インフルエンザ治療薬を薬剤師が比較【簡単な一覧表も作成しました】

インフルエンザの治療薬といえば、何が思いつくでしょうか?
やはりタミフルが最初に思いつく方も多いのではないでしょうか。

今やインフルエンザ治療薬は主に5種類になっています。

インフルエンザの主な治療薬について、比較・説明していきます。

インフルエンザ治療薬【飲み薬:タミフル、ゾフルーザ】

【インフルエンザ治療薬1】タミフル(オセルタミビル)

インフルエンザ治療薬の中で一番有名な薬だと思います。
カプセルタイプと粉(ドライシロップ)タイプがあります。
インフルエンザの治療薬では唯一の粉薬のため、乳幼児に使えるのは、点滴薬のラピアクタか、タミフルドライシロップの2択です。

おそらく2020年シーズンには、ゾフルーザ顆粒も使えるようになっていると思います。

 

一時期タミフルを飲むと異常行動が起こると大きな話題になり、ここ10年ほどは10代へは原則使用しないこととされていましたが、タミフルを飲んでも飲まなくても異常行動を起こす可能性は変わらないというデータが十分に揃ってきたので再開になっています。

抗インフルエンザウイルス薬の安全対策について(厚生労働省)

お子さんがインフルエンザになった際には、薬を飲む飲まないに関わらず、異常行動に気をつけましょう。

 

治療は1日2回5日間薬を続けます。
自費になりますが、予防投与として1日1回10日間薬を続けるという使い方もあります。
予防投与は、原則的には重症化しやすい患者さんが対象になります。

苦味があるので、ココアの粉末や練乳などに混ぜて飲みやすくしてあげることも検討しましょう。

 

 

新たにジェネリックの選択肢も出てきています。
ジェネリックを選択すれば、薬代も大きく変わります。検討してみても良いでしょう。

タミフルドライシロップのジェネリック:オセルタミビルDS3%「サワイ」については味なども含めて>>オセルタミビルDS3%「サワイ」の味は思ったより美味しかった!!にまとめています。

【インフルエンザ治療薬2】ゾフルーザ:新作用機序の新薬

2018年発売の新薬で錠剤と顆粒があります。
1回飲むだけで治療が終了するので簡単さでは圧倒的優位です。

現状では、顆粒は20kg以上の人にしか使えません。

今までのインフルエンザ治療薬とは作用機序が違う上に、一回飲むだけで治療が完了する夢のようなインフルエンザ治療薬。と最初は考えていましたが、蓋を明けてみたらデータがほとんど集積されないままの発売でした。

日本小児科学会の「2018/2019 シーズンのインフルエンザ治療指針」 でも、十分なデータがないので、検討中となっています。

 

服用後のウイルス検出時間が24時間との報告もありますが、24時間経ったら周りに感染させる可能性は0かというと疑問は残ります。

また、耐性化しやすいという話題が上がっていますが、それも含めて、まだまだデータが揃ってないという印象です。

 

データが出揃っていないので、そんなに急いで使わなくても…というのが本音です。
とはいえ、1回飲むだけで済むという大きなメリットもあるので、ある程度使用されるとは思っています。
個人的な意見としては、現時点では積極的に使いたいとは思ってないです。

インフルエンザ治療薬【吸入薬:リレンザ・イナビル】

【吸入薬】リレンザとイナビルに共通する特徴

  • 気管支攣縮(呼吸をした際の空気の通り道である気管支がけいれんして細くなってしまう)の報告があるので、気管支ぜんそくなどの患者さんには推奨されていない。
  • 乳製品アレルギーがある方は、アナフィラキシーの可能性があるので注意したほうが良い。
  • 5歳ぐらいから使用は可能だが、5歳の子が上手く吸えるかどうかは正直疑問があります。

吸える能力があからといって、きちんと言うことを聞いてくれるとは限りません。

【インフルエンザ治療薬3】リレンザ

吸入の手技が少し複雑なので、使い方を理解するのに少々時間がかかります。

高齢の方に頑張って説明したけど、どうしても使えなかったという苦い経験もあります(吸える肺活量はありました)。

少し癖がある吸入器ですので、わかりにくければ動画などで確認した方が良いかもしれません。

YouTubeですが、参考動画としてはこちらなどがあります。→リレンザ吸入方法・子供用

 

治療は1日2回5日間薬を続けます。1回2吸入する必要があるので、慣れるまでは5分ぐらいは時間がかかるかもしれませんね。
自費になりますが、予防投与として1日1回10日間薬を続けるという使い方もあります。
薬の使用回数はタミフルと同じです。

 

少し手間がかかるので、同じ吸入でもイナビルの方が楽ではあります。

ただし、リレンザはイナビルと比較して、二峰性の発熱(一度熱が下がってから、再発熱すること)の割合が少ないと言う報告があります。
参照:Comparison of the clinical effectiveness of zanamivir and laninamivir octanoate for children with influenza A(H3N2) and B in the 2011–2012 season

二峰性の発熱に関しては、特に差がないという報告もあります。

【インフルエンザ治療薬4】イナビル

一度に4回吸入するだけで終わる薬なので、時間に余裕があれば、薬をもらったその場で吸って終わりにすることも可能。

吸入の手技はリレンザよりも単純だが、1回失敗することによる薬の吸入量のロスが大きいので注意が必要です。

薬局で説明を受けながら吸えれば、うまく吸えてるかどうかを見てもらえるので安心ですね。

予防の場合は、1回もしくは2回に分けて吸うといった使い方になります。

 

お子さんや高齢の方が使う場合は、練習用の吸入器で音がなるのを確認してから使った方が良いと考えます。
かなり吸い残しが多い印象があります。

インフルエンザ治療薬【点滴:ラピアクタ】

【インフルエンザ治療薬5】ラピアクタ

インフルエンザ治療薬の中で、唯一の点滴薬です。

大病院などでは良く使われているようですが、私は実物を見たことがありません。

確実性は高いですが、コストが高くつく上に、点滴なので痛みもあります。
多くの方にとって、積極的に使うものではないように感じています。

 

他の治療薬よりも早くウイルスを退治するという報告もありますが、熱が早く下がると言うわけではなさそうです。
参照:Clinical and virologic effects of four neuraminidase inhibitors in influenza A virus-infected children (aged 4-12 years): an open-label, randomized study in Japan.

インフルエンザ治療薬簡易一覧表

 

タミフル

ゾフルーザリレンザイナビルラピアクタ
成分名オセルタミビルバロキサビルザナミビルラニナミビルペラミビル
投与方法飲み薬飲み薬吸入薬吸入薬点滴薬

用法用量

1日2回
5日間
1回1日2回
5日間
1回(4吸入)1回
薬価
(成人)

2720円
GE:1360円

4789円
80kg以上:9578円

2942円

4279.8円6216円

80kg以上の成人の場合、タミフルのジェネリックの【オセルタミビルカプセル75mg「サワイ」】とゾフルーザの薬価は7倍以上違います。

インフルエンザ治療薬【番外編:麻黄湯】 

別で記事にしてますので、こちらをご覧ください。

関連記事

結論から言うと、私は麻黄湯はインフルエンザに効果的だと考えています。以前のインフルエンザ治療薬の記事では麻黄湯について書ききれなかったので、追加の記事です。前回の記事はこちらをご覧ください。>>【どれが使いやすい?】インフル[…]

飲みにくいことを除けば、個人的には良い選択肢だと考えています。

自分や家族(子ども含む)のインフルエンザ治療に使いたいのは麻黄湯かタミフルです

ここまで紹介した薬の中で、自分や家族(子どもも含む)がインフルエンザになった時に使いたいと考える薬はタミフルもしくは麻黄湯です。

仕事を気兼ねなく休めるなら、自分なら麻黄湯を使うか、【薬を飲まないで寝ている】という選択肢を選びます。

子どもに対しては、少しでも早く楽にしてあげたいので、薬を使う選択をするでしょう。

自分や家族の病歴なども加味しての判断です。
病歴などによっては、どの治療薬も選択肢に入ると思います。

 

インフルエンザ関連記事

インフルエンザ対策には部屋の加湿をしたほうが良いと考えます。>>>インフルエンザ対策には加湿がポイント【おすすめ加湿器も】をご覧ください。

インフルエンザの予防にうがいは効果的か?>>>うがいのインフルエンザ予防や風邪予防の効果と、うがい薬の必要性についてに、データを示しています。

インフルエンザ全般については>>>インフルエンザの基本と注意点【痛み止めや風邪薬を使わない方が良い?】をご覧ください。