コンバントリンドライシロップ・錠の飲み方や注意点【ぎょう虫駆除薬】

ぎょう虫駆除薬のコンバントリンについての内容です。

まずはぎょう虫について簡単に説明してからコンバントリンについての説明をします。

ぎょう虫って何?

ぎょう虫(蟯虫)は動物に寄生する寄生虫の一つで、人間には主に盲腸に寄生しています。

産卵は夜間に肛門の周辺まで移動して行われ(腸内を移動しているのが恐怖…)、産卵時の分泌物でかゆみを生じます。

 

昭和初期のころは寄生虫の保卵率は50%以上と言われていましたが、化学肥料や下水道の整備などにより現在では1%以下となっています。
また、平成28年度からは学校でのぎょう虫検査も廃止になっています。

座高の計測もそうですが、自分が小学生の時に当たり前にやっていたことが無くなっているのには時代の流れを感じずにはいられません。

 

痒みがあるので掻いてしまうと、手から色々なところに卵が付いてしまい、家族内感染などをしやすいとも言われます。
ぎょう虫の保卵率は下がっていますが、どこかでもらってきてしまうとなかなか厄介かもしれません。

特に子どもは自分の手をなめたりすることで感染しやすいと思います。

 

お尻(肛門)のかゆみやムズムズ感が続くことで受診してぎょう虫に気づくケースがあるようです。

ちなみに、ぎょう虫は放置していてもいなくなりません。
気になったら受診するようにしましょう。

コンバントリンの飲み方や味

それでは、ぎょう虫駆除薬のコンバントリンについての説明に入ります。

コンバントリンには以下の2つの剤形があります。

  • コンバントリンドライシロップ100mg
  • コンバントリン錠100mg

ぎょう虫専用の薬ではなく、回虫や鉤虫、東洋毛様線虫にも効果があります。

 

10mg/kgでの投与が基本なので、体重20kgなら200mg(ドライシロップなら2g、錠剤なら2錠)を一回飲み切りで使用します。

ただし、ぎょう虫の卵には効果がないとされますので、卵が成長するタイミングに合わせて期間を空けて(2~3週間程度)再度服用するように指示されることもあります。

 

コンバントリンは食事の影響も気にせず飲めますし、ジュースなどに混ぜて飲んでもOKです。

ドライシロップは橙色ですが、ヨーグルト味というなんとも違和感のある見た目と味をしています。

ぎょう虫を早く出すためにあえて下剤などを使用する必要はないとされます。

コンバントリンの副作用や注意点

コンバントリンはほとんど腸管から吸収されないので、副作用などが問題になる可能性は低いとされます。

添付文書の記載は以下の通り。

コンバントリン錠 100mg を投与した、9,544 例中 372 例(3.90%)に副作用が認められ、その主なものは腹痛(1.34%)、頭痛(1.17%)、悪心・嘔吐(1.16%)等であった。(副作用調査終了時)

 

ピペラジン系駆虫薬と併用すると両剤の駆虫作用が減弱するおそれがあるため併用禁忌となっていますが、まず併用することはないと思います。

「2歳未満の乳・小児に対する安全性は確立していないので、2歳未満の乳・小児に投与する場合には、慎重に投与すること。」と記載がありますが、2歳未満でもぎょう虫がいれば使うと思います(処方を見たことはありません)。

 

また、先程も書きましたが、コンバントリンは腸管から吸収されないので、かなり大量に飲んでも(過量投与)問題になることは少ないと思います。

 

「きちんと飲んだのに、ぎょう虫がいなくならない」場合、おそらくは寝具などの家の中の消毒が不十分であったり、家族内感染を繰り返している可能性があります。

家族も検査をして、全員で治療をしたほうが良い場合もあると思います。

コンバントリンは市販薬もあります【パモキサン錠】

市販薬にもパモキサン錠というコンバントリン錠と同一成分の薬があります。

created by Rinker
佐藤製薬
¥521(2019/10/22 04:36:51時点 Amazon調べ-詳細)

パモキサン錠は、コンバントリン錠と異なり、ピンク色のフィルムコーティングをしてあります。

 

コンバントリンと同一成分ですが、市販の薬だからか、注意点が多くなっています。

「歯に着色しないように、噛まずにそのまま服用してください。」と記載があります。
着色の恐れがあるならコンバントリンにも同様に記載があるべきだと思いますが、インタビューフォームにも見当たりません。

また、パモキサン錠には、「便秘症の人は便秘薬などを使うように」との記載もあります。

便秘の程度にもよるのかもしれませんが、医療用医薬品と市販薬で、便秘薬に関しての記載が反対なのはなんとかして欲しいですね。。

 

基本はぎょう虫検査をしてもらってから使う薬なので、市販薬の需要は少なそうな気がします。

ちなみに私は販売した経験もありますが、その時は「先生に市販の薬を買うように言われた。」とのことでした。

 

高頻度で使われる薬ではないので、廃棄になる確率がかなり高い薬でもあります。

小包装での販売があると嬉しいですけどね。