吸入ステロイドによる子どもの副作用:成長抑制を考える【ぜんそく治療を自己判断で中止しないで!】

医療情報を調べると、時として「こんなこと聞いていない!」と感じてしまう事もあるかもしれません。
病院でも、薬局でも全ての薬の副作用を説明は出来ていないと思います。

 

試しに添付文書で副作用の項目を見てみると、びっくりするぐらい色々なことが書かれています。
中には、【おそらく関係ないと思われるが、薬の副作用ではないとは言い切れない】というような副作用情報も書かれています。
医師・薬剤師は、起こる可能性がありそうな、もしくは起こると重大な副作用のみを説明する傾向があります。

 

頻度は高くない副作用だとしても、情報を知ってしまうと中止したくなってしまうような副作用は、きちんと説明して納得してもらうべきだと考えます。
その一つに、【吸入ステロイドで成長が抑制される可能性がある】というものがあります。

 

先に言っておきます。
ぜんそくで吸入ステロイドを使っているのであれば、絶対に自己判断で中止しないで下さい。
その理由も説明します。

ぜんそくに吸入ステロイドが必要な理由【子どもにも】

ぜんそくが原因による死亡者数は今でも年間1000人以上います。
そのほとんどは高齢者ですが、2016年は、0~4歳で4人、5~9歳で1人がぜんそくで死亡しています。
1995年の子どもの死亡者数は、0~4歳で37人、5~9歳で15人です。
参考:e-Stat

 

ぜんそくによる死者数が減った要因として、吸入ステロイドを使うようになったことがあります。
ぜんそく治療に吸入ステロイドが広く使われるようになったのは、割と最近です。

 

ぜんそく治療において、吸入ステロイドは欠かせないものとなっています。
色々と不安もあったとしても、ぜんそくによる死亡の可能性と比較すべきものではないと考えます。

小児気管支喘息治療・管理ガイドラインなどでも、成長抑制があったとしても、ぜんぞく治療に吸入ステロイドが重要であるとコメントしています。

高用量のICSによる副作用は成長抑制を含めて以前から報告されており、使用に際しては十分な注意が必要です。JPGL2012ではICSの適応基準を患児のBenefit/Riskの観点から決定しています。成長抑制は重大なRiskのひとつであり、BenefitがRiskを上回ることがなければ、Riskをおこす可能性のある量を可能性のある期間使用すべきではありません。しかしながら、適切に使用される場合、ICSは乳幼児を含めて多くの喘息患児にRiskを上回るBenefitをもたらします。Benefitとしては ①臨床的に症状の改善に伴うQOLの向上 ②生理学的に肺機能、気道過敏性の改善 ③病理組織学的に気道炎症の改善があげられます。また、ICSの適切な使用が、近年の重症患児の減少、発作による入院数の減少、喘息死の減少をもたらした原動力のひとつになっていることは多くの臨床研究から間違いのない事実であると考えられます。
参考:小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2017

吸入ステロイドによる子どもの成長抑制についての報告

吸入ステロイドの長期使用は成長抑制と関連する可能性はいくつも報告があります。
先程の小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2017にも、成長抑制の可能性についての記載があります。

根拠となるデータとしてはこちらがあります。
Inhaled corticosteroids in children with persistent asthma: effects on growth

気になるところだけ抜粋しました。

  • 低~中程度の吸入ステロイドにより、身長抑制にの可能性がある。
  • 成長抑制は、始めの1年での影響が一番大きく、それ以降の治療では影響は少ない可能性がある。
  • 吸入ステロイドの種類によって成長への影響は異なる可能性があるが、まだデータが十分ではない。
  • 成人まで追跡調査したデータでは、思春期前の年齢でブデソニド400μg/ 日で平均4.3年間治療すると、平均身長が1.20 cm低かった。

【吸入ステロイドによる成長抑制について】まとめ

細かいデータが出揃っているわけではありませんが、吸入ステロイドを使用することによって成長が抑制される傾向はあります。

個人的には、4年で1cmの差なら、身長への影響はそこまで大きくないようにも感じます。

 

忘れてはいけないのは、吸入ステロイドは、ぜんそくによる死亡減少の要因の一つになっていることです。

繰り返しになりますが、ぜんそくによる死亡の可能性を考えずに、自己判断で吸入ステロイドを避けることだけは無いようにお願いします。

 

まずは、吸入ステロイドを使わなくても良いように、日常の環境を整えることが肝要でしょう。
鼻炎の治療、アレルギー対策、副流煙対策などが大切になりそうです。

 

吸入ステロイド関連の記事

オルベスコインヘラーの使い方と注意点

パルミコート吸入液の効果や副作用と使い方

吸入ステロイドにはネブライザーが必要になることもあります。
【ネブライザーの種類と比較】

 

以下の記事で、小児ぜんそくの基本や治療薬についてまとめています。

小児ぜんそくの基本や治療薬まとめ