子どもの夜中の咳が止まらない原因【ぜんそく・後鼻漏(鼻水)・クループなど】

子どもの夜中の咳が止まらない原因【ぜんそく・後鼻漏(鼻水)・クループなど】

子どもが夜間に咳き込んでなかなか熟睡出来なかったり、咳き込んで嘔吐したりすることは少なくありません。

うちの子も咳き込み嘔吐が起こりやすく、色々と対策をしていました。

もちろん本人も辛そうですし、親もなかなか安心して眠れないですよね。

咳き込む理由も様々ですのでまとめてみました。

こどもの夜間の咳や嘔吐の原因は?

ぜんそくの可能性(ゼーゼーする場合など)

ぜんそくが原因で咳が続いている可能性があります。

ぜんそくは夜間から早朝にかけて悪化しやすいとされているので、寝ている間にも起こりやすいです。

咳や痰がある、息苦しそう、ゼーぜーやヒューヒューしている場合などに疑ってもよさそうです。

 

ぜんそくはアレルギーが原因で悪化することも多いです。

アレルギーの原因がわかっているのであれば対策していきましょう。

 

ハウスダストやダニなどが原因の場合、アレルゲンをゼロにすることは現実的ではありません。

こまめに掃除をして、アレルゲンが多くならないようにするなど、寝室の環境を整えてあげることも大切です。

 

ぜんそくの疑いがあるようなら、早めに受診するようにしましょう。

関連記事

お子さんのぜんそく治療薬について説明をしていると、基本となる薬が継続出来ていないケースに思った以上に遭遇します。中には、基本となる薬をほとんど使っていないと言われることもあります。 大人の生活習慣病の薬と同[…]

小児ぜんそくの基本・発作の原因・治療薬

後鼻漏(鼻水)の可能性(仰向けになると咳が出る)

仰向けになると咳が出る場合、後鼻漏が原因で咳が出ている可能性があります。

 

後鼻漏とは鼻水が鼻からのどに流れ落ちることです。

のどを刺激して咳を起こしたり、鼻水がのどに残ることで、嘔吐の原因などにもなります。

後鼻漏は風邪などのあとに起こることが多いと言われています。

 

大人の場合は鼻をかめば解決するとも言えますが、こどもは鼻を上手にかめない上に、鼻水がのどに流れやすいとされます。

また、食道や胃も未熟なので、ちょっとした刺激でも胃の内容物を吐いてしまうことがあります。

そのため、鼻水などの刺激で咳き込んで、嘔吐につながることもあります。

 

家で手軽に出来る対策としては、鼻水を吸引することです。

耳鼻科などでも鼻水吸引をしてもらえますが、夜間の鼻水吸引は自宅でするほかありません。

ママ鼻水トッテなどで十分に吸引できればそれでも良いですが、吸引力が弱いのが難点です。

頻度が高ければ、吸引力が強い電動鼻水吸引器も検討しても良いでしょう。

関連記事

子どもが夜中に咳き込んで痰を吐くことがありませんか?その時に鼻水も多く出ているようであれば、鼻水が喉の方に落ちていって(後鼻漏)、その鼻水によって咳や嘔吐につながっているかもしれません。 我が家には「ママ鼻[…]

電動鼻水吸引器の特徴や吸引力を比較【おすすめはピジョン・メルシーポット・スマイルキュートも】

 

副鼻腔炎(蓄膿症)の可能性もあるので、長引くようなら耳鼻科に受診することも検討してください。

関連記事

患者さんと話していると、【副鼻腔炎には必ず抗生物質を使う】と思われていることがあります。しかし副鼻腔炎の治療ガイドラインを読む限り、必ずしもそうとは言えません。副鼻腔炎には大きく分けて急性副鼻腔炎か慢性副鼻腔炎の2種類があり[…]

急性・慢性副鼻腔炎の治療に抗生物質は必須なのか【鼻水吸引は自宅でも出来ます】

クループの可能性(咳の音が特徴的な場合など)

犬が吠えた、もしくはオットセイが鳴いたような音の咳が出ている場合、クループの可能性があります。

クループは、ウイルスや細菌感染により喉が腫れることで、気道が狭くなり起こります。

子どもはのどが狭いので、少し腫れただけでも起こりやすいです。

 

自然と回復することも多いとされますが、実際にクループで咳き込む音を聞くと、受診したほうが良さそうに感じると思います(私もそうでした)。

翌朝には普通の咳になっていることも多いです。

 

呼吸困難の疑い(顔色が悪い、呼吸するとみぞおちなどがへこむ)がある場合などは、夜間でも受診を検討しましょう。

 

クループの記事

夜中にお子さんがいつもとは明らかに違う「クオックオッ」みたいに聞こえるいつもと違う咳をしている場合、【クループ】になっている可能性があります。クループ症候群の特徴のある咳や治療薬、そして外来で処方されることの多い【デカドロン】の飲ま[…]

クループ症候群と治療薬:デカドロンの飲ませ方【子どもの夜中の変な咳】

部屋が乾燥している

寝室が乾燥していると、痰や鼻水の粘り気が強くなったり、咳が出やすくなることもあります。

寝室の湿度が低いようなら、加湿することをおすすめします。

加湿だけで咳が少し減ることもあると思います。

 

ただし、加湿器の掃除が不十分だと、病気の原因になる可能性もあります。

加湿器を購入する場合は、衛生面も考えるようにしましょう。

定期的なメンテナンスは必要です。

インフルエンザに関しても書いていますが、加湿器について書いています。

>>>インフルエンザ対策には加湿がポイント

その他の可能性【咳による嘔吐はへの心配はほどほどに】

夜間の咳の原因として考えられるものを一部抜粋してみました。

その他にも感染症、アレルギー、気道内の異物など様々な原因が考えられます。

 

咳が強く出る場合には、寝る体勢も気にしてみましょう。

枕などを利用して上半身全体を高くして寝るようにすると、呼吸も楽になりますし、痰や鼻から流れ落ちた鼻水なども飲み込みやすくなります。

 

咳込みが続くようなら、一度しっかり体を起こして、痰などを出しやすくしてあげましょう。

また、痰を出しやすくするためにも、水分不足にはならないようにしましょう。

 

咳が原因で吐いた場合は、嘔吐したことに対してはそこまで心配する必要がないと思われますが、嘔吐物が喉につまってしまわないように注意してあげましょう。

 

こどもの夜間の咳込みは、こどもの睡眠だけでなく、親の睡眠にも影響します。

気になる場合は、早めに相談するようにしましょう。