三成遊園地は80mの巨大ローラー滑り台が魅力【奥出雲町|入園無料】

今回ご紹介するのは、島根県内では最長のローラー滑り台がある「三成(みなり)遊園地」です。

三成遊園地は米子市・松江市・出雲市などから車で約1時間程度かかる、奥出雲町にあります。
山陰の人口が多いエリアからは少し離れていますが、とても人気のあるスポットです。
※詳しい場所は最後に紹介します。

 

名前に「遊園地」と付いていますが、無料で遊べる大きめな公園です。
すぐ近くに三成公園もありますので、間違えないようにご注意ください。

三成遊園地の遊具は80mのローラー滑り台が特徴

三成遊園地は敷地が広く遊具も多いです。

その中でも圧倒的に存在感があるのは、80mの巨大ローラー滑り台です。

三成遊園地 ローラー滑り台
三成遊園地 ローラー滑り台 注意事項

ローラ滑り台は高さもありスピードも出るので、お子さんの年齢次第では、「怖い」と感じると思います。
最初は保護者の方も一緒に滑ってあげた方が良いかもしれません。

うちの2歳児は80mのローラー滑り台をとても楽しめていました。

 

三成遊園地のローラー滑り台の特徴として、ローラーが細めです。

太めのローラーの滑り台だとおしりで滑ると痛くなることも多いですが、細めのローラーを使っているせいか「比較的」おしりが痛くなりにくいです。

 

程よいサイズにカットした段ボールや、100円均一で買える草すべり用のそりをおしりに敷いて滑っている方も多かったです。
スピードを出したい方や、おしりが痛くならないようにしたい方は事前に用意しておくと良いと思います。

ローラー滑り台は高台の上にある球体の遊具の上階からスタートします。

登っていく途中もアスレチックで楽しめるようになっています。

途中の階から短めのローラー滑り台などもあり、小さい子でも楽しめます。

三成遊園地 ローラー滑り台の中

 

三成遊園地はローラー滑り台の他にも、中型サイズの遊具がいくつもあります。

その中でもトロッコ列車をモチーフとした遊具は他ではあまり見かけない遊び方が出来ます。
※写真を撮るのが下手なので、画像ではトロッコ列車感皆無です…
みなり遊園地 遊具

 

三成遊園地の敷地はとても広いですが、遊具が多いため「広場」と言えるようなスペースはありません。
そのためか、「サッカーとキャッチボールは禁止」と貼り紙がされていました。

 

三成遊園地には砂場もありますが、2019年のゴールデンウィーク終盤には砂場が立ち入り禁止になっていました。

早めに使えるようになると良いですね。
三成遊園地 砂場

三成遊園地は遊具以外の設備も整っています

三成遊園地には一般的な公園と比較すると、遊具以外の設備も整っています。

トイレもきれいですし、屋内休憩所や自動販売機などもあります。
また、休憩所付近には三成遊園地のフリーWi-Fiもありますが、私が訪れた日は(たまたま?)使えませんでした。

 

屋外にも一部屋根があるエリアがあるので、レジャーシートを持参すれば日陰の休憩スポットも確保できます。
お弁当を持参して遊んでいる家族も多かったです。

ゴールデンウィーク中には、たいやきやかき氷などの屋台がいくつか出店していました。
三成遊園地 出店

 

気になる点としては、三成遊園地のサイズ感に対してトイレの数が少ないことです。

女性用トイレは数が少なく、洋式の大便器が一つ、こども用の洋式大便器が一つ、男の子用の小便器が一つありましたが、たびたび行列になっていました。

男性用トイレは、大便器が一つ、小便器が二つ、こども用の小便器が一つあるので、個室以外は行列になることは少なそうです。

三成遊園地で遊ぶときは、お子さんのトイレは余裕を持っていくようにしましょう。

三成遊園地の基本情報

最後になりましたが、三成遊園地の基本情報を紹介します。

住所島根県仁多郡奥出雲町三成1641-1
利用時期3月~11月(冬季は一部閉鎖)
利用時間9:00~18:00
駐車場50台(GW期間中は臨時駐車場もあります)
所要時間米子市、松江市、出雲市などから車で約1時間
map

公園好きのこどもはとても喜んでくれると思いますので、気になっている方は是非どうぞ♪

 

公園や遊び場の関連記事の紹介