【ネブライザーの種類と比較】オムロンNE-C28がおすすめ【薬液に適した商品を選ぼう】

子どものぜんそく治療に、ネブライザーが必要になることがあります。

薬局でよく質問されるのがコチラ。

母 疑問
どんなネブライザーを選べばいいの?

どのネブライザーを選べばいいのかわからない、あなたの疑問を解決します。

 

私はネブライザーの専門家ではありませんが、薬局薬剤師という立場上、毎月のように相談されています。

相談される内容として多いのは、以下の3点です。

  • 値段の安さ
  • 使いやすさ
  • 吸入時間の短さ
  • 静かさ

 

どれも大切なことですが、その3つの前に、一つだけ確認していただきたいことがあります。

その薬液に適したネブライザーを選択できているか?

 

気になる点は多々あると思いますが、適したネブライザーを選択できなければ、適切に吸入出来ないなど困りごとが出てきてしまいます。

 

最初に私が一番おすすめすることが多い商品を紹介しておきます。

実際の使用者からの口コミを集めていった結果、多くの場合でNE-C28をおすすめしています。

商品名・メーカーNE-C28 オムロン
ネブライザーの種類コンプレッサー式
価格(目安)13000円
Amazon総合評価(2019年1月時点) 4.1
特徴・壊れにくく、お手入れ簡単
・薬液を選ばず使える
created by Rinker
オムロン(OMRON)
¥13,286(2019/12/11 14:50:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

ネブライザーの選び方について、基本的なことから順番に説明していきます。

かなり長くなってますので、目次から気になる部分だけご確認ください。

ネブライザーは薬液を噴霧する機器【スチーム吸入器とは違う】

ネブライザーはぜんそく治療のために使われる液状の吸入薬を霧状にして吸うための機器です。

ネブライザーにより薬液をすごく細かい霧状にすることができ、肺の奥の気道まで薬を届けることが出来ます。

そのため、吸入力が弱い子どもでもしっかり効果が出ますし、吸うタイミングを合わせる必要もないので簡単です。

 

ネブライザーでの吸入は、1回で5分以上はかかります。

吸入を短時間で済ませたい場合は、ネブライザーの種類にはこだわりましょう。

 

ネブライザーと間違えやすい商品として「スチーム吸入器」がありますが、使用目的が違います。

薬液を吸入する場合はネブライザーを、鼻や喉の粘膜の保湿を目的とする場合などはスチーム吸入器を使用してください。

ネブライザーの種類

ネブライザーを大別すると以下の3種類になります。

  1. コンプレッサー式ネブライザー(ジェット式ネブライザーとも)
  2. 超音波式ネブライザー
  3. メッシュ式ネブライザー

それぞれの特徴を簡単に説明していきます。

コンプレッサー式(ジェット式)ネブライザーの特徴【薬液を選ばない】

機械内のコンプレッサーにより、空気を圧縮させることで中の薬剤を霧状に噴霧させます。

※なお、「パルミコート吸入液」には、「ジェット式ネブライサーを使用してください」という文言が記載されています。

 

コンプレッサー式ネブライザーのメリット

・パーツのお手入れが簡単なものが多い

コンプレッサー式ネブライザーは吸入液を選ばず使える

 

コンプレッサー式ネブライザーのデメリット

・サイズが大きく重ため(家庭でも充分使えるサイズです)

・他のネブライザーより音が大きい

超音波式ネブライザーの特徴:使えない薬液が多いので注意!

薬液を入れたタンクを超音波で振動させることによって薬液を霧状にして、ファンによって噴霧させます。

病院などでは使われていることもあります。

 

超音波式ネブライザーのメリット

・比較的静か

 

超音波式ネブライザーのデメリット

・使えない吸入液がいくつかある。

子どもに高頻度で使われるパルミコート吸入液に適していないのが最大のデメリット

・ビソルボンなどの吸入液も条件次第では使えない。

メッシュ式ネブライザーの特徴:薬液次第ではメリットも多い

メッシュ付近の薬液が振動によりメッシュの穴から押し出され霧が発生します。

 

メッシュ式ネブライザーのメリット

・サイズが小さく軽い

・電池式のものは場所を選ばず使える

・とても静か

・傾けて使えるタイプのものもあるので、寝転がったままでも吸える

・子どもが自分で持って吸うこともできる。

 

メッシュ式ネブライザーのデメリット

・機種によるが、子どもに高頻度で使われるパルミコート吸入液には向いていない。(コンプレッサー式に比べて2倍程度の時間がかかる上に、メッシュが詰まりやすくなるので頻繁にメンテナンスが必要になると言われています)

メプチン吸入液インタール(リノジェット吸入液)は問題なく使えます。

・メッシュが詰まったら、メッシュは買い替え(1個3000円~)

ネブライザーの種類はコンプレッサー式が無難

ネブライザーの種類として3種類挙げましたが、家庭用なら実質2種類だと考えています。

【重要】ネブライザーの選択

・少し音はうるさいけど、薬液を選ばず吸入できるコンプレッサー式

・薬液によっては使いにくいけど、静かに使えるメッシュ式

 

冒頭の「その薬液に適したネブライザーを選択できているか?」に対してのシンプルな答えですが、

薬剤師 しか
コンプレッサー式が無難でおすすめです。

ただし、今後もメッシュ式で問題ない薬液のみを使う予定なら、メッシュ式の方が便利は良いでしょう。

ネブライザー比較表【オムロンorミリコンキューブ】

ネブライザー比較表

主なネブライザーを比較表にまとめました。

 

基本的にオムロンをおすすめしている理由

ほとんどオムロンのネブライザーなのには2つの理由があります。

  1. 故障時の対応
  2. マウスピースや吸入マスクなどが標準装備

オムロンは故障時の対応が比較的しっかりしています。

仕事で何度もオムロンのサポートセンターと電話やネブライザーの修理のやりとりをしたことがありますが、悪い印象は特にありません。

 

オムロンのネブライザーは「マウスピース」と「吸入マスク」の両方がセットになっているのも安心できるポイントです。

ある程度大きい年齢ならマウスピースだけでも使えると思いますが、吸入マスクがあると小さいお子さんでも追加パーツを購入せずに使えます。

他社のネブライザーの場合、「吸入マスク」が別売りのものもあるので、確認の上購入するようにしましょう。

 

海外製の安いネブライザーも通販で買えますが、故障時には海外とやり取りをする必要があったり、説明書が全て英文の商品もあるので、ご注意ください。

 

先程の表にもそれぞれのアピールポイントは書いていますが、改めてまとめます。

おすすめネブライザーの特徴

・どんな薬でも使えて、耐久性が高く、吸入時間も短め→「NE-C28」

・どんな薬でも使えて少し小型→「NE-C803」

・時間がかかっても静かなものが良い→「NE-U100」、「NE-U150」

・消毒が少し楽→「ミリコンキューブ」

オムロンNE-C28はバランスが良い

長い期間使う可能性も考えると、オムロンの「NE-C28」はおすすめしやすいです。

created by Rinker
オムロン(OMRON)
¥13,286(2019/12/11 14:50:51時点 Amazon調べ-詳細)

オムロンNE-C28のおすすめポイント

オムロンの「NE-C28」をおすすめする理由は以下の通りです。

  • データ上では一番短時間で吸入ができる
  • 長期間使うことになる可能性があるから、丈夫で買い替えリスクが低い商品を選びたい
  • 長期間使った場合のコストが安く済みそうなこと(メッシュ式は交換部品のコストがかかりやすい)

 

Amazonの「NE-C28」評価は以下の通りです。(2019年1月10日調べ)

使いやすさ 4.4
耐久性 4.4
軽量 3.4
総合 4.1

オムロンNE-C28のもう一歩な点は、重くて少し大きいことと、音も少し大きいです

「NE-C28」の重さは約1.9kgと、今回紹介した他のネブライザーより重たいです。

オムロン「NE-C28」の大きさをペットボトルと比較した画像です。
「NE-C803」よりも一回り大きいですが、困るほどではありません。

家で使うなら気にならないと思いますが、持ち歩く可能性があるなら大きなデメリットと感じるかもしれません。

「NE-C803」と比較すると音も少し大きいです。

 

重たくて大きいだけあって、「NE-C803」より耐久性が良いです。

オムロンNE-C28の口コミ

私が勤めている薬局の患者さんには、「NE-C28」を実際に使われている方が10人以上いますが、問題なく使えている方ばかりです。

4年以上毎日使っているけど、トラブルが一度も無かった方もいます。

 

ネガティブな意見は少ないですが、「音がもう少し静かだったら良いのに」という意見は聞きます。

音が大きいのはデメリットですが、同じくコンプレッサー式の「NE-C803」より推定吸入時間が25%程度短くなります。

吸入時間を短くしたいという意見が多いので、結果としてNE-C28をおすすめすることが多いです。

 

迷ったらNE-C28を選んでおけば間違いないと考えています。

created by Rinker
オムロン(OMRON)
¥13,286(2019/12/11 14:50:51時点 Amazon調べ-詳細)

オムロン「NE-C803」は音が比較的静かで安いのがメリット【コンプレッサー式】

コンプレッサー式の中で音が比較的静かなネブライザーが良ければ、「NE-C803」のほうが良いかもしれません。

国内で発売されているネブライザーの中では、値段も安めです。

created by Rinker
オムロン(OMRON)
¥9,900(2019/12/11 13:28:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

くわしくはこちら

ネブライザーの選び方については>>>【ネブライザー(吸入器)の種類と比較】にまとめています。ネブライザーの選び方の記事の内容を簡単にまとめると、以下のような内容になります。 コンプレッサー(ジェット)式ネブライザーは薬液を[…]

オムロンNE-C803は吸入時間は少し長いですが、音が静かで比較的安く購入できるネブライザーです

オムロン「NE-U100」、「NE-U150」は薬液を選ぶが、静かで軽い【メッシュ式】

時間がかかっても静かなものが良い場合は、メッシュ式ネブライザーの「NE-U100」や「NE-U150」も選択肢に入ります。

パルミコートも吸えるとされていますが、メッシュが詰まりやすく、吸入時間は長くなる可能性はあります。

 

くわしくはこちら

本記事ではオムロンNE-U150を紹介しています。色々なネブライザーを比較したい方は、>>>【ネブライザー(吸入器)の種類と比較】をご覧ください。ネブライザーの比較記事の内容を簡単にまとめると、以下のような内容になります。[…]

オムロンNE-U150は音が静かなメッシュ式ネブライザー【一部の薬液との相性は悪いです】

ミリコンキューブは一部レンジで消毒可能

オムロン以外で唯一表に入れている製品として、ミリコンキューブを紹介しています。

値段は少し高いですが、一部のパーツが電子レンジで消毒できるのが特徴です。

オムロンNE-C28をおすすめしています【結論】

ネブライザーにはそれぞれ特徴があるので、一番大切なポイントを優先すべきだと思います。

 

私としては、オムロンのNE-C28をおすすめしています。

その理由を改めて紹介します。

  • 故障時の対応がしっかりしている
  • マウスピースや吸入マスクなど必要そうなものが揃っている
  • 薬液を選ばず使える
  • 大きくて重たく、音も小さくないですが、吸入時間が短縮できる
  • 使っている人の評判も良い
  • お手入れも簡単

 

音が比較的大きいですが、毎日使うのであれば、吸入時間の短縮ができるオムロンの「NE-C28」がおすすめです。

初めてネブライザーを使う方でも簡単に使えますし、余計なパーツを買う必要もなく届いたその日から使えます。

 

created by Rinker
オムロン(OMRON)
¥13,286(2019/12/11 14:50:51時点 Amazon調べ-詳細)