ラキソベロン(ピコスルファートナトリウム)の味や子どもへの飲ませ方と、下痢や腹痛などの副作用情報【錠剤もあります】

小さいお子さんが便秘に悩まされることも珍しくありません。

子どもの便秘へ薬を使う場合、まずは酸化マグネシウムやモビコールなどの浸透圧性便秘薬を使用することが推奨されています。
それでも便が出ない場合などを中心に、刺激性の便秘薬を使うこともあります。

子どもから大人まで幅広く使うことのある刺激性の便秘薬【ピコスルファートナトリウム(先発品:ラキソベロン)】についてまとめます。

ラキソベロン内用液の飲ませ方:溶かして飲むのが基本

ラキソベロンには錠剤と内容液があります。

お子さんには、ラキソベロン(ピコスルファートナトリウム)内用液が使われることがほとんどでしょう。

 

ラキソベロン(ピコスルファートナトリウム)内用液の指導箋には、「1日1回寝る前に適量の水(コップ1杯程度)に溶かして飲むように」などの記載があります。

味は甘く、不味くて飲めないという話は聞いた記憶がありません。
嫌がらず飲めることがほとんどではないでしょうか。

水に滴下して服用することが推奨されていますが、お茶・オレンジジュース・牛乳と混ぜた場合には、明らかな配合変化は無いようです。

 

年齢(月齢)毎の目安量と1本で使える日数の目安を表にまとめました。

年齢6ヵ月以下7~12ヵ月1~3才4~6才7~15才成人
滴数2滴3滴6滴7滴10滴10~15滴
1本で使える日数(目安)75日50日25日21.4日15日10~15日

ラキソベロン(ピコスルファートナトリウム)内用液は1本が10mL、15滴で1mL相当なので、1本で約150滴相当です。

 

なお、ラキソベロン錠1錠はラキソベロン内用液5滴に相当します。

1~3歳のお子さんの適量が1回6滴ですので、1歳の子に錠剤1錠出てもおかしな量ではありませんが、現実的ではないですね。

ラキソベロンは絶対に溶かさないといけない?

小さいお子さんにコップ1杯の水を飲ませるのは大変です。
生後6か月未満のお子さんだと、お水を飲んだことがない子もいます。

実は、ラキソベロンは絶対に水に溶かさなければいけないという薬ではありません。
口の中に長時間薬が残らないようにするために水に溶かすことが推奨されています。

 

そのため、小さい子には「口の中に直接何滴か落として」と説明されることもあります。

ただし、直接口内に落とす場合には、以下の2点について懸念があります。

  • 落としすぎてしまったら減らせない(過剰投与の可能性)
  • 口の中に長時間残らないようにしたい

水分が飲める年齢なら、水分に溶かして飲んだほうが良いでしょう。
難しければ直接滴下も仕方ないと考えますが、その後速やかにミルクか授乳などをするようにしましょう。

絶対に水分に溶かして飲む便秘薬としては、「モビコール内用液」があります。

ラキソベロンは子どもにも使えるの? →使えますが、短期間の使用が基本です。

浸透圧性下剤による治療が無効な例に対して,刺激性下剤,消化管運動賦活薬,漢方製剤が有効な場合がある(推奨度 B)

海外のガイドラインでは,刺激性下剤の使用はあくまで fecal impactionの再燃を避けるための救済的な治療で,短期間投与が原則であり,乳児には推奨されていない.
また,浸透圧性下剤と同様,薬剤の効果に関するエビデンスも十分とはいえない
参考:小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン

まずは浸透圧性便秘薬(酸化マグネシウムモビコールマルツエキスなど)の使用が推奨されています。
ラキソベロン(ピコスルファートナトリウム)は刺激性の薬なので、浸透圧性の薬で無効な場合に使うのが基本となります。

ちなみに、「fecal impaction」とは宿便のことです。
海外のガイドラインでは宿便防止に、短期間の使用が原則とされています。

日本においては乳児にも使用されることがあります。

ラキソベロンの副作用:下痢や腹痛など

各種便秘症、術後排便補助、造影剤(硫酸バリウム)投与後の排便促進
ラキソベロン液の承認時及び使用成績調査における安全性評価対象7,561例中92例(1.2%)に112件の副作用が認められ、主なものは腹痛57件(0.8%)、腹鳴15件(0.2%)、悪心・嘔吐12件(0.2%)等の消化器症状であった。
また、副作用とされた臨床検査値の変動はなかった。(使用成績調査終了時)
引用:ラキソベロン内用液添付文書

ピコスルファートナトリウムは、刺激性の便秘薬なので腹痛の原因になることが多いです。
その他にも、お腹がゴロゴロとなる、吐き気や嘔吐、下痢なども報告されています。

中には、かなりお腹を痛がる子もいます。

気になるようでしたら、一度使用を中止してかかりつけの医師・薬剤師に相談しましょう。

ラキソベロン内用液の注意点【目薬と間違えないように】

ラキソベロン内用液は目薬によく似た形をしており、
実際にラキソベロンを点眼してしまったという例もあります。

ラキソベロンのパッケージには、「目には入れないこと」や「下剤」と大きく書いてありますが、目が見えにくい方もおられます。
目薬とラキソベロンの両方が処方されている場合などは特に注意してください。

急に実家に預けることになった場合などは、滴数も含めて、薬の使い方をしっかり説明してくださいね。

 

 

子どもの慢性便秘については、以下の記事にまとめています。

関連記事

子どもは便秘になりやすいと言われますが、慢性便秘になるとなかなか大変です。うちの子も慢性便秘なので、大変さはとても良くわかります。まったく便秘にならない子もいるそうですが、便秘持ちの子を持つ私としては親としては羨ましい限りで[…]

子どもの慢性便秘は早めの対策がポイント【便秘薬も紹介|水分や食事も大切です】