私がブログを書く理由 #立てよ薬剤師プロジェクト

#立てよ薬剤師プロジェクトに勝手に乗っかる形で、ブログを書く理由を改めて考えてみました。

広告

私がブログを書く理由

そもそものきっかけは、ツイッターで情報発信している薬剤師の皆さんがとても魅力的に見えたので、何か自分もやってみようという感覚だったと思います。そこでとりあえず無料ブログで適当に情報発信を始めました。

 

やってるうちに、色々とブログを見て回るようになり、結局自分が書きたいことを書くために、薬剤師×子育て×山陰イベント という形でブログをリスタートすることになりました。

 

 

他の薬剤師の皆様方と違って、薬や薬剤師に関することがメインではないので少し異色なブログですが。。
誰かの役にも立ちたいし、お小遣いも稼ぎたいし(むしろ赤字ですが)、楽しく仕事したいし、みたいな色々な理由でブログを書いています。

薬剤師の現状と現実

現在、薬剤師は存在価値を問われています。
「薬を棚からとってきて、袋に詰めているだけの給料泥棒だ」というような意見もいまだに目にすることがあります。

 

 

しかし現実は違います。患者さんの事を考え、薬による有害事象を減らそうと日々努力しています。
医師と患者さんとの間に挟まれ、「指示通り処方しろ」、「薬を袋に入れるだけなんだから早くしろ」との叱責を受けながらも、【何か大切な相互作用を見逃してはいないか】、【健康被害のリスクを見逃していないか】と必死に考えています。

そして、実際にリスクを未然に防いでいます。

 

 

しかしその点が目に見えない事が多いため薬剤師不要論は勢いを増しています。

私はそうは思っていませんが、AIが発達してきたら薬剤師が必要なくなるのかもしれません。
ただ、現状では薬剤師が一斉に仕事をしなくなればトラブルが頻繁に起きると思っています。

 

それだけ、薬剤師は薬に関する知識を持って日々活用しているとの自負があります。

薬剤師がブログやSNSを発信することの意義

世は「ググる」がそこらじゅうで飛び交う【大検索時代】です。

しかし、ググった結果表示される情報は必ずしも正しい情報ではありません。
それどころか、誤った情報や不適切な情報が上位表示されることも珍しくありません。

 

 

医療に詳しくない人が、誤った医療情報に最初に触れてしまったら盲目的に信じてしまうかもしれません。
根拠のない民間療法を信じることで、結果として良くない未来が待っているかもしれません。

私はそんな人達を少しでも減らしたいです。
そのためにも発信を続けます。

検索で引っかかった正確な医療情報の課題

正確な医療情報を検索出来たとしても、まだ課題が残っています。

正確な医療情報が書かれているホームページやブログは内容が難しすぎます。曖昧な情報が多すぎます。

 

 

医療には曖昧さはつきものです。この治療が100%の人に対して効果的で適切です。なんて言えません。
結果として、正確な医療情報ほど明言しにくくなります。

ただし、それを一般の人が検索したときに「結局どうしたら良いの?」となってしまい、不適切な医療情報が目に入り、そちらに流れてしまう恐れもあります。

正確な情報とともに、推奨できる情報を提示していけるとより良いのではないでしょうか。

 

 

私は今後も子どもの薬などをメインで書いていくつもりです。
迷わなくても済むような、正確でわかりやすい情報の発信に努めていきます。

広告