アンブロキソールの効果や副作用について【カルボシステインとの違いは?】

咳がある、痰が出る、鼻水が詰まっている、中耳炎などの症状がある時にアンブロキソール(ムコソルバン、プルスマリン、ムコサール)などがお子さんに処方されたことがあるかもしれません。

基本的にそこまで飲みにくくはありませんし、副作用や相互作用なども気にすることは多くない薬です。

しかし、使用頻度が高いせいか、相談を受けることも多いです。
アンブロキソールについて書いていきます。

アンブロキソールの効果【カルボシステインとの違い|併用することもあり】

アンブロキソールは気道潤滑薬に分類される薬で、気道の滑りを良くすることで痰や鼻水を出しやすく(詰まりにくく)します。
一時的に痰や鼻水が増えたように感じることもあります。

よく比較される薬としてカルボシステインがあります。
カルボシステインは気道粘膜修復薬に分類されており、気道粘膜の分泌を抑制したり、痰の粘りを減らしたりする効果があります。

作用する場所が異なるので併用されることもありますが、大まかに言えば、どちらも痰や鼻水を出しやすくする薬と言えます。

こどもに使用されることも多い薬です。

アンブロキソールの副作用

錠、液、シロップ及びLカプセルを併せた総症例33,196例中副作用(臨床検査値の異常変動を含む)が報告されたのは221例(0.7%)であり、主な副作用は、胃不快感34件(0.10%)、嘔気27件(0.08%)等の消化器症状で、副作用全体の約60%であった(全剤形共に、承認時及び再審査終了時までの集計)。
引用:ムコソルバン添付文書

アンブロキソール製剤は副作用頻度が少なく、軽度のものが多い印象があります。

下痢になるというのも何度か聞いたことがあります(因果関係は不明です)が、頻度は0.1%未満と高くありません。
眠気の相談を受けることもありますが、添付文書には記載がありません。

アンブロキソールの飲みあわせや味の相性

他の薬との相互作用などは特に報告されていませんが、あえて上げるとすれば、ブロムヘキシン(ビソルボンなど)です。
ブロムヘキシンの活性代謝物がアンブロキソールになるので、成分が重複する可能性が考えられます。

とはいえ、アンブロキソールの過量投与に関する情報は特になく、重複して大きな問題になる可能性は低そうではあります。

 

味の相性という面では、一部のアンブロキソール製剤とカルボシステインの組み合わせは少し苦味が目立つことがあります。
飲み物との相性としては、酸味が強いもの(スポーツドリンクやオレンジジュースなど)と混ぜると苦みが目立つことがあります。

アンブロキソール製剤の種類

粉薬

小児用ムコソルバンDS1.5%
プルスマリンAドライシロップ小児用1.5%
ムコサールドライシロップ1.5%プルスマリンA3%DS
ムコソルバンDS3%

ドライシロップは1.5%製剤と3%製剤があり、こどもに使われるのは主に1.5%製剤です。

1.5%製剤3種類の味を比較すると、どれも飲みやすい部類ではありますが、個人的にはムコサールドライシロップが一番飲みやすいと感じています。

小児用ムコソルバンDS1.5%:ヨーグルト味で甘いが、苦味は残る
プルスマリンAドライシロップ小児用1.5%:甘みもしっかりあるが、苦味が目立つ
ムコサールドライシロップ1.5%:ヨーグルト味で、ムコソルバンよりも苦味が目立たない

シロップ

アンブロキソール塩酸塩シロップ小児用0.3%「トーワ」など
プルスマリンAシロップ小児用0.3%
小児用ムコソルバンシロップ0.3%

シロップ剤は原薬の苦味が隠し切れず、全体的に後味は苦めです。
冷蔵庫で一日以上置きっぱなしにしておくと添加物の結晶が析出することがあるようですが、薬局で4℃の冷蔵庫で1週間放置したところ析出しませんでした。
遮光で室温保存が基本とされています。

錠剤

アンブロキソール塩酸塩錠15mg
アンブロキソール塩酸塩徐放OD錠45mg
アンブロキソール塩酸塩徐放カプセル45mg

錠剤にもいくつか種類がありますが、基本的にはこどもへの使用は限定的です。
15mg錠は小学校高学年ぐらいから使われることもあるかもしれません。
サイズは小さく飲みやすいです。

 

関連記事