オイラックスとオイラックスHの違いと市販薬(ソフト・A・DX・PZ)の比較【全6種類】

オイラックスとオイラックスHの違いと市販薬(ソフト・A・DX・PZ)の比較【全6種類】

オイラックスクリームとオイラックスHクリームは、名前も見た目のそっくりなので、どうしても間違えやすくなってしまします。

また、市販薬にも「オイラックスA」などオイラックスシリーズはたくさんあります。

 

患者さんに「オイラックスを使ってます」と言われても、オイラックスHだったり、市販のオイラックスAだったり様々なので、念のため確認していく必要があります。

オイラックスシリーズの違いについて紹介します。

オイラックス全種類の共通点はクロタミトン含有

2020年4月時点で「オイラックス」と名のついた製品は、医療用医薬品で2種類、一般用医薬品で4種類の計6種類あります。

 

どれ1つとして全く同じ成分の薬はありませんが、共通しているのはかゆみ止めとして使われている「クロタミトン」が含まれていることです。

塗ると軽い熱感や刺激感を感じることがありますが、通常は短時間で治まります。

 

オイラックスクリームの副作用報告は以下の通り。

熱感・灼熱感16件(1.7%)、刺激症状(ピリピリ感、ひりひり感等)30件(3.2%)、発赤2件(0.2%)、発赤増強・紅斑増悪7件(0.7%)、分泌物増加3件(0.3%)、浸潤傾向2件(0.2%)が認められている。
参考:オイラックスクリーム添付文書

 

クロタミトンの効果は塗った場所のみでしか実感はできないと思いますが、成分は皮膚からわずかに吸収され全身に分布します。

通常塗る量であれば心配する必要はほぼありませんが、海外では過量投与によりメトヘモグロビン血症を起こした報告があります。
参考:Cutaneous overdose with crotamiton and suspicion of methemoglobinemia.

 

乳児のチアノーゼにつながった報告もあるため、極端に広範囲には塗らないほうが良さそうです。

※どれぐらいまでなら大丈夫という基準は報告されていません。

 

製剤の容器のまま保管するのは問題ありませんが、金属に触れると変質し、プラスチック容器に入れると変色することがあります。

オイラックス【H・A・DX・ソフト】の違い

医療用はオイラックスとオイラックスH【違いはステロイドの有無】

「オイラックス」は前述のクロタミトンのみを有効成分とするクリームで、かゆみを抑える目的で使用されます。

※ステロイドは含まれていません。

 

「オイラックスH」は、クロタミトンに加えてステロイドのヒドロコルチゾンを1g中2.5mg含有しています。

ステロイドの強さはそこまでではありませんが、かゆみだけでなく炎症があるなどの症状に使用されます。

なお、Hはヒドロコルチゾン(Hydrocortisone)の頭文字です。

 

どちらも1日数回程度塗るように指示されることが多いでしょう。

オイラックスとオイラックスHはステロイドの有無が異なるため、しっかり区別して使用されることが重要です。

アトピーなどの治療において医師の指示の下ステロイドを長期で続けることは珍しくはありませんが、自己判断でダラダラと続けるものではありません。

 

細菌などによる皮膚感染症や深い傷がある場合などは、原則としてステロイドは推奨されません。

そのような場合は受診するようにしましょう。

関連記事

以前よりかなり減ったきた印象ではありますが、塗り薬をお渡しする時に【ステロイド】であることを伝えると、心配されたり嫌がられることもあります。ステロイド外用薬は適切に使えば、副作用もほとんど気にすることなくしっかり症状を抑えられる薬で[…]

ステロイド外用薬の副作用やよくある誤解・適切な塗り方など

市販薬はオイラックスA・DXなど【違いはステロイドの強さ】

市販薬のオイラックスを大まかに比較すると、以下のようになります。

市販のオイラックスの成分比較

※クロタミトンとステロイド以外にもいくつかの成分が入っています。詳細な違いは第一三共ヘルスケアのホームページでご確認ください。

 

市販の4種類の違いは、基本的には医療用のオイラックス同様、ステロイドの有無と強さで区別すれば良いと考えます。

画像の右に行くほどステロイドが強めになります(どれも市販のステロイドの中で極端に強いものではありません)。

 

なお、オイラックスPZはステロイドランクがMild(日本のステロイドランクの5段階中、下から2つ目)相当の「リドメックス」の半分の濃度です。

オイラックスAとオイラックスDXはどちらもWeak(日本のステロイドランクの一番下)相当になりますが、実際はオイラックスDXのほうがステロイドの効果は強めです。

関連記事

ステロイド外用薬のランク別の表はネットで検索すればたくさん出てきますし、色々な薬の本にも載っています。しかし、私にとって情報が足りなかったり、情報が多すぎたりすることもあります。 例えば、エキザルベ軟膏はス[…]

ステロイド外用剤の強さ一覧表【単剤・合剤・非ステロイドをランク別に作成】

オイラックスHとAの違いは少ない【医療用の代わりに市販薬を選ぶなら】

オイラックスにも色々種類はありますが、今回紹介した6種類の中に全く同じ成分の製品はありません。

そのため、医療用の製品が切れた場合に、市販薬で対処しようとしても確実な正解はありません。

 

比較的違いが少ない組み合わせとしては、オイラックスの代わりにオイラックスソフト、オイラックスHの代わりにオイラックスA、が無難なのではないかと考えます。

※もちろん症状次第ですので、必要に応じて再受診も検討するようにお願いします。