ヘパリン類似物質外用泡状スプレー200g容器の注意点や使用感【子どもにも塗りやすい|評判良いです】

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーは先発のヒルドイドとは違う使用感のため、以前から需要は高い商品でした。

 

もともと100g容器しかありませんでしたが、2019年1月に「日本臓器」、「PP」、「ニット―」の3社から、200g容器が発売になっています。

200g容器には100g容器と違う点がいくつかあるので、注意点をまとめます。

個人的には、200g容器はかなり使いやすいと考えています。
特にお風呂上がりに全身に塗る場合などは便利ですし、子どもにも使いやすいです。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーの注意点

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%は「日本臓器」、「PP」、「ニット―」の3社から発売されています。
その3社に共通の注意点です。

①ヘパリン類似物質外用泡状スプレーは、100g容器と200g容器でワンプッシュで出てくる泡の量が違う

200g容器を使用する場合、100g容器と比較して、ワンプッシュした際に出てくる泡の量が倍になります。

100g容器を使用のワンプッシュで出てくる量はあまり多くないので、広い範囲に塗るのであれば、断然200g容器のほうが使いやすそうではあります。

 

ただし、100g容器と200g容器を両方使うことがある場合には、ワンプッシュで出てくる量が倍半分違うので、実際の使用量が大きく変わる可能性があります。

一度出来た習慣はなかなか変えられないもので、普段ワンプッシュで片足分だと思って使っていると、100g容器でもワンプッシュで片足分という使い方になってしまうことがあります。

ヘパリン類似物質は少しベタッとするぐらいしっかり塗った方が良い薬で、あまり薄く塗ると十分な効果が期待できません。

治療に影響を及ぼす可能性もあるので、お薬をお渡しする際に、しっかりと患者さんに伝えることが大切だと感じます。

②ヘパリン類似物質外用泡状スプレーの200g容器はポンプ式で、100g容器と形状が違う

画像の左側が200g、右側が100gの容器です。

発売当初は100gの容器しかありませんでしたが、200g容器が新発売になっています。

200g容器にはキャップがありません。

毎日お風呂上りに使うことを考えれば、置き型のポンプ式タイプの方が圧倒的に使いやすいでしょう。

持ち運びにはとても不向きな大きさなので、旅行など行かれる際には、ヒルドイドローションの25gなどの方が便利そうです。

ちゃんと泡ハンドソープとの置き場所を分けておかないと、間違えて使ってしまいそうですね。

 

薬局の在庫管理という点では、少し楽になる可能性もあります。

200g容器は1箱3本入での流通になるので、200g一種類に絞ることができれば、在庫管理は楽になる可能性もありますね。

100g容器と200g容器両方在庫しないといけなくなる可能性の方が高そうではありますけどね、、、

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーの効果や使用感【顔にも使えます】

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーの効果【顔にも使えます】

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーはヒルドイドのジェネリックです。
基本的に効果も同一であると考えてもらって良いでしょう。

ただし、同じ「ヒルドイド」でもヒルドイドソフト軟膏とヒルドイドフォームの保湿感が違います。

成分が同一でも種類によって保湿感は異なります。

ヒルドイド同様に顔にも使えますが、目には入らないように注意してください。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーの使用感

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%は、少しベタッとする感じの泡で塗り伸ばしやすく、全身に塗り拡げるのもそんなに面倒ではありません。

実際に使用していると、保湿されている感じもしっかり残ります。
夏場は少しべたつきが気になるかもしれませんが、基本的にオールシーズン使える商品だと考えています。

 

対して先発品の泡タイプであるヒルドイドフォームは、さっぱりかつ少しひんやりしているので、どちらかというと夏向きの使用感だという印象です。

ジェネリックも含めたヒルドイド全般の使用感については、別に記事にしています。
>>>ヒルドイド全般の使用感まとめ【ジェネリックとの比較もあり】を参考にしてください。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー200gの患者さんからの評判は?

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー200gはまだ使われ始めたばかりではありますが、今のところ患者さんからの評判も上々です。

キャップがないメリットは結構大きく、お風呂上がりにじっとしていない子ども達に片手でさっと塗れるのも良いですし、子どもが自分で塗るのも簡単になったという声もあります。

保育園のお母さん同士の口コミで希望された例もありました。

 

個人的にも200g容器は使いやすいと感じますし、塗り延ばすのも簡単です。

また評判が帰ってきたら追記していきます。

 

お子さんの保湿にヒルドイドやそのジェネリックを使っている方は少なくありません。

毎日使うものですし、できるだけ使いやすいものを選びたいですね。

 

関連記事