乳児脂漏性湿疹のケアや受診目安について【顔や首などのかさぶたのようなものや黄色い湿疹】

赤ちゃんに肌トラブルが起こると、肌のケアの方法に不安を感じてしまいませんか?
赤ちゃんなのに痛々しい肌で、かわいそうになることも多いかもしれません。

生後半年ぐらいまでに多く起こる肌トラブル「乳児脂漏性湿疹」について簡易的にまとめます。

【はじめに】赤ちゃんの肌について

肌トラブルが起きた時に色々と調べると、様々な情報が出てきて、何が正解かわからなくなりますよね。
それもそのはず、赤ちゃんの肌はどんどん状態が変化していきます。

生後間もない頃から半年になる前ぐらいにかけては皮脂が大量に分泌されていますが、その後は皮脂の分泌量がどんどん下がっていきます。
つまり、月齢や肌の状態に応じて、適切なお肌のケアは変わってきます。

 

生後半年ぐらいまでは、余分な皮脂が残らないようにしっかり沐浴や入浴で洗い流してあげましょう。
首周りなどや股のあたりなどもしっかり洗うようにしましょう。保湿も大切です。
それ以降になると、皮脂が減って乾燥しやすくなるのでより保湿が大切になります。

乳児脂漏性湿疹について【赤ちゃんの顔などにできたかさぶたのようなもの】

乳児脂漏性湿疹とは

赤ちゃんの顔や頭皮にかさぶたのようなものができたり、黄色い湿疹ができているのを見たことはありませんか?
それが乳児脂漏性湿疹で、基本的には首から上だけ症状が出ます。

 

生後半年くらいまでの赤ちゃんは皮脂の分泌が活発になっており、そこに汚れが混じって乳児脂漏性湿疹になります。
その期間を過ぎれば少しづつ良くなってきます。

うちの場合は、上の子は脂漏性湿疹がひどくて色々と調べてケアしたり受診したりしていましたが、下の子はほとんど大丈夫でした。

アトピー性皮膚炎との区別は?

アトピー性皮膚炎との区別は難しいと言われています。

アトピーは痒みがある、首から上以外にもひじやひざにもできる、赤みがある、ずっと続いているなどが特徴です。
乳児脂漏性湿疹は基本的に痒みありません。症状が出るのは首から上だけで、基本的には赤くないですが赤みが出ることもあります。

長い期間経過を観ていないと区別がつきにくいので、医師でも判断が難しいようです。

乳児脂漏性湿疹のケアや受診目安は?

放置すると細菌感染などが起こることがあります。
まずは家庭でできるケアをしていきましょう。

基本的なケア【ベビーオイルやワセリンなどを活用】

皮脂の分泌が多いことが原因なので、お風呂などで毎日きれいに洗ってあげることが大切です。
かさぶた状のものは無理に取らないようにしましょう。

 

ベビーオイルやワセリンなどをつけてふやかした後、ベビーシャンプーなどをよく泡立てて、やさしく洗うようにしてください。
脂分なのでオイルなどをつかうのが基本です。
気になっても、強くごしごし洗わないようにしてくださいね。

他に注意できること【寝具を清潔に、爪を短く】

他に注意することとしては、寝具を清潔に保つことや、引っかいて傷を付けないように爪を短く切っておくことなどが挙げられます。

 

赤ちゃんは汗をすごくかく上にずっと布団の上で寝ているので、寝具のお手入れはより念入りにする必要があります。
カバーやシーツは毎日か2日に一度は洗ってあげましょう。洗剤も赤ちゃんにやさしい洗剤を使ったほうが良いです。
布団も数日ごとには干すようにしてあげてください。

 

赤ちゃんの爪切りは3日に一度ぐらいはした方が良いと思います。一週間も間をあけてると結構伸びますからね。
ちなみに、赤ちゃんの爪を切る時は、”ふかづめ”や”まきづめ”にならないように白い部分を残しつつ角もできないように切るようにしましょう。
けっこう嫌がって暴れるので大変ですよね。うちの子たちの時は授乳中に切ってました。

 

爪を上手く切れない場合などは、ミトンなどを使っても良いかもしれません。
私の経験上、だいたい気が付いたら外れてましたけどね。
ミトンは窒息の原因となり得ます。使う場合は必ず注意してもらうようにお願いします。

受診目安は? →症状が落ち着いていれば大丈夫

基本的には、上記のケアをしっかりしてあげて症状が落ち着いていれば受診は必要はありません。
別の理由で受診がある時に相談するぐらいで良いと思います。
ただし、症状が悪化して肌が膿んできたりすると、二次感染などを起こして他のところにうつることもあるので受診するようにしましょう。
また、肌をひっかいてとびひになることもあるので、水ぶくれが出来たら受診するようにしてください。

 

赤ちゃんの保湿については>>【アレルギーの原因にも?】子どもの保湿の重要性とポイントも参考にしてください。

 

乳児脂漏性湿疹は基本的に自然に治っていくので、心配しすぎないようにしつつ、できることをやってあげましょう。