健康食品の基準と誤解【トクホとは区別|食事・運動・睡眠がもっと重要】

いわゆる健康食品やトクホとは何か【健康食品よりも大切な3つの要素】

皆さんは健康食品に対してどのようなイメージを持っているでしょうか?

「なんとなく体に良い食品」、「うさんくさいもの」、「高価な食品」などなど、人それぞれ違う意見があると思います。

意外なことに、一部を除いて、健康食品には法律上の定義はありません。

 

つまり、健康に良いという根拠が十分でない食品でも、健康食品というカテゴリーに分類されることがあります。

実際に私がドラッグストアの健康食品コーナーを見ていると、「なんとなく体に良さそうだけど、十分な根拠がないものがほとんど」と感じます。

そんな健康食品について改めて考えてみたいと思います。

健康食品にはトクホなどを除いて明確な基準がない

いわゆる健康食品には、一部を除いて法律上のルールなどがありません。

健康食品とは、健康の保持増進を期待して摂取されている食品のことを指しています。

 

「健康になることが保証されている食品」ではないことに注意しましょう。

健康食品の種類や生活環境によっても異なりますが、一般的な食品と比較して健康食品のほうがより健康的であるとも言い切れません。

 

しかし、全ての健康食品にルールが無いわけではありません。

健康食品の中でも、「保健機能食品制度」で定められたルールを満たしたものとして、以下の3種類があります。

  • 機能性表示食品
  • 栄養機能食品
  • 特定保健用食品(トクホ)

 

この中でも「トクホ」はCMでもよく見かけますし、スーパーやコンビニにも多く並んでいます。

お茶やジュースなどもあり、実際に使ったことがある方も多いのではないでしょうか。

健康食品とトクホは区別しよう

トクホの効果には根拠(エビデンス)があります。

ただし、限られた条件での根拠であり、医薬品と比べると効果の差は歴然であることは知っておきましょう。

 

トクホも医薬品の変わりになるようなものとは言えません。

トクホを含め、健康食品は健康な人が食べても問題にならない食品でもあります。

 

そのため、病気の人に劇的な効果が無いのは理解しやすいと思います。

少なくとも、「健康食品を使うことで今使っている薬をやめることが出来る」という期待はしないほうが良いでしょう。

 

トクホと健康食品も区別しておきましょう。

  • いわゆる健康食品:効果の根拠はなくても販売できる
  • トクホ:効果の根拠はあるが、条件は限られ、効果も大きくない

健康食品の誤解

なぜだか健康食品はよく誤解されています。

医薬品と違ってコマーシャルが多いことも原因の一つではないかと思っています。

そんな誤解に少しだけ答えておきたいと思います。

健康食品は安全で副作用の心配がない?

「健康食品は薬と違って副作用みたいなものは無いですよね?」と聞かれることがあります。

健康食品は薬のように効果が明らかなものではありません(むしろ効果がないとも言えます)。

そして、「副作用」は医薬品に関連する事柄を指していますので確かに健康食品にはありません。

 

しかし、健康食品による「健康被害」の報告数は少ないとも言えません。

そもそも、全くリスクがない食品はありません。

小麦によるアレルギーもありますし、水にも致死量があります。

 

「食品=安全」と考えるのは少々問題がありますし、それは健康食品も同様です。

「誰が、どのタイミングで、どのぐらい、この食品を食べても大丈夫」というような考え方が重要です。

 

通常、健康食品には過量投与のデータはありませんので、パッケージに書かれている以上は食べないようにしましょう。

アレルギーが出やすい人は、健康食品に限らず、初めて使用するものには注意をしておいたほうが良いでしょう。

本当に健康食品の効果なのか

「健康食品を飲み始めてから○○の調子が良いです」という意見を聞くこともあります。

不足していた成分が健康食品によって補充できた結果、体調が改善できる例もあると思います。

 

しかし、「たまたま飲み始めた頃から調子が良くなった」、「プラセボ効果(飲んでいるから調子が良くなったという思い込み)」などの例もあるはずです。

個人の意見を参考にするのは問題ないですが、信じすぎることはないようにしましょう。

 

健康食品は「食べ過ぎてしまった…」などの後悔に対して、気持ちを納得させるためには都合の良いものだとは思います。

もちろん、食べすぎが帳消しになるようなことはありませんよ。

健康食品よりも【食事・運動・睡眠】

健康食品で得られる健康効果はあまり期待しすぎないほうが良いです。

健康に直結すると考えられているのは、「栄養バランスの良い食事」、「適度な運動」、「十分な睡眠」の3つです。

これらの3つは子どもにとっても大切なことなので、家族みんなで取り組みたいですね。

 

健康食品にお金をかけるよりも、野菜の種類を豊富にしたり、時間を買って運動や睡眠の時間に充てるほうが健康になれると私は考えています。

私なら健康食品よりは野菜の品目数を増やすことにお金をかけたいです。

なお、「時間を買う」はベビーシッターや家事代行を利用することをイメージしていますが、他にも色々あるかもしれません。

【最後に】健康食品やトクホに期待しすぎないように

今の困りごとを魔法のように解決してくれる健康食品やサプリメントはありません。

健康食品を否定するわけではありませんが、多くの場合コスパは良くないです。

偏った食事による栄養バランスの補充の役割を期待する程度に考えておいたほうが良いと考えます。

 

その場合、まずは普段の食生活を再確認し、自分に足りてない栄養を確認することが大切です。

その他にも、妊婦の方の葉酸摂取や、母乳栄養児へのビタミンDの補充などが不足しやすいです。

このような場合、一時的に健康食品などに頼る選択肢もありだと考えています。

 

個人的には「医薬品に頼りたくないので健康食品やサプリメントに頼っている人」が一定数いるように感じます。

しかし、それによって本当に必要な治療を受けないという結果にはならないようにしてもらいたいと思います。

 

健康食品の使用については、自己判断で問題ないとされますが、医師・薬剤師などに相談しながら使ったほうがより活用できるかもしれませんね。