。

学習障害(LD)の治療薬

特にこれといったものが無いのが現状です。

ADHDやASDの症状もある場合、そちらの治療をすることは多いです。

発達障害かも?と心配があれば早めに相談しましょう

うちの子発達障害かも?でもどこに相談すればわからない!!と思われることも多いようです。

発達障害の専門医(発達障害診察医)もいますが、専門医はそんなに数は多くないです。

できるだけ、各地域にて「発達外来」をされている病院・医院に受診したほうが良いと思います。

 

 

また、各地域に支援センターで発達障害に関する相談をすることもできます。

山陰の場合は以下のような支援センターがあります。

・島根県東部発達障害者支援センター ウィッシュ(松江・出雲)
・島根県西部発達障害者支援センターウインド(浜田・益田)
・「エール」発達障がい者支援センター(倉吉市)
・こども発達支援センター(鳥取市)

心配があるなら早めに相談・受診するようにしましょう。